カテゴリ:動物学 > 海洋生物

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/07/17(水) 11:24:03.53 ID:cBgEMtpE9 全国一の生産量を誇る広島特産のカキを夏にも観光客らに楽しんでもらおうと、広島県は新たに生食用のカキを開発し、16日、関係者を集めて試食会を開きました。 夏の生食用のカキは、県の水産海洋技術センタ

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/01(月) 23:45:02.14 ID:HunEVwzP9 脊椎動物の神経系は、全身にある受容体が様々な刺激を受け取り、中枢神経系がこれらの情報を収集して分析し、脳が意思決定した上で身体の動きを制御する信号を送る「中央集権型」である。一方、タコは、5億個の

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/21(金) 20:50:08.66 ID:hXMb/0bM9  「土用の丑(うし)の日」を来月に控え、国立研究開発法人の水産研究・教育機構は21日、人工的にふ化させ、育てた養殖ウナギのかば焼きを報道陣に公開した。味は上々で天然稚魚の不漁を補う救

    1: ガーディス ★ 2019/06/15(土) 19:22:49.03 ID:3KgEosZ69  ウニは日本の食文化においては馴染みの深い存在である。そのウニを、クローバーなどのマメ科植物を餌にして肥育する技術を九州大学と宮城大学のグループが開発し、特許出願した。  研究開発に参加している

    1: 靄々 ★ 2019/06/05(水) 16:27:16.90 ID:eHpIeIRn9 “絶滅”の甲殻類 オオスナモグリか 干潟で発見 高知県と静岡県の干潟で見つかった生物を千葉県立中央博物館が分析したところ、化石でしか存在が知られていない甲殻類の「オオスナモグリ」である可能性が高いことが

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/24(金) 01:32:08.58 ID:Ik9pS1fo9  超硬質な歯を持つヒザラガイが、歯の表面を覆っている鉱物「磁鉄鉱(じてっこう)」を作るために必要とみられる遺伝子を、岡山大大学院の根本理子特任助教(遺伝子工学)らの研究グループが特定した。磁鉄鉱

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/21(火) 22:08:09.86 ID:jk69rrKf9 ◆ ホオジロザメの遺伝子解析で、その優れた治癒能力の秘密が見えてきた (中略) まず、人間には23対ある染色体が、ホオジロザメには41対あることが判明した。大規模なこのゲノムは、太古の生物が長期

    1: みつを ★ 2019/05/17(金) 03:32:50.89 ID:huur9PvJ9  【羅臼】根室管内羅臼町沖でシャチの調査を行っている北大などの研究グループ「北海道シャチ研究大学連合」は16日、体の上面が白一色のシャチを発見した。同グループによると、白いシャチの確認は国内初。  

    1: ガーディス ★ 2019/04/30(火) 12:44:42.63 ID:qLCmbGTW9 動物の中でも高い知能を持ち、コミュニケーション能力に優れるイルカ。動物愛護団体からは人間と同様の「人権」を与えるべきだという意見も出る程に、ある種の人間くささを持つ生き物でもあります。 例えばイ

    1: しじみ ★ 2019/04/20(土) 20:58:14.75 ID:CAP_USER (前略) 研究は、オンライン学術誌のサイエンティフィック・リポーツに発表された。研究チームはホホジロザメとシャチの遭遇例を追跡。2006年から2013年の間に、タグを取りつけたホホジロザメ165匹から得たデータを

    1: ニライカナイφ ★ 2019/04/12(金) 20:48:41.52 ID:3zzTR8Un9 ◆ ホホジロザメは予想以上に泳ぎが機敏な魚だった 近年、技術の発展とともに野生生物にカメラを装着しその様子を撮影して、野生生物の生態を調査する研究が活発に行われている。 今回、研究者らは南ア

    1: しじみ ★ 2019/04/07(日) 17:38:32.21 ID:CAP_USER 東京農業大学、千葉県立中央博物館、首都大学東京、NPO法人「森は海の恋人」(宮城県気仙沼市)からなる研究グループが、気仙沼市の河川でエビ類(十脚目甲殻類)の新種を発見。国内在来の淡水性種として2種目になる

    1: しじみ ★ 2019/03/29(金) 12:06:38.18 ID:CAP_USER  沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村、学長ピーター・グルース)は、沖縄県恩納村漁業協同組合と共同で、沖縄県を代表する食用海藻である、海ぶどう(標準和名・クビレズタ)の全ゲノム解読に成功しました。

