カテゴリ: 軍事技術

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/01(月) 23:22:50.66 ID:f2dnPVjp9  FLIR Systems製の小型偵察ドローン「Black Hornet」が、米陸軍第82空挺師団のアフガニスタンへの配備で、来月にも実戦投入される予定であると、海外メディアのStars & Stripes誌が報じている。歩兵大隊へのポ

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/01(月) 21:43:27.59 ID:99H7q4p+9  ロシアは、猛禽類を模倣した新たな戦闘監視ドローンを開発した ― フクロウだ。モスクワ・タイムズが6月25日に報じた。口いっぱいの電子機器を喉に詰まらせたシロフクロウのようなこのドローンは、ロシア国防

    1: くコ:彡 ★ 2019/06/25(火) 19:22:11.83 ID:ydt3AgVj9 ロシアのカラシニコフ社が、標的に近づくと自爆するロシア初のカミカゼ・ドローン「ZALAランセット」を製造した。同社のウラジーミル・ドミトリエフCEOが発表した。 新たなドローンは、空中、陸上、水中で目標を

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/13(月) 18:18:06.80 ID:FTW+0z/h9 (前略) アメリカ政府は、「重要なターゲット」を高い精度で仕留めるための特殊兵器を開発し、実戦に使用してきたことが明らかになった。 ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、米国防総省とC

    1: しじみ ★ 2019/05/08(水) 04:32:24.27 ID:CAP_USER ■海軍艦艇向け誘導砲弾「エクスカリバーN5」実射試験を完了 2019年5月6日(現地時間)、アメリカ海軍とレイセオンはアリゾナ州の試験場で実施していた誘導砲弾「エクスカリバーN5」の実射試験を終え、満足いく結

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/04(土) 18:35:12.86 ID:poGdK1sM9  50人から成るチームによって軍の要請を受けて3か月間でプロトタイプとして製造されたライフル取り付け型光線銃は、国産自動小銃MPT-76に取り付けての使用が可能である。 イスタンブール県で開催された国際

    1: しじみ ★ 2019/04/12(金) 12:15:19.78 ID:CAP_USER (前略)  旅客機の例のように、小数点以下でもそれなりに大きな力を感じるGですが、これが戦闘機になると、急旋回時などに3Gとか5Gなどといった数字が普通に見られるようになります。5Gともなると、地球に引き寄せ

    1: しじみ ★ 2019/04/13(土) 05:23:42.32 ID:CAP_USER 2019年4月2日(現地時間)、アメリカ上院で開かれた陸軍近代化に関するヒアリングで、陸軍の将来計画などを担当するG-8の責任者、ジェームス・F・パスカレット中将は、開発中の新しい双眼鏡型暗視ゴーグル「ENVG-B(E

    1: しじみ ★ 2019/03/03(日) 21:04:16.80 ID:CAP_USER (前略)  1973(昭和48)年10月に、イスラエルとエジプト・シリアのあいだで勃発した「第4次中東戦争」では、実際にイスラエル軍が戦車だけの部隊でエジプト軍陣地に突撃しました。しかし、隠れていたエジプト軍歩

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/04/10(水) 18:06:25.79 ID:kSlJa3hU9 イスラエルのIWIは、今月初めにラテンアメリカで開催された国際防衛ショーで、新しい、そして非ブルパップでないCarmelシリーズ5.56mmライフルを披露した。 (中略) セレクトファイアライフルは、3ポジシ

    1: 水星虫 ★ 2019/04/09(火) 09:57:07.14 ID:mDPwVcOc9 東京オリンピックなどを控えテロを封じ込めるための新たな対策です。 海外で小型無人機=ドローンを使った事件が起きていることから警察庁は妨害電波を使って違法なドローンの動きを止めることができる最新の機材を

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/04/09(火) 14:45:04.96 ID:nsyVRuKE9 米軍は、AR機能を備えた暗視ゴーグルを開発しています。 (中略) 究極の歩兵間連携 プロトタイプ機は、ペンタゴンが統合型視覚増強システム(IVAS)と呼んでいるもので、これは彼らが互いに連携し合う

