カテゴリ:宇宙科学 > 観測天文学

    1: 一般国民 ★ 2019/07/17(水) 23:38:00.83 ID:CAP_USER 欧州宇宙機関(ESA)は7月16日、宇宙望遠鏡「ガイア」が観測した多数の恒星の位置情報をもとに天の川銀河の中心構造を捉えることに成功したとする、バルセロナ大学のFriedrich Anders氏らによる研究成果を発表しまし

    1: 一般国民 ★ 2019/07/12(金) 03:32:22.33 ID:CAP_USER NASAは7月3日、オクラホマ大学のXinyu Dai氏らによるX線観測衛星「チャンドラ」を利用した研究によって、遠方宇宙にある超大質量ブラックホールの自転速度を測定することに成功したと発表しました。 (中略) Q

    1: しじみ ★ 2019/07/10(水) 22:30:05.55 ID:qR0CTYyE9 理化学研究所(理研)は7月8日、リィイ・グー氏らの国際共同研究チームによるさまざまな手段を使った観測によって、宇宙の大きな構造である銀河団が衝突したその瞬間にあたる様子を初めて観測することに成功したと発

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/22(土) 08:07:58.08 ID:mZJ/zSqs9  ロシア生まれの資産家ユーリ・ミルナー氏の出資によってスタートした「ブレイクスルー・イニシアチブ」プロジェクトは6月18日、同プロジェクトの一部である「ブレイクスルー・リッスン」のもと、地球外の知的

    1: みつを ★ 2019/06/18(火) 00:27:39.88 ID:Vwik7kG19  地球から131億光年離れた宇宙で二つの銀河が合体している証拠をとらえたと、国立天文台などの研究チームが17日、発表した。宇宙の果てから飛んでくる電波を観測するアルマ望遠鏡(チリ)を用いた成果で、観測された

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/13(木) 22:35:51.21 ID:P9bn6bZE9  こちらの画像は、NASAの木星探査機「ガリレオ」に搭載されていた光学観測装置「SSI」を使って撮影された、木星の衛星「エウロパ」の姿。左は自然な色合いを再現したもので、右は表面の特徴がわかりやすくな

    1: ばーど ★ 2019/05/31(金) 18:14:44.11 ID:kLqHHUON9 (CNN) このほど刊行された英王立天文学会の学術誌が、新たに見つかった系外惑星の詳細な研究論文を掲載した。従来存在するはずがないとみられていた領域での発見を受けて、天文学者の間ではこの天体を「禁断の

    1: しじみ ★ 2019/04/20(土) 21:07:18.87 ID:CAP_USER  1000光年もの旅が、炎となって終わることがある。2014年1月9日、午前3時を回ったころ、パプアニューギニア北東岸のすぐ沖で、非常に明るい流星が燃え上がりながら空を横切った。そして、他のよくある流星と同じく、

    1: しじみ ★ 2019/04/16(火) 22:48:35.11 ID:CAP_USER 太陽から最も近くにある「お隣の恒星」に、2つめの惑星が見つかったかもしれない。この恒星プロキシマ・ケンタウリは小型の赤色矮星で、太陽系からは4.24光年の距離にある。 「プロキシマの周囲を巡っている新たな

    1: たんぽぽ ★ 2019/04/10(水) 22:24:52.03 ID:CAP_USER 世界初 ブラックホールの輪郭撮影に成功 極めて強い重力で光も吸い込む天体、ブラックホールの輪郭を撮影することに世界で初めて成功したと日本などの国際研究グループが発表し、画像を公開しました。世界各地の電

    1: しじみ ★ 2019/03/27(水) 03:08:36.13 ID:CAP_USER 銀河の重力によって光がねじ曲げられ、同じ天体が複数に分裂して見える現象「重力レンズ」の新たな実例が発見されました。重力レンズが発生した際の見え方にはさまざまなパターンがありますが、今回発見されたものは

    1: プラチナカムイ ★ 2019/03/21(木) 06:50:57.54 ID:jQXD6MXU9 直径約8メートルの小惑星が16日、地球をかすめるように通過したと、東京大木曽観測所(長野県木曽町)が20日発表した。地球と月の間の約半分にあたる22万キロの距離だったという。昨年末には、10メ

    1: ばーど ★ 2019/03/19(火) 12:07:50.09 ID:WReu2SKu9 2018年12月18日、ロシア極東カムチャツカ半島の沿岸に近いベーリング海上空で、火球による強力な爆発が発生していた。米航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体観測プログラムでプログラムマネージャーを務め

    1: Hikaru ★ 2019/03/14(木) 00:15:14.35 ID:+8w1VY259  地球から約130億光年離れた83個の巨大ブラックホールを発見したと、愛媛大などの国際研究チームが13日、発表した。 誕生から8億年の初期宇宙に、太陽の100万~100億倍の重さを持った巨大ブラックホールが数多く存

    1: しじみ ★ 2019/03/12(火) 13:53:07.01 ID:CAP_USER 太陽系に未だに知られていない惑星が存在する可能性は、天文学者たちを魅了し続けている。カリフォルニア工科大学の研究者たちは新たな研究に基づいて、過去20年の間に得られた「第9惑星」の証拠を提示し、もし本当に

    1: ガーディス ★ 2019/03/06(水) 17:43:41.39 ID:HAr86jT59 地球から約50億キロ離れた太陽系の「果て」にある、半径約1キロの小さな天体を、国立天文台などのチームが発見した。  これらの天体は非常に小さく、巨大な望遠鏡を使っても暗すぎて直接観測できなかった

    1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2019/02/13(水) 23:01:33.27 ID:T11OTTO49  私たちの住む天の川銀河は、近くにある銀河としては最大のアンドロメダ銀河にいつの日か衝突する運命にある。 これは、科学の世界ではすでに予言されていることだ。そして、衝突の衝撃によって巻き

    1: しじみ ★ 2019/02/13(水) 14:00:35.81 ID:CAP_USER  太陽系などがある天の川銀河の中心付近に、太陽の3万倍の質量を持つ中型のブラックホールがあることが分かったと、国立天文台などの研究チームが発表した。ブラックホールの進化の解明につながる可能性があるとい

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/02/09(土) 17:54:28.33 ID:jqu7FR4b9 欧州南天天文台(ESO)は6日、大マゼラン雲内に、誕生したばかりの大質量星から放たれる「宇宙ジェット」と呼ばれるプラズマを発見したと発表した。銀河系外で宇宙ジェットが可視光線で観測されるのは、史上初

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/09(土) 16:16:34.82 ID:76gLThYH9 天体は「二つの平たいパンケーキ」? 冥王星の先で米探査機観測  米航空宇宙局(NASA)は8日、無人探査機ニューホライズンズが1月に 撮影した天体ウルティマトゥーレは、大小二つの球からな

    1: 次郎丸 ★ 2019/02/07(木) 20:45:33.18 ID:6mSFLI2A9  京都大学を中心とする共同研究グループは、宮古島に設置した超低コストな小型望遠鏡を用いた観測によって、太陽系の果てに、太陽系最古の始原天体「微惑星」の生き残りと推定される極めて小さなサイズの天体の発見

    1: しじみ ★ 2019/01/03(木) 13:07:00.69 ID:CAP_USER 3日朝早く、西日本の上空で光の玉のようなものが流れ落ちる様子が目撃され、専門家は「小惑星のかけらなどが大気圏で燃え尽きる際に光る火球と呼ばれる現象だ」と分析しています。 3日午前5時前、西日本を中心

    このページのトップヘ