タグ:神経科学

    1: しじみ ★ 2019/05/13(月) 13:31:17.86 ID:CAP_USER 子どもの頃にポケットモンスターで遊んだ人は、大人になってからも脳に「ポケモン領域」とでも呼ぶべき領域を持ち、同領域を持っていない人よりも脳が漫画のキャラクターに反応しやすくなっていることが明らかになっ

    1: ガーディス ★ 2019/04/18(木) 08:30:16.42 ID:e8mYXiuJ9 (前略) この研究は、アメリカのイェール大学などのグループが17日、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表しました。 それによりますと、研究グループが特殊な装置を使って、死後4時間たったブタの脳に

    1: みつを ★ 2019/04/10(水) 01:45:20.90 ID:4aihXsD79 壊滅的な脳損傷を患っている人々はモルモットをなでることによって彼らの社会的スキルをより早く回復するかもしれない、と研究は示唆しています。外傷性脳損傷はしばしば共感を感じ、感情を表現する患者の能力に影響

    1: しじみ ★ 2019/03/10(日) 21:21:14.71 ID:CAP_USER 仕事や人間関係で嫌なことがあった時、無性に甘いものや大量の炭水化物をガッツリ食べたくなるという人は多いはず。いったいなぜストレスを感じると甘いものや炭水化物を食べたくなってしまうのか、脳科学者で肥満の

    1: しじみ ★ 2019/02/20(水) 16:17:47.94 ID:CAP_USER マウスの脳を使った実験で、脳の組織が切断されていても1つのニューロンから別のニューロンへ、ワイヤレスに接続できる可能性が示されました。これまでに確認されていない全く新しい方法で脳がコミュニケーションを取

    1: 次郎丸 ★ 2019/01/15(火) 19:33:22.15 ID:ncT+frl/9 脳内酵素、協調性と関連か 理化学研究所が解析 2019.1.15(Tue) https://www.daily.co.jp/society/science/2019/01/15/0011981778.shtml  女性ホルモンを作り出す「アロマターゼ」という酵素の量が、脳の特定

    1: ガーディス ★ 2019/01/17(木) 21:54:33.19 ID:zBHAqR/p9  情報通信研究機構(以下、NICT)は、ショウジョウバエで、心の性差に影響する脳の性差を決める分子の仕組みを解明し、その制御に成功した。 ショウジョウバエのオスの脳細胞には、オスの特徴を生み出す暗号

    1: しじみ ★ 2018/11/09(金) 18:31:02.86 ID:CAP_USER 人間の脳は4分の1秒ごとに注意のパルス(拍動)を出しており、その都度、脳は何に集中するかを切り替えることができます。パルスとパルスの間には隙間があるため、人間は「知覚していないはずの隙間」を持ち合わせるは

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 19:11:42.06 ID:CAP_USER 「人間が賢い理由は大脳皮質が大きいためだ」という説明がよく行われますが、マサチューセッツ工科大学(MIT)のMark Harnett氏らによる研究で、大脳皮質の大きさ以外に「そもそもニューロンの振る舞いが他の動物とは異

    1: しじみ ★ 2018/09/28(金) 10:34:11.53 ID:CAP_USER 事故で脊髄を損傷して下半身不随となり「再び歩けるようになる可能性は極めて低い」と宣告されていた男女が、埋め込み式の神経刺激装置を装着することで、再び自分の足で歩くことができたことが報告されています。

    1: しじみ ★ 2018/09/10(月) 16:11:02.19 ID:CAP_USER 米国の研究チームはこのほど、頭骨と脳を直接結ぶごく小さなトンネルが存在することを発見した。脳卒中などで脳が損傷を受けたときにを迅速に送り込む経路とみられ、これまでそのルートは知られていなかった。 ■

    このページのトップヘ