カテゴリ: 医学

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/25(木) 06:03:37.92 ID:IDITMIWU9 食品添加物に含まれるPPAが脳に影響 自閉症の原因は、食品添加物かもしれない──こんな研究結果がこのほど明らかになった。米セントラル・フロリダ大学(UCF)のチームが、1年半にわたる研究の結果を英科学誌

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/24(水) 03:29:40.57 ID:hmNPSVUT9 マラリアを引き起こすマラリア原虫で、従来の治療薬が効かない種類が東南アジアで急速に増えている。イギリスとタイの研究者たちが指摘している。このマラリア原虫は、カンボジアからラオス、タイ、ヴェトナム

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/15(月) 16:16:12.28 ID:jNhB5xvq9 オーストラリアに生息しているカモメが抗生物質に耐性を持つ「スーパーバグ(多剤耐性菌)」を保有していることが分かり、感染症の原因となる菌が鳥から人や家畜、ペットに広がる恐れが高まっている。 世界

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/10(水) 00:23:29.68 ID:MbnM8Lv09  岡山大医学部の神谷厚範教授(細胞生理学)と福島医大医学部付属生体情報伝達研究所生体機能研究部門の小林和人教授(59)らの研究チームは、がん組織内に自律神経が入り込み、増殖や転移を促進していると

    1: みつを ★ 2019/07/06(土) 04:45:16.27 ID:lcb15Lph9  世界における成人の肥満の割合は、1975年と比べ3倍に急増している。主に食生活の変化と運動不足が原因だが、遺伝子も関連しているとする大規模調査の結果が4日、発表された。  英医学誌ブリティッシュ・メディカ

    1: 次郎丸 ★ 2019/07/04(木) 19:43:38.76 ID:d3+aavlp9  梅干しは、体にいい。南高梅で有名な和歌山にある和歌山県立医科大の機能性医薬食品探索講座が、古くから信じられてきた梅の健康効果を科学的に調べている。梅干しや梅肉エキスの効果を調べるのは「梅干し博士」こ

    1: 一般国民 ★ 2019/06/29(土) 22:58:25.07 ID:CAP_USER  年齢を重ねるにつれて体力は低下し、昼間でも疲労や眠気を感じることが増える。このため昼寝をしたり、夜は早めに床に入ったりする高齢者も少なくないだろう。しかし、なかなか寝付けない。深夜や早朝に目覚めてし

    1: シャチ ★ 2019/06/28(金) 10:17:46.41 ID:5TwUnhjy9 (前略) 毛髪の85%はケラチンとよばれるタンパク質から構成されており、そのアミノ酸組成で最も含有率が高いのはシスチンです。毛髪の大部分はアミノ酸から構成されているにも関わらず、毛髪への関与についてほ

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/26(水) 04:08:21.16 ID:lq/k14Ke9 (前略) だがそこで問題が生じるようだ。アメリカ・ハーバード大学の研究によると、腸内細菌がはせっかく飲んだ薬を食べてしまい、その効果を台無しにしてしまうことがあるそうだ。 近年、腸内細菌は人

    1: 一般国民 ★ 2019/06/23(日) 03:24:20.66 ID:CAP_USER  脳の活動の正体は脳細胞の間に走る電気信号であり、これまで脳に電気刺激を与えると高齢者のワーキングメモリ(作業領域)が劇的に若返ることや、夜寝ている間に脳に刺激を加えると記憶力がアップすることなどが実験

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/22(土) 10:09:52.66 ID:7vzxqvsX9  わずか1滴の血液や尿から早期のがんを発見する――。 そんながんの検査が早ければ2020年にも一部の人間ドックや健康診断で受けられるようになりそうだ。痛みや放射線被曝(ひばく)のある精密検査を受ける前

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/22(土) 08:29:25.33 ID:mZJ/zSqs9  福島大食農学類の平修教授(44)らの研究チームが、シソ科の植物などに含まれるポリフェノールの一種を摂取することでアルツハイマー病の原因となる物質の凝集を抑制できることを発見した。  平教授は治

    1: 一般国民 ★ 2019/06/19(水) 06:10:46.34 ID:CAP_USER (前略)  ・細菌とメンタルヘルスとの関係についての研究    米コロラド大学ボルダー校のクリストファー・ローリー教授は、細菌とメンタルヘルスとの関係について、長年、研究に取り組んできた。 2018年4月

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/14(金) 06:49:33.58 ID:6YXoQ2Aj9  加齢で減少する血液中のたんぱく質の一種(酵素)を若いマウスからとり、老化したマウスに注射すると、身体活動が活発になり、寿命を延ばすことを日米研究チームが突き止めた。ヒトでも、加齢でこの酵素が減る

    1: 一般国民 ★ 2019/06/14(金) 04:14:00.00 ID:CAP_USER  がんを作る「がん細胞」は血流やリンパに乗って体の至る所に転移します。そんな血中のがん細胞を、レーザーを用いて破壊するという新しい治療法が考案されました。公開されたばかりの最新の研究論文によると、皮膚

    1: シャチ ★ 2019/06/13(木) 16:12:57.01 ID:E4dvhhs19  事故や手術の際に必要になる輸血。だが、血液型が合わないと拒絶反応が起き、命に関わる。カナダのブリティッシュコロンビア大の研究チームは、A型の血液を、拒絶反応の起きにくいO型に変える方法を開発した。世

    1: シャチ ★ 2019/06/13(木) 14:38:09.48 ID:E4dvhhs19  体型と病気のリスクについての研究が進んでいる。2017年に英国の心臓病の国際医学誌で発表された研究は、世界中の男性の興味を惹いた。「薄毛が心臓疾患と関連する」という内容だったからだ。 (中略)  論

    1: 一般国民 ★ 2019/06/13(木) 07:22:20.22 ID:CAP_USER  コーヒーがないと生きられないという人は大勢いるが、フランスに住む11歳の少年にとってはまさにその通りかもしれない。  少年には、意思とは無関係に筋肉が動く「ジスキネジア」の症状がある。これは、ADCY5遺

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/12(水) 09:20:11.25 ID:ua/13CfC9 南米のペルー政府は、手足に力が入らなくなる難病の「ギラン・バレー症候群」が首都リマや北部の観光地などで、集団発生していることを受けて健康上の非常事態の宣言を出しました。現地の日本大使館も、旅行者な

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/11(火) 02:59:03.33 ID:XhzB73an9  ウイルスに汚染された野生鳥獣の肉(ジビエ)などを摂取して急性肝炎を起こすE型肝炎の患者報告が東京都内で相次いでいる。都の患者報告数は、感染症発生動向調査が始まった1999年以降で過去最多を記録した20

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/10(月) 08:06:57.05 ID:57COyA669 (前略)◆身長の高い人は「がん」にかかりやすい  昨年、英国の学術専門誌『英国王立協会紀要』に、「高身長の人は、がん発症リスクが高い」とする論文が掲載された。  論文は、米・カリフォルニア大学リバ

    このページのトップヘ