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/03/23(土) 16:44:50.57 ID:0D8JnMfB9 「ジョーズ」の人食いザメ、実は狩りタイプは「待ち伏せ型」  1975年に大ヒットした米映画「ジョーズ」で巨大な人食いザメの モデルとなったホホジロザメ。その狩りは、猛スピードで獲物

    1: ばーど ★ 2019/02/20(水) 01:42:30.79 ID:7VlozU209 幻想的な姿で知られる巨大な深海魚「リュウグウノツカイ」について沖縄県にある研究機関が人工授精と人工ふ化に成功したと明らかにしました。専門家によりますと、世界で初めてのケースだということで、謎に包まれた

    1: ガーディス ★ 2019/01/19(土) 15:03:24.43 ID:pQ5VY69j9 (CNN)米ハワイ沖でこのほど、ダイバーたちが世界最大級と目されるホオジロザメを目撃し、撮影に成功した。ホオジロザメはクジラの死骸を食べているところだった。 ダイバーによれば、このサメは「ディー

    1: しじみ ★ 2019/01/20(日) 18:07:22.13 ID:CAP_USER スーパーで気軽に買えたタコが、最近値上がりして買いづらくなったと感じている方も、多いかもしれません。タコの国内の漁獲量が最盛期の3割にまで落ち込み、海外からの輸入も激減しているためです。 強い危機感を

    1: しじみ ★ 2018/12/10(月) 14:10:29.46 ID:CAP_USER ■「ヒョウウナギ」と呼ばれた未確認生物、米国の濁った水中に生息 米国フロリダ州やアラバマ州の沼にヒョウ柄のウナギのような生物がいるという噂は、何十年も前からあった。大きさは成人男性の腕ほどもあり、灰

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 17:56:21.44 ID:CAP_USER 日本海側の冬場の味覚、ズワイガニの資源量が来年以降に減少傾向となり、3年後には現在の約半分に落ち込むとの予測を日本海区水産研究所(新潟市)の研究チームが8日までにまとめた。原因は特定できていないが、生後3

    1: しじみ ★ 2018/09/14(金) 22:55:05.23 ID:CAP_USER ■犬や猫もできないミラーテストに合格、自己認識できる可能性示す  鏡に映った自分の顔に汚れがついていたら、ほとんど無意識のうちにぬぐい取ろうとするだろう。簡単なことのようだが、これができるのは人間以

    1: しじみ ★ 2018/11/01(木) 12:35:45.51 ID:CAP_USER  水深3200メートルの深海底を遠隔操作の無人探査機で調べていた科学者たちが、これまで誰も見たことのない驚きの光景に出くわした。  米国カリフォルニア沖にあるダビッドソン海山のふもとに突き出た岩場に、数

    1: しじみ ★ 2018/10/24(水) 18:33:44.76 ID:CAP_USER ■動画 Archerfish Spit At Faces They Recognize, With Training | Video https://youtu.be/00g9ndIt-Gk ■角度を変えても成功、「魚の脳は単純ではありません」と研究者 「選択肢の中から正しいものを選ん

    1: しじみ ★ 2018/10/19(金) 14:34:09.10 ID:CAP_USER ■動画 Camouflaged Slug Eats Sea Grapes | Nat Geo Wild https://youtu.be/xyGssesiFYU ■好物の海藻に擬態する珍しいウミウシ、DNA調査で1種から5種へ 沖縄名物の「海ぶどう」。だが、海にいるその海藻を

    1: しじみ ★ 2018/09/20(木) 12:23:50.70 ID:CAP_USER  長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科の竹垣毅准教授らの研究グループは、魚類の雄親の「子殺し」行動が、栄養補給のためではなく、次の繁殖の求愛行動を再開するために必要不可欠なプロセスであることを世界で

    1: 野良ハムスター ★ 2018/09/24(月) 20:08:45.94 ID:CAP_USER > 原発事故の影響で回数や海域を限定した試験的な漁が続けられている福島県沖で、震災前に比べてヒラメがおよそ8倍、ナメタガレイがおよそ7倍に増えていることが県の調査でわかりました。 県は豊富な資源

    1: 野良ハムスター ★ 2018/09/21(金) 13:15:18.12 ID:CAP_USER シャチは時折、食べるつもりのない動物を群れで攻撃することがある。 生物学を専攻するニコラス・ダバロス氏は2017年冬、ガラパゴス諸島最大の島イサベラ島の沖でフィールドワークを行った。シュノーケル

    このページのトップヘ