カテゴリ:医学 > 薬学

    1: シャチ ★ 2019/06/28(金) 10:17:46.41 ID:5TwUnhjy9 (前略) 毛髪の85%はケラチンとよばれるタンパク質から構成されており、そのアミノ酸組成で最も含有率が高いのはシスチンです。毛髪の大部分はアミノ酸から構成されているにも関わらず、毛髪への関与についてほ

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/26(水) 04:08:21.16 ID:lq/k14Ke9 (前略) だがそこで問題が生じるようだ。アメリカ・ハーバード大学の研究によると、腸内細菌がはせっかく飲んだ薬を食べてしまい、その効果を台無しにしてしまうことがあるそうだ。 近年、腸内細菌は人

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/22(土) 08:29:25.33 ID:mZJ/zSqs9  福島大食農学類の平修教授(44)らの研究チームが、シソ科の植物などに含まれるポリフェノールの一種を摂取することでアルツハイマー病の原因となる物質の凝集を抑制できることを発見した。  平教授は治

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/14(金) 06:49:33.58 ID:6YXoQ2Aj9  加齢で減少する血液中のたんぱく質の一種(酵素)を若いマウスからとり、老化したマウスに注射すると、身体活動が活発になり、寿命を延ばすことを日米研究チームが突き止めた。ヒトでも、加齢でこの酵素が減る

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/01(土) 06:21:59.49 ID:aC9Z82qQ9 (前略) ■人の手で行われている蚊の断頭作業 大量生産可能なワクチンを開発するために、バイオテクノロジー企業のサナリア(Sanaria)は、蚊1匹1匹の頭を切り落として唾液腺を取り出している。蚊の唾液腺

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/28(火) 03:02:46.79 ID:PomUBKTd9  脳梗塞の治療に朗報だ。脳梗塞は発症後の処置が生死を左右する病気。既存薬といかに差別化するか。新薬開発のきっかけは恩師が授けた「逆転の発想」だったという。  脳梗塞は年間6万2千人の死因となって

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2019/05/19(日) 23:33:27.02 ID:tTnu3wAy9  前原都有子さん(農学生命科学研究科博士課程=当時)らはプロスタグランジンD2(PGD2、2は小文字)という物質がぜんそくの悪化を抑えることを解明した。PGD2の信号を媒介する物質を狙った新薬の開

    1: チンしたモヤシ ★ 2019/05/17(金) 06:39:25.18 ID:oG252ik59 「世界でここにしかいない」という生き物が福岡県の九州大学にいます。「種の保存」だけを目的に育てられ、何の役にも立たないと思われてきました。でも、実は人や動物の命を感染症から救うかもしれないとい

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/05/10(金) 16:09:28.23 ID:AEuy2Qey9 もともと骨粗鬆症の治療を目的とした薬を使用して、禿頭症の新しい治療法が発見されました。研究者らは、この薬が実験室の毛嚢に劇的な効果をもたらし、成長を刺激していることを発見しました。それは発毛のブ

    1: しじみ ★ 2019/05/07(火) 04:32:21.26 ID:CAP_USER うつ病に苦しむ人の中には何年間も抗うつ剤を服用する人もいます。しかし、抗うつ薬を服用している人、特に長期にわたって服用している人が急に薬をやめるとうつ病に逆戻りする危険性もあるとして、南オーストラリア

    1: しじみ ★ 2019/05/06(月) 17:52:06.68 ID:CAP_USER  慶應義塾大学の齋藤義正准教授らの研究グループは、胆道がん培養細胞を用いて薬物スクリーニングを行うことにより、白癬菌(水虫)治療薬のアモロルフィンとフェンチコナゾールが胆道がんの新たな治療薬となる可能

    1: プラチナカムイ ★ 2019/04/30(火) 04:06:33.99 ID:9sp96GyC9 植物に含まれる成分ポリフェノールの一種に、アルツハイマー病にかかわる異常なたんぱく質の蓄積や炎症を抑える効果があることが、国立病院機構京都医療センターなどのマウスの実験でわかった。30日、米科

    1: 水星虫 ★ 2019/04/11(木) 06:46:05.51 ID:SGqDdywK9 岡山大学とバイオベンチャー企業が共同で開発を進めている、新しいがんの治療薬が国が優先的に審査する対象に指定されました。 また、総額500億円以上で大手製薬会社とライセンス契約を結んだということで、岡山

    1: ガーディス ★ 2019/03/19(火) 17:38:58.89 ID:7JiGMmRe9  ふえるわかめちゃん(R)や、わかめスープ、リケンのノンオイルを販売する理研ビタミン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山木一彦)は、わかめを摂取することにより食後の血糖値の上昇とインスリンの分泌が

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/03/17(日) 17:26:00.77 ID:fCVCukRR9 (前略)  加齢とともに涙の分泌量が減る。そのため、ドライアイに悩まされる中高年は多く、目薬にも頼りたくなるが、眼科専門医はどう考えるのか。二本松眼科病院の平松類医師がいう。 「私は基本的に市

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/15(金) 04:33:55.27 ID:+q+A4KO39 ◆ 老いても価値ある人生を 筋肉を若返えらせる薬剤が開発 米国テキサス大学は、老いても価値ある人生を送れるよう、身体能力を回復させる薬剤を開発した。 この薬剤は、加齢にともなう有害な変化を抑

    1: ガーディス ★ 2019/03/11(月) 12:11:40.84 ID:Odq35g/K9 ケタミンが「即効性の抗うつ剤」になる可能性については以前紹介しましたが、この度ケタミン入りの点鼻スプレーが開発されました。 元は麻酔薬として開発されながら、ドラッグとして乱用されたことから違法薬

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/08(金) 11:03:28.34 ID:LtZMhsz19  中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。 3月に入っ

    1: みなみ ★ 2019/03/06(水) 19:18:29.54 ID:+yq8qR759 (前略)■用法・用量を守らないと、副作用の可能性も!「薬の効果や安全性は、臨床試験で用法や用量を検討したうえで承認されます。添付文書に記載された用法・用量は、有効性や安全性が確認されているものです。服

    1: プラチナカムイ ★ 2019/02/28(木) 09:39:37.14 ID:loXOTo0v9 ドリンク成分としておなじみのタウリンが、難病「ミトコンドリア病」の治療薬として初めて承認された。効果を突き止めた研究の中心となったのは、川崎医大(岡山県倉敷市)のグループだった。研究開始から約

    1: 水星虫 ★ 2019/02/22(金) 21:18:30.49 ID:Fj/GfC3G9 鳥取大学などの研究グループは、がん細胞がヒトの体内で栄養や酸素を得るため血管につながろうとする動きを促進する遺伝子を特定したことを明らかにし、「がんの進行を抑える薬の開発などにつながる」としています。

    1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2019/02/21(木) 23:13:19.92 ID:xWLMcnRw9  厚生労働省の薬事・食品衛生審議会部会は21日、塩野義製薬が申請していた小児期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬「ビバンセカプセル」の国内製造販売の承認を了承した。近く正式承認

    1: しじみ ★ 2019/02/21(木) 23:34:01.88 ID:CAP_USER 日本では、少し苦味のあるアシタバの葉が健康にいいと長らく考えられてきたが、このほど発表された研究論文によって、これが科学的根拠に基づくものである可能性が出てきた。  新たに発表された研究では、アシタバ

    このページのトップヘ