    1: 日本人 ★ 2019/04/05(金) 23:26:01.20 ID:dqpOHsdz9 (前略) ロシアと欧州のはざまで板挟みの数十年が経過した2013年、ウクライナの親ロシア派の大統領ヴィクトル・ヤヌコヴィッチがEUとの連合協定を断念。それが発端で、ソ連崩壊後のアイデンティティの危機がウク

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/04/04(木) 17:19:28.19 ID:ZaZ5wuRN9 英国Gravity社のJet Suitのテスト飛行で、英国国防長官Gavin Williamsonは戦闘任務のために同様のスーツを使うことについてコメントしました。 (中略) Gravity社が、テストパイロットの各腕にジェット

    1: ばーど ★ 2019/04/04(木) 00:34:23.70 ID:v1APkpdR9 【動画】https://www.youtube.com/watch?v=v5q--PYfs8Q ロシア国有軍需企業アルマズ・アンティが、迎撃用ショットガンを搭載するドローンの特許を取得しました。このドローンは飛来する不審なドローンを打ち落とす

    1: しじみ ★ 2019/03/31(日) 16:44:41.82 ID:CAP_USER インドの対衛星破壊兵器実験によって無数の「宇宙ごみ」が発生したことで、既存の宇宙大国が長年にわたって回避しようとしてきた危険な状況が生じる恐れがある。  インドは27日、衛星をミサイルで破壊する実験を行

    1: しじみ ★ 2019/02/26(火) 21:48:59.64 ID:CAP_USER <標的の近くを長時間飛び回り、チャンスを見計らって特攻する超小型の無人兵器──それは、これまでとはまったく異なる戦争を意味し、世界中の軍や武装集団が熱い視線を注いでいる> 2016年4月、アルメニアとアゼ

    1: すらいむ ★ 2019/02/27(水) 15:49:38.45 ID:OmseiWLY9 カラシニコフ「小さな部隊向け」特攻ドローンKUB-UAV発表。操縦しやすく安価、爆薬3kg搭載可能  ロシアの銃器メーカー、カラシニコフがおよそ3kgの爆薬を搭載可能な飛行機型ドローンKUB-UAVを開発しました。

    1: 僕らなら ★ 2019/02/05(火) 16:46:06.36 ID:aHMD/doo9 <すでに実戦配備が始まっているこの防御用兵器に守られたロシア軍を、あなたは見ることができない?> ロシア海軍の軍艦2隻に、新しい防御用兵器が装備された。実験では、「敵」は覚を起こし、平衡感覚を失っ

    1: さやか ★ 2019/02/02(土) 21:25:23.23 ID:md8OAnPs9 ロシアは、米国のミサイル防衛(MD)網を突破できるとされる大陸間弾道弾(ICBM)などの開発も進めている。プーチン露大統領は2日、2020年の配備を目指すICBM「RS―28 サルマート(別名サタン2

    1: 僕らなら ★ 2019/02/02(土) 18:07:54.70 ID:YW39ZCHL9 米国防総省が最近公開した文書によれば、中国は、電子機器を破壊する電磁パルス(EMP)攻撃に特化した核弾頭を製造しているという。 2017年7月作成の報告書「核の電磁パルス攻撃と組み合わたサイバー戦争」は、

    by Ernst Vikne is licensed under CC 表示-継承 2.0 1: 猪木いっぱい ★ 2019/01/16(水) 19:22:31.68 ID:51yEJjaS9 「コスパ最強」との呼び声の高い、スウェーデンの航空機メーカー、サーブ社の「グリペン」戦闘機。価格の安さはもちろんですが、実は「早さ」にもその根

    1: しじみ ★ 2019/01/11(金) 22:13:41.92 ID:CAP_USER ハエの幼虫であるウジ虫といえば「不潔」「生ゴミや死体にたかる」といったイメージを持たれており、人々から忌避されがちです。しかし、そんな悪いイメージの強いウジ虫をシリアやイエメンなどの戦争地帯に送り込み

    このページのトップヘ