カテゴリ:地球科学 > 地震・火山

    1: しじみ ★ 2019/07/23(火) 06:39:24.80 ID:ZJM4dkte9 ■3万年間噴火しなかった火山の地下のマグマの量と状態を推定 ルーマニアの緑豊かな丘に抱かれたスフンタ・アナ湖は、シオマドゥル火山の古い噴火口の中にある。この火山が最後に噴火したのは約3万年も前のこと。

    1: 一般国民 ★ 2019/05/25(土) 01:25:07.06 ID:q9Hd9GvB9  中部電力は南海トラフ巨大地震で浜岡原発に押し寄せる津波について、防波壁の高さを超える最大22.5メートルとする新たな試算を明らかにしました。  浜岡原発の再稼働を目指す中電は、これまで南海トラフ巨大

    1: 靄々 ★ 2019/05/20(月) 11:52:27.96 ID:aLcLSZHa9 日向灘の周期地震警戒を M7.1級、30~40年周期で発生 「ここ数十年で最も危険性高い」専門家が警鐘 日向灘の震源域(イメージ)  日向灘で地震が頻発している。10日午前には最大震度5弱の地震が発生し「南海

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/05/19(日) 19:25:08.35 ID:PN+8GOEL9 地震予知失敗、100回中99回 南海トラフで学者回答  南海トラフ巨大地震について、事前に発生する時や場所、規模を正確に言い当てる直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学

    1: 靄々 ★ 2019/05/19(日) 03:04:05.67 ID:kobkMmiF9 箱根山 噴火警戒レベル2に引き上げ 地震増加 気象庁 神奈川県の箱根山で地震が増えているとして、気象庁は火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「火口周辺規制」を示すレベル2に引き上げました。 気象庁に

    1: みつを ★ 2019/04/17(水) 03:07:25.50 ID:k9aA4KoB9  阪神大震災や東日本大震災、熊本地震など大きな被害を伴う震災が相次ぎ、予知や予測を目指してきた日本の地震研究が岐路に立たされている。発生時期や規模、場所を事前に特定する技術は確立されていない。「今の科

    1: ばーど ★ 2019/03/31(日) 20:52:24.20 ID:rTphsxYu9 南海トラフ地震は、西日本~東日本の南海上を震源域に起きるM8~M9クラスに達する(超)巨大地震で、過去数千年以上にわたって繰り返し起きてきました。日本付近で起きる地震としては最大規模の地震の一つと考えられま

    1: 一般国民 ★ 2019/03/29(金) 15:16:18.71 ID:bxBh+eFi9 政府は29日、南海トラフ地震が発生する可能性が高まったと判断された際に自治体や企業が取るべき対応を示したガイドラインを公表した。南海トラフ地震の震源域でマグニチュード(M)8以上の地震が起きた場合、この

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/03/22(金) 18:57:56.73 ID:Fs1BS9S29  政府は22日、富士山の大規模噴火に伴う首都圏への降灰について1707年の「宝永噴火」をモデルに時系列で検証した結果を中央防災会議の作業部会で示した。昨年12月の風向・風速を基に推計、神奈川

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/04(月) 14:14:55.57 ID:SVhu52JJ9 (前略) 地盤ネットホールディングスでは、独自に算出した「地盤安心スコア」の集計により、東京都区市町村(島しょ部を除く)の「いい地盤」ランキングを公表した。 ベスト3を見ると、1位は国分寺

    1: ばーど ★ 2019/02/26(火) 08:55:29.20 ID:/ZI5Wov/9 内閣府南海トラフの巨大地震モデル検討会委員などを務めた平川一臣北海道大名誉教授(自然地理学)が25日までに、遠州灘に面する愛知県田原市の伊良湖岬で、東日本大震災級のマグニチュード(M)9程度の「レベル2」

    1: しじみ ★ 2019/01/23(水) 15:30:19.33 ID:CAP_USER 北海道南東沖の千島海溝で起こる「超巨大地震」が注目されている。国の地震調査研究推進本部は一昨年末、「切迫性が高い」とする見解を公表、東日本大震災の前にみられたような地震活動の変化を指摘する研究者もいる

    1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2019/01/10(木) 06:56:02.85 ID:Ph1b0CO30● BE:512899213-PLT(27000) ロシア国防省のある大佐が、「地下核実験」に関する衝撃の発言を公にして話題になっている。 問題の人物はロシア国防省で大佐のイーゴリ・トカレフ氏。彼は

    1: しじみ ★ 2019/01/07(月) 13:53:46.77 ID:Emp7KWTk  原子力規制委員会は、火山の破局的噴火による原子力発電所への影響を評価するため、2021年度から鹿児島湾内の火山「姶良あいらカルデラ」の海底での常時観測に乗り出す。地殻変動や地震などのデータを集めて破

    1: しじみ ★ 2019/01/02(水) 12:12:42.73 ID:CAP_USER  2018年の世相を表す漢字は「災」。大阪北部地震や北海道胆振東部地震のほか、西日本の広い範囲を襲った西日本豪雨など、日本中で災害が相次いだ1年だった。  近年は自然災害が相次いでいて、その範囲も日本各地

    1: しじみ ★ 2018/12/30(日) 20:15:36.10 ID:CAP_USER インドネシア西部のスンダ海峡で発生し、400人以上が死亡した津波被害で、津波の原因となる噴火を起こしたアナク・クラカタウ山の標高が、噴火前の338メートルから110メートルになったことがわかった。

    1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2018/12/27(木) 02:23:58.22 ID:CAP_USER9 気象庁によりますと、火山活動に伴う津波が起きた場合、津波の高さや被害地域を直ちに予測して津波警報などを発表し、警戒を呼びかける手法は世界的にも確立されていないということです。 気象庁

    1: しじみ ★ 2018/12/12(水) 19:15:51.93 ID:CAP_USER インドネシア・スラウェシ島中部パルで9月28日に発生した津波について、科学者による解明が進んでいる。 津波はマグニチュード(M)7.8の地震の直後に起きた。研究者たちは当時、その規模が想定外だと驚いていた。

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/05(水) 15:31:29.71 ID:CAP_USER 11月11日の朝、世界時(UT)で9:30になる直前に、謎の地震が世界を駆け巡った。 その地震は、アフリカ大陸の東海岸とマダガスカルの北端とに挟まれる、仏領マヨット島の24キロメートルほど沖で発生した。

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 16:52:55.87 ID:CAP_USER 近い将来に発生する可能性が高い南海トラフ地震について、気象庁は7日、「先月から今月にかけて紀伊半島から四国で相次いでいる最大マグニチュード(M)5.4の地震は、フィリピン海プレートが沈み込む境界内で発生した

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 16:20:01.01 ID:CAP_USER  富士山西側で約2500年前に未知の噴火が2回あったとする研究結果を、秋田大と東京大、国立研究開発法人・産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究グループが発表した。本栖湖の地層を基に2000年以上前

    1: しじみ ★ 2018/10/26(金) 19:12:12.26 ID:CAP_USER 江戸時代の1771年に起きた「八重山巨大津波」の原因は大規模な海底地滑りだった可能性が高い―。このような解析結果を、産業技術総合研究所(産総研)などの共同研究グループがこのほど発表した。八重山巨大津波は石

    このページのトップヘ