カテゴリ:医学 > 精神医学

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/25(木) 06:03:37.92 ID:IDITMIWU9 食品添加物に含まれるPPAが脳に影響 自閉症の原因は、食品添加物かもしれない──こんな研究結果がこのほど明らかになった。米セントラル・フロリダ大学(UCF)のチームが、1年半にわたる研究の結果を英科学誌

    1: ガーディス ★ 2019/06/08(土) 13:04:29.78 ID:YEMU6PBM9 発達障害の一つ、「自閉症スペクトラム障害」に似た症状が出るマウスに運動をさせると症状が改善した、とする研究成果を東京大学のグループがまとめ、新たな治療法の開発につなげたいとしています。 自閉症ス

    1: みつを ★ 2019/05/29(水) 00:35:21.90 ID:AamS2hw39 名画「モナリザ」の作者で、「万能の天才」と呼ばれたルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチについて、注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状を抱えていたとする研究結果が、このほど英国とイタリアの研究者によっ

    1: 樽悶 ★ 2019/05/25(土) 23:45:38.14 ID:qwPGHXnQ9 ■「ぱちんこ依存相談機関RSN」の活動報告 (中略) ■RSNに寄せられる相談は1日24件 (中略)  RSNが5月20日に公表した、2018年度の活動報告を見ると、興味深い内容がいくつかあったので紹介したい。  

    1: 樽悶 ★ 2019/05/24(金) 19:59:17.55 ID:oMloPkCA9  自分が好きな本や衣類などを必要以上に集めて捨てられず、家にあふれて生活できなくなる「ためこみ症」という病気がある。近年、精神疾患の一つとして注目され、薬やカウンセリングなどの治療にも根気が要るという。

    1: スヌスムムリク ★ 2019/05/12(日) 15:20:47.02 ID:pE/QD2w99 悲しみを洗えるのもまた、悲しみなのかもしれない。 南フロリダ大学の研究者らが、うつ症状のある人は悲しい音楽を好むという研究結果を発表した。将来、音楽療法や音楽セラピーに応用できる可能性がある

    1: しじみ ★ 2019/05/03(金) 00:27:40.84 ID:CAP_USER これまでにアルツハイマー型認知症と診断されていた人の中には、実は新たに発見された種類の認知症だった人が多く含まれていると、国際研究チームが発表した。 ある専門家は、近年で最も重要な認知症に絡む発見だ

    1: 樽悶 ★ 2019/04/24(水) 22:59:22.51 ID:hr0SGJsB9 図1:統合失調症診療における問題点 図2:統合失調症バイオマーカーの同定 図3:統合失調症と健常者を判断する予測モデル ■客観的な検査法が確立していない「統合失調症」 名古屋大学は4月19日、統合失調症患者

    1: しじみ ★ 2019/04/08(月) 22:25:42.72 ID:CAP_USER 自分や子どもの身体に起きた異変が「重大な病気じゃないか」と不安を覚える人は多いはず。自分の抱える不安に関するオンライン検索を強迫的に行う「サイバー心気症」を抱えている人は、検索しても自身の不安は解決せ

    1: しじみ ★ 2019/03/27(水) 19:51:35.82 ID:CAP_USER <アメリカだけで1600万人の患者がいるADHD。臨床効果の確認や安全性の確立などの問題は残るが、経頭蓋磁気刺激(TMS)という治療法に期待が高まっている> (中略) 23歳でADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断

    1: 樽悶 ★ 2019/04/08(月) 18:32:00.11 ID:WGPOAX569 ある日突然統合失調症になった理由は、猫? 体内に隠れている細菌やウィルスが長い時間をかけて痴呆やアルツハイマー病などのメンタルヘルスに影響を及ぼしているのではないかと、お医者さんたちは考え始めているよ

    1: みつを ★ 2019/04/02(火) 16:52:05.70 ID:V6iS0RNz9  塩野義製薬は、発達障害をスマートフォンやタブレット端末のゲームなどを通じて治療する「デジタル薬」と呼ばれる治療アプリの販売に参入する。発達障害の一種である注意欠陥多動性障害(ADHD)向けなどを想定して

