カテゴリ: 医学

    1: しじみ ★ 2019/02/07(木) 09:09:32.81 ID:CAP_USER 腸内細菌は人の精神的な健康に影響を及ぼす可能性があり、うつ病に関連すると考えられるとの研究論文が4日、英科学誌ネイチャー・マイクロバイオロジー(Nature Microbiology)に発表された。この種のものとしては過去

    1: しじみ ★ 2019/02/05(火) 13:20:44.94 ID:CAP_USER (前略) ■ASD:約3.1倍、ADHD:約6.3倍にまで増加 発達障害とされる子どもはどれくらいの割合で存在するのか見ていきましょう。ASDは1000人に5人程度で男子に多いとされますが、近年の研究では、出現頻度が全体

    1: さやか ★ 2019/02/04(月) 14:52:38.52 ID:cbW4FOan9 「減量するには朝食を取ることが大事」「朝食を抜くと太りやすくなる」ということがダイエット関連のメディアでしばしば見られますが、過去28年間の研究を分析した結果、「朝食を規則的に取った方がやせやすい」とい

    1: プティフランスパン ★ 2019/02/03(日) 14:14:09.43 ID:B39KVqER9 夜更かしは健康の敵で、早起きこそが優れた1日を送るためには重要であるという指摘はたびたび耳にするものですが、「早起きできないし自分には夜型の生活があっている」と考える人も少なくないはず。しか

    1: しじみ ★ 2019/02/03(日) 12:32:05.70 ID:CAP_USER 当ハザードラボではこれまでにも、世界各国の珍しい病気や症例をご紹介してきたが、今回は病名からして奇妙な「不思議の国のアリス症候群」を発症した54歳の男性のケースだ。  英国の作家ルイス・キャロルによる

    1: 茗荷 ★ 2019/01/30(水) 19:27:17.63 ID:hJEs2Jry9 腸内に特定の細菌が多い高齢者は、そうでない人と比べて認知症の発症リスクが10分の1と大幅に低い可能性があるとの研究結果を国立長寿医療研究センター(愛知県)や東北大、久留米大(福岡県)などのチームが30日、英

    1: 僕らなら ★ 2019/01/29(火) 22:36:26.03 ID:eWKZ1CbT9 若い世代を中心に、このところ他者の視線に耐える力が下がってきた。SNSで盛った自分と現実とのギャップも自信を失わせるからだ。だが視線はコミュニケーションの出発点。人生の可能性も狭めかねない。 都内の

    1: シャチ ★ 2019/01/29(火) 10:45:46.92 ID:6qrcG+g09  住宅の断熱化が住人の健康に与える影響について、国土交通省は、床付近の温度が低いと高血圧や糖尿病で通院する割合が高くなるとの調査結果を公表した。また、寝室と居間など部屋間の温度差が大きい住宅では、血圧

    1: しじみ ★ 2019/01/28(月) 19:39:23.49 ID:CAP_USER (CNN) 揚げた鶏肉や魚を定期的に食べる人は、がんを除いた死亡リスクが高まるとの調査結果が明らかになった。閉経後の女性を対象とした調査が米国で行われた。 医学誌BMJで発表された調査結果によれば、1

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/27(日) 14:48:40.12 ID:oBwyCUDs9 「先生、『親』ってこんなに大変な仕事だったんですね!」 E代さんは心療内科の外来で、ため息をつきながらそうこぼした。 彼女は現在、48歳。診断は「抑うつ状態」。3年前に初めて来院したときは、職場の

    1: 水星虫 ★ 2019/01/22(火) 17:06:04.26 ID:rVv2uUcz9  病気でうまく閉じなくなった心臓の弁を、小さなクリップではさんで回復させる手術に、 米子市にある鳥取大学医学部附属病院が成功しました。病院によりますと、この手術に成功したのは山陰では初めてだということ

    1: 僕らなら ★ 2019/01/22(火) 10:48:54.06 ID:Abbk3vFW9 ■「土を食べなさい」 近年、免疫学の世界では、「先進国で問題となっているアレルギー性疾患は、ヒトの腸内細菌の減少と関連している」と指摘されている。 欧米では、最新の免疫学をもとにした書籍が多数出

    1: ガーディス ★ 2019/01/21(月) 13:33:08.51 ID:zW18/jgK9  他者の気持ちを読み取ることが苦手など、対人コミュニケーション障害から生きづらさを抱えるとされる「自閉症スペクトラム障害(ASD)」。  「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」を鼻からスプ

    1: プティフランスパン ★ 2019/01/29(火) 12:50:34.13 ID:1VysONfs9 あまりにも恐ろしい事実が判明した。基本的にインフルエンザに一度発症すれば、同じウイルスでの発症はないとされているが、一度発症したからといって、安堵できないことが判明したのだ。 2019年1月下

    1: アッキーの猫 ★ 2019/01/17(木) 14:46:39.37 ID:4G9+c8oJ9 ・気象庁の花粉飛散予想では、例年に比べて「多め」 東北から近畿、中国・九州地方で多くなる傾向 ・去年の猛暑により、今年は6年ぶりの大量飛散の恐れ ・スギ花粉は、東日本から西日本の広い範囲で2月下旬か

    1: 野良ハムスター ★ 2019/01/13(日) 23:21:19.67 ID:CAP_USER 寒気やだるさを感じて体温測定すると熱があった──かつてはこうしたケースで「入浴は控えるべき」と言われてきたが、それは“過去の常識”だという。 『長生きするのはどっち?』の著者で秋津医院院長の

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/01/12(土) 15:07:09.56 ID:EJ4NZaTG9 病理検査にAI活用へ 胃がん判定で正解率8割 日本病理学会  組織や細胞を患者から採取し、がんの有無などを調べる病理検査に人工知能(AI)を導入しようと、日本病理学会が取り組んでいる。既に8割近い正解率

    1: ガーディス ★ 2019/01/09(水) 10:10:51.70 ID:wLlKzYrT9 中部大学や富山大学、きのこメーカーの雪国まいたけなどの研究グループが、マイタケがノロウイルスの感染症に有効だということを突き止めた。マイタケを食べることで免疫力が高まり、体内のウイルスが減ることを

    1: 野良ハムスター ★ 2019/01/09(水) 16:56:16.23 ID:Kb5kol4p 掲載日:2019年1月8日 北海道大学大学院薬学研究院の野村洋講師、京都大学大学院医学研究科の高橋英彦准教授、東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、脳内のヒスタミン神経系を刺

    このページのトップヘ