カテゴリ:宇宙科学 > 有人開発・宇宙論

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/07/25(木) 16:12:40.67 ID:8oYEgoUF9 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は、尿を飲み水に変える宇宙飛行士向けの高性能浄水装置を開発した。今秋にも国際宇宙ステーション(ISS)で実証実験を行う。将来的には米国が計画し、日本も参加

    1: みつを ★ 2019/07/17(水) 06:58:26.86 ID:hbpQoqB29  地球外生命は存在するのか-。地球型生命に必要不可欠なのは何より水。その水が存在しうる惑星は太陽系以外に40以上見つかっているが、それ以外にも生命の存在を考える上で重要な条件がある。例えば放射線だ。恒

    1: 一般国民 ★ 2019/06/16(日) 03:32:22.63 ID:CAP_USER  ワシントン(CNN Business) 米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は15日までに、米国人宇宙飛行士を半世紀ぶりに月面に再度着陸させる「アルテミス」計画の事業費に触れ、今後5

    1: 一般国民 ★ 2019/06/09(日) 09:03:10.80 ID:JsQQovLO9  米航空宇宙局(NASA)は7日、宇宙観光も含めた民間事業に国際宇宙ステーション(ISS)を開放すると発表した。地球の軌道を周回する実験施設であるISSの運営費削減につなげる。  費用は、往復の移動費が約5800

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/30(木) 23:37:11.85 ID:KMMz9y4F9 ◆ ロシアが2030年の有人月着陸を目指していることが判明 NASAが2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表したのに続き、ロシアで宇宙開発全般を取り仕切る国営企業・ロスコスモスの最

    1: しじみ ★ 2019/05/10(金) 17:56:27.12 ID:CAP_USER 国際宇宙ステーション(ISS)には様々な細菌や真菌があふれている──。このほどアメリカ航空宇宙局(NASA)の研究チームが明らかにした。 NASAジェット推進研究所カスツーリ・ヴェンカテーシュワラン博士らの研究

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/02(木) 06:38:06.60 ID:Hdnfvztk9 (前略) だが、先日イギリスのオックスフォード大学の学生新聞に「人間とエイリアンの異種交配は既に行われている」という説が掲載され、注目を集めた。 問題の記事はオックスフォード大学の学生新聞オック

    1: しじみ ★ 2019/04/25(木) 11:56:43.65 ID:CAP_USER 海軍パイロットが未確認飛行物体(UFO)を目撃したと思われる場合、正式な手順に従って報告を――。米海軍はこのほど、そうした説明不可能な現象に遭遇した場合を想定して、正式な報告手順を定めていることを明らか

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/04/03(水) 17:04:50.69 ID:696lPM1m9 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は2日、米議会下院の公聴会で、宇宙飛行士を火星に送る計画について「2033年の着陸を実現したい」と述べた。これまでNASAは、

    1: みつを ★ 2019/04/01(月) 03:09:46.70 ID:IpB/6HGz9 「地球はエイリアンの動物園説」は我々が宇宙人を見たことがない理由を説明できるかもしれない。彼らは私たちを見ることができるが、私たちは彼らを見ることができないという仮説が成り立ちます。科学者が地球外生物

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/03/27(水) 14:51:12.15 ID:TCF+ugWz9 アメリカのペンス副大統領は、アメリカの宇宙飛行士を再び月に送る計画について、中国などに遅れを取るわけにはいかないとして、時期を前倒しし、今後5年以内の実現を目指す方針を発表しました。 ペンス副

    1: ガーディス ★ 2019/03/22(金) 16:40:34.49 ID:kJhhhAXO9 (CNN)宇宙に滞在して任務にあたる飛行士のうち、5割以上の体内でヘルペスや水痘、帯状疱疹(ほうしん)などのウイルスが再活発化しているとする研究結果を、米航空宇宙局(NASA)がこのほど発表した。