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/03/29(金) 10:18:10.29 ID:uIKvr5399 うつを患う成人は記憶やストレス反応において重要な役割を果たす海馬が縮む、ということがこれまでの研究で明らかにされています。新たな研究では、チームスポーツに参加する少年はこの海馬が大きく、9~11歳の

    1: みつを ★ 2019/03/28(木) 23:33:24.97 ID:ndLhbTQp9 やる気が起きない時、気が進まない時に、やるべき事をつい先延ばしにしてしまった経験は誰にでもあるはず。しかし、先延ばししてしまう傾向があまりにも強い場合は「PCN症候群」とも呼ばれ、社会生活に大きな影響を及

    1: 樽悶 ★ 2019/03/27(水) 23:18:38.08 ID:1QYGaKcb9  20歳以上の発達障害者を対象に毎日新聞が実施したアンケートで、回答した4割超が「うつ病を発症している」と明らかにした。厚生労働省によると、大人の発達障害と併存症に関する全国調査はなく、実態は分かっていな

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/24(日) 21:02:05.39 ID:xQoaei4P9 米国クイーンズランド大学は、体内のビタミンDが不足した場合、人間の脳内でどのようなプロセスが発生するかを研究した。研究者らは、ビタミンDが健康にとって重要度が高い理由はなにか、そしてその欠

    1: しじみ ★ 2019/03/21(木) 18:05:05.00 ID:CAP_USER 作用が強い大麻は、特に日常的に使用した場合、統合失調症や妄想性障害(パラノイア)などの精神疾患発症リスクと「強く関連」するとの研究結果が20日、発表された。  オランダのアムステルダムと英ロンドンで、新

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/03/14(木) 09:06:14.50 ID:veSpFp+W9 (前略) ● 笑顔や明るい声で仕事することを 当然のように課せられる「感情労働」  感情労働という言葉はアメリカの社会学者であるアーリー・ホックシールド博士が、自著である『The Managed Heart』の中で

    1: しじみ ★ 2019/03/10(日) 21:21:14.71 ID:CAP_USER 仕事や人間関係で嫌なことがあった時、無性に甘いものや大量の炭水化物をガッツリ食べたくなるという人は多いはず。いったいなぜストレスを感じると甘いものや炭水化物を食べたくなってしまうのか、脳科学者で肥満の

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 05:57:21.64 ID:CAP_USER 多動性や衝動性、不注意といった症状を特徴とする注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、学校の授業中にじっとしていられなかったり、仕事でうっかりミスが多かったりするといった行動を取りがちです。その一方でADHDの人は

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 01:36:54.92 ID:CAP_USER うつ病や双極性障害といった精神疾患は、発症したほとんどの人に多大な負担を強いるのものであり、時には命を脅かすこともあります。「そんな精神疾患がなぜ進化の過程で人間から取り除かれなかったのか?」という疑

    1: しじみ ★ 2019/02/28(木) 16:54:01.06 ID:CAP_USER 緑地の少ない場所で子ども時代を過ごした人は、その後の人生において精神疾患になるリスクが55%も高かったと最新の調査で示されました。都市は建物の建設で緑地が犠牲になりがちですが、人の生活に有益な「緑地」を

    1: しじみ ★ 2019/02/11(月) 11:22:44.05 ID:CAP_USER 先天的あるいは早期の失明が統合失調症に対し保護的な効果がある可能性は、これまでのケーススタディーで示されていました。これに続き46万人以上のデータを分析した新たな研究で、「盲目であることが統合失調症から

    1: しじみ ★ 2019/02/07(木) 09:09:32.81 ID:CAP_USER 腸内細菌は人の精神的な健康に影響を及ぼす可能性があり、うつ病に関連すると考えられるとの研究論文が4日、英科学誌ネイチャー・マイクロバイオロジー(Nature Microbiology)に発表された。この種のものとしては過去

    1: しじみ ★ 2019/02/05(火) 13:20:44.94 ID:CAP_USER (前略) ■ASD:約3.1倍、ADHD:約6.3倍にまで増加 発達障害とされる子どもはどれくらいの割合で存在するのか見ていきましょう。ASDは1000人に5人程度で男子に多いとされますが、近年の研究では、出現頻度が全体

    このページのトップヘ