カテゴリ:宇宙科学 > 天体物理学

    1: しじみ ★ 2018/10/17(水) 22:37:23.49 ID:CAP_USER 1670年7月、はくちょう座の頭のあたりに突然、北斗七星の星々と同じくらい明るい新天体が出現した。この天体は徐々に暗くなった後に再増光し、さらにその後は肉眼で見えないほど暗くなった。現在この位置にはコンパク

    1: しじみ ★ 2018/10/19(金) 15:40:36.14 ID:CAP_USER オーストラリアの電波望遠鏡で「高速電波バースト」と呼ばれる謎の現象が新たに20件観測された。この現象の検出例が一気に約2倍に増える成果だ。 【2018年10月18日 国際電波天文学研究センター】 高速電波バース

    1: しじみ ★ 2018/09/25(火) 11:50:55.58 ID:CAP_USER 宇宙にはまだまだ解き明かされていない謎が多く、その最たる例が人間の目には見えないダークマターであるといえます。しかしその一方で、人間の「目に見えている物質」に関しても人類が把握できているのは全体の6割程

    1: しじみ ★ 2018/09/20(木) 12:20:01.91 ID:CAP_USER ■火山の成り立ちに新たな説明、だがエネルギー源はいまだ不明 準惑星ケレスは、火星と木星の間の小惑星帯にある最大の天体だ。この星で氷を噴き出す火山が見つかったことがきっかけで、数多くの謎が浮かび上がっ

    1: しじみ ★ 2018/09/24(月) 12:00:49.12 ID:CAP_USER  生きものも存在せず、何も起こらない退屈な世界と思われがちな月。だが、遠目には静かに見えても、実際にはダイナミックな世界であることを忘れてはならない。わずかに存在する月の大気を観測したところ、月は電気

    1: しじみ ★ 2018/09/10(月) 16:19:43.59 ID:CAP_USER 地球が属する太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星に次ぐ第9の惑星「プラネット・ナイン」が存在していると考えられています。この惑星の存在自体はさまざまな観測データなどから90%以上

    このページのトップヘ