カテゴリ:医学 > 医療・健康

    1: しじみ ★ 2019/02/13(水) 14:09:07.38 ID:CAP_USER 経験の浅い小児科医よりも高い精度で、髄膜炎やインフルエンザといった病気を発見できる新しい深層学習システムが開発された。 新たなシステムは、中国・広州の医療センターにおける18歳未満の患者56万7498人の140

    1: しじみ ★ 2019/02/10(日) 16:10:32.00 ID:CAP_USER 米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らのチームは、がんの治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」に、近赤外光を使う「光免疫療法」を組み合わせると、治療効果を大幅に上げられることを動物実験で確認した

    1: 野良ハムスター ★ 2019/02/10(日) 11:19:45.60 ID:CAP_USER ■精液の「真面目な」研究が始まった 笑ってはいけない。恥ずかしがる必要もない。 精液の潜在価値に着目し、「未利用資源」としての活用に挑戦している企業がある。広島大学発のベンチャー企業ダンテ

    1: さやか ★ 2019/02/04(月) 14:52:38.52 ID:cbW4FOan9 「減量するには朝食を取ることが大事」「朝食を抜くと太りやすくなる」ということがダイエット関連のメディアでしばしば見られますが、過去28年間の研究を分析した結果、「朝食を規則的に取った方がやせやすい」とい

    1: シャチ ★ 2019/01/29(火) 10:45:46.92 ID:6qrcG+g09  住宅の断熱化が住人の健康に与える影響について、国土交通省は、床付近の温度が低いと高血圧や糖尿病で通院する割合が高くなるとの調査結果を公表した。また、寝室と居間など部屋間の温度差が大きい住宅では、血圧

    1: しじみ ★ 2019/01/28(月) 19:39:23.49 ID:CAP_USER (CNN) 揚げた鶏肉や魚を定期的に食べる人は、がんを除いた死亡リスクが高まるとの調査結果が明らかになった。閉経後の女性を対象とした調査が米国で行われた。 医学誌BMJで発表された調査結果によれば、1

    1: 水星虫 ★ 2019/01/22(火) 17:06:04.26 ID:rVv2uUcz9  病気でうまく閉じなくなった心臓の弁を、小さなクリップではさんで回復させる手術に、 米子市にある鳥取大学医学部附属病院が成功しました。病院によりますと、この手術に成功したのは山陰では初めてだということ

    1: 僕らなら ★ 2019/01/22(火) 10:48:54.06 ID:Abbk3vFW9 ■「土を食べなさい」 近年、免疫学の世界では、「先進国で問題となっているアレルギー性疾患は、ヒトの腸内細菌の減少と関連している」と指摘されている。 欧米では、最新の免疫学をもとにした書籍が多数出

    1: 野良ハムスター ★ 2019/01/13(日) 23:21:19.67 ID:CAP_USER 寒気やだるさを感じて体温測定すると熱があった──かつてはこうしたケースで「入浴は控えるべき」と言われてきたが、それは“過去の常識”だという。 『長生きするのはどっち?』の著者で秋津医院院長の

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/01/12(土) 15:07:09.56 ID:EJ4NZaTG9 病理検査にAI活用へ 胃がん判定で正解率8割 日本病理学会  組織や細胞を患者から採取し、がんの有無などを調べる病理検査に人工知能(AI)を導入しようと、日本病理学会が取り組んでいる。既に8割近い正解率

    1: しじみ ★ 2019/01/07(月) 14:44:54.47 ID:Emp7KWTk 日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代わって患者を診断する人工知能(AI)チャットボットのアプリを利用している。AIが診断することで、自己治療で

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/22(土) 21:56:15.44 ID:CAP_USER (CNN) 高齢者が1週間に3回、ウォーキングをしたり自転車をこぐだけで、加齢に伴う思考力の低下を改善することができるという研究結果が、このほど医学誌に発表された。同時に食生活も改善すれば、脳の