    1: しじみ ★ 2019/03/03(日) 20:30:00.69 ID:CAP_USER 地球外生命探査、それも太陽系の外側で生命の痕跡を探そうという取り組みが今、活気を帯びている。  これまでに存在が確認されている太陽系外惑星はおよそ4000個。その多くは2009年に米航空宇宙局(NASA)が打ち

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/06(木) 17:39:50.94 ID:CAP_USER エイリアンはもう地球に来ているが、予想もしない外見であるために発見されずにいるだけかもしれない。米航空宇宙局(NASA)の科学者がそう発表した。 カリフォルニア州にあるNASAエイムズ研究センターの

    1: しじみ ★ 2018/11/29(木) 15:24:14.34 ID:CAP_USER 抗生物質に耐性を持った細菌は「スーパーバグ」と呼ばれ、イギリス政府が「2050年にはスーパー細菌が3秒ごとに1人を殺すかもしれない」と発表するなど、その危険性が叫ばれています。そんな中、微少重力で二酸化炭素

    1: しじみ ★ 2018/11/12(月) 22:43:07.40 ID:CAP_USER 福井県小浜市の若狭高校が宇宙食として開発に取り組んできた「サバ醤油味付け缶詰」が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙日本食に選ばれることが、11月6日までに決まった。これまでJAXAが認証した宇宙

    1: 野良ハムスター ★ 2018/11/07(水) 12:34:43.77 ID:CAP_USER 【11月7日 AFP】観測史上初めて太陽系外から飛来した小惑星と2017年に認定された「オウムアムア(Oumuamua)」について、米ハーバード大学(Harvard University)の研究者らが今週、地球外生命体(エイリアン

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 16:18:49.86 ID:CAP_USER マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が新しく公開した研究論文が、地球外知的生命体に対して「人類はここにいるよ」と伝えるためのビーコンとして既存のレーザー技術を使うことを提案しています。 E.T., we’re

    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 14:00:17.69 ID:CAP_USER ■半年間の宇宙滞在から戻って7カ月後も髄液減らず、脳の一部の組織が減少  人間の体は、重力の中でうまく働くように進化してきた。無重力下では、地上と同じようには機能しない。体液が頭のほうに上ることから、D

    1: しじみ ★ 2018/10/29(月) 13:35:08.45 ID:CAP_USER 人類は1969年に打ち上げられたアポロ11号によって初めての月面着陸を果たし、その後も数回の月面着陸を実現させてきました。予算などの問題もあり、1972年に打ち上げられたアポロ17号を最後に人類は月面への着陸を行

    1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 23:29:50.86 ID:CAP_USER 人類にとってまだまだ未知の領域である「宇宙空間で長く生活する」ことで生じるさまざまな人体への影響が徐々に明らかになっています。NASAの資金提供を受けて行われた研究では、地球を離れた深宇宙に長時間滞在する

    1: 野良ハムスター ★ 2018/09/21(金) 11:52:27.48 ID:CAP_USER 米航空宇宙局(NASA)の専門家らが、国際会議「欧州神経科学会フォーラム(FENS2018)」における報告の中で、長期にわたる宇宙旅行に対する人間の脳による反応を研究した成果を発表した。この研

    1: しじみ ★ 2018/08/29(水) 15:33:27.41 ID:CAP_USER NASAとテキサス大学が、人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号のミッション時にやりとりされた膨大な通信データをデジタル化するというプロジェクトを行いました。プロジェクトではなんと1万9000時間分もの音声デー

    1: しじみ ★ 2018/09/07(金) 16:26:05.46 ID:CAP_USER 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となって

    1: しじみ ★ 2018/08/31(金) 14:34:55.82 ID:CAP_USER 米航空宇宙局(NASA)は30日、国際宇宙ステーション(ISS)で石の衝突によるものとみられる空気漏れがあり、滞在中の宇宙飛行士が対処していると発表した。 ISSは地球の上空約400キロに位置する。空気漏れの原因は

    このページのトップヘ