    1: しじみ ★ 2018/12/20(木) 18:59:20.87 ID:CAP_USER (CNN) 遺伝子操作した豚の心臓をヒヒに移植する異種移植手術で、心臓が195日間にわたって生命を維持し機能を保ったことがわかった。科学誌ネイチャーに5日、研究結果が発表された。これにより、動物の心臓を

    1: しじみ ★ 2018/12/19(水) 19:01:24.71 ID:CAP_USER ライザップが取り入れている「ケトジェニックダイエット」に、キャサリン妃が実践する「ローフード」。短期間に痩せると評判の食事療法だが、じつは健康リスクが高く、医学界からも批判されている。フランスの栄養学

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/11(火) 19:35:40.83 ID:CAP_USER クロスワードや数独といったパズルを解いても知力低下は防げないかもしれないと、英国発の最新研究が示唆している。 加齢に伴う脳の働きについて「使わなければ失う」という考えは、これまで幅広く受け入

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/05(水) 12:49:49.99 ID:CAP_USER 栄養学の研究者が、世界中のフライドポテト好きを悲しませている。 ジャガイモを油で揚げ、塩をふりかけたフライドポテトを「健康にいい食べ物だ」という人はあまりいないだろう。研究もそれを裏付ける。

    1: しじみ ★ 2018/12/03(月) 14:02:58.84 ID:CAP_USER 歯が虫歯になりやすくなる小児のエナメル質形成不全が西日本に多く、東日本で少ない西高東低の分布を示すことが、日本小児歯科学会と富山大学の調査で明らかになった。全国規模の調査でエナメル質形成不全の有病率や

    1: しじみ ★ 2018/11/28(水) 14:21:48.87 ID:CAP_USER ■厚さ0.2 mmの微小環境が皮膚炎を長びかせる- 大日輝記 医学研究科講師、椛島健治 同教授らの研究グループは、「上皮-免疫微小環境 (EIME)」という新しい概念を提唱しました。どのような皮膚炎になりやすいかは

    1: しじみ ★ 2018/11/25(日) 13:38:07.54 ID:CAP_USER 果物や野菜、ナッツなどを牛乳や水と合わせてミキサーにかけてドリンク状にしたスムージーは、さまざまな野菜や果物を手軽に摂取できるとして人気を集めています。健康志向のレストランやカフェの多くがメニューにス

    1: しじみ ★ 2018/11/21(水) 19:06:47.33 ID:CAP_USER 人工知能の倫理が何かと問題視されることが増えてきたが、最近、米国から「人工知能を使う人間の倫理」が問われそうなユースケースが報告された。 海外各メディアが報じたところによれば、米国の遺伝子検査企業Gen

    1: しじみ ★ 2018/11/14(水) 14:30:21.49 ID:CAP_USER  では、個々の食品について。  最近のトピックで、日本人なら誰しも気になることがある。  白米についてだ。 「白米は『精製された穀物』のひとつで、単純炭水化物に分類されます。他の穀物と比べて血糖

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 14:42:23.37 ID:CAP_USER 睡眠の質の向上のために生活習慣の改善を行ういわゆる「快眠法」は、即効性は乏しいものの、根気強く続けることで一定の効果が得られる。適度な運動や規則正しい食生活、ストレス発散やリラクゼーション、寝室の温度

    1: しじみ ★ 2018/11/03(土) 00:10:44.86 ID:CAP_USER 【11月2日 AFP】 父親が45歳以上の新生児は、低体重で生まれたり、集中治療室での処置が必要になったりする確率が高いとの研究結果が1日、発表された。  さらに父親が55歳以上の新生児は、出生直後の健康状態の

    1: しじみ ★ 2018/11/02(金) 23:14:37.14 ID:CAP_USER <WHOは「発癌性が疑われる」と警告し、細胞への影響を示す研究も......携帯電話の発する電磁波の危険性とは> ティファニー・フランツが折り畳み式の携帯電話を初めて手に入れたのは16歳のとき。外出時には毎朝、

    このページのトップヘ