カテゴリ:宇宙科学 > 天体物理学

    1: しじみ ★ 2019/07/06(土) 01:22:05.53 ID:erbaRQjf9 カナダのウエスタン大学(ウエスタン・オンタリオ大学)は6月28日、初期の宇宙では恒星の超新星爆発を必要とせずに直接ブラックホールが形成されたとするShantanu Basu氏とArpan Das氏による研究結果を発表しました

    1: 一般国民 ★ 2019/07/03(水) 01:03:06.78 ID:CAP_USER 太陽系外から2017年に飛来し、地球に接近して再び遠ざかっていった葉巻型の天体はエイリアンの探査機ではなかった――。米ハワイ大などの国際チームは、極めて高速であまりに細長い奇妙な形が特徴の天体「オウム

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/06/06(木) 23:45:49.27 ID:F+9YDo+l9 小惑星が今年9月に地球に超接近します、そしてそれが地球に衝突する可能性はゼロではありません。 欧州宇宙機関(ESA)は、私たちの惑星に衝突する可能性がゼロではない、宇宙オブジェクトの上位10リストに

    1: みつを ★ 2019/06/05(水) 16:05:52.96 ID:gv9u5WFZ9 太陽黒点の数や太陽フレアといった太陽活動の周期は、長年の研究によっておよそ11年であることが知られています。そんな太陽活動の周期が、地球をはじめとする太陽系の惑星によって左右されていることを、ドレスデン

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/06(月) 05:23:55.25 ID:6WAmpotW9  月にはちょっと問題がある。それがどのように形成されたのか、本当のところは誰にもわからないのだ。 一番人気のある仮説は、原始の地球に火星くらいの大きさの天体が衝突したことが原因と提唱する、「ジャ

    1: しじみ ★ 2019/05/01(水) 10:10:20.42 ID:CAP_USER こちらの画像は、はくちょう座の方向およそ8,000光年先で「V404 Cygni」という連星を構成するブラックホールの想像図です。連星を成すもう一方の恒星(伴星)から流れ込んだ物質が、ブラックホールの周囲に降着円盤を

    1: 僕らなら ★ 2019/05/02(木) 20:42:50.91 ID:e7F1lHrX9 (CNN)米航空宇宙局(NASA)によると、「死の神」の名を持つ巨大小惑星が、2029年に地球に接近する。 この小惑星「99942アポフィス」は直径約335メートル。アポフィスの名は、太陽をのみ込

    1: みつを ★ 2019/04/19(金) 03:43:39.27 ID:3w5gQPy49  138億年前のビッグバンによって宇宙が誕生した際、その後の化学反応で生じた最初の分子イオンが、このほど研究者らによって宇宙空間で検出された。17日刊行の科学誌ネイチャーに掲載された論文が詳細を伝えて

    1: しじみ ★ 2019/02/25(月) 15:03:32.65 ID:CAP_USER (前略) ■1. 宇宙の果て=観測の限界 カリフォルニア工科大学物理学研究教授 。とりわけ量子力学、重力、宇宙論、統計力学、基礎物理の研究に従事。 (中略) わたしたちが観測できないところで宇宙は普

    1: しじみ ★ 2019/03/16(土) 14:50:44.14 ID:CAP_USER 地球に接近してくる小惑星を爆破して衝突を回避する――。そんなSF映画に出てくるような筋書きは、現実的には難しいかもしれないという研究結果がこのほど発表された。 ジョンズ・ホプキンズ大学とメリーランド

    1: しじみ ★ 2019/03/14(木) 00:09:15.96 ID:CAP_USER 太陽系では太陽を中心に、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星という8つの惑星が公転しています。一般的に私たちが住む地球に最も近い惑星は金星だと言われていて、NASAによる金星の紹介ページでも「

    1: しじみ ★ 2019/02/14(木) 04:44:01.76 ID:CAP_USER 現在の標準宇宙モデルでは、人体や惑星、恒星などを形作っている「普通の物質」(バリオン)は宇宙全体のエネルギーの数パーセントしか占めていないとされている。宇宙の全エネルギーの約4分の1は、重力は及ぼすものの

    1: 僕らなら ★ 2019/01/22(火) 21:53:49.17 ID:Abbk3vFW9 これまで、光速より速く移動できれば理論上はタイムトラブルも可能であるとする研究結果が報告されてきたりもしたのだが、光速移動の方法が問題だった。 SFで人気のあるアイデアは、ブラックホールを別次元や別

    1: ガーディス ★ 2019/01/13(日) 07:17:35.17 ID:HzgTQwyu9  約3億光年先の銀河にあるブラックホールは光の半分以上の速さで回転しているのがわかったと米マサチューセッツ工科大などの研究チームが10日、発表した。  ブラックホールが近くの星をのみ込むときに出

    1: みつを ★ 2019/01/11(金) 22:02:41.14 ID:W6BwsAfj9 (CNN) 地球からわずか6光年の距離で見つかったスーパーアース(巨大地球型惑星)について、研究者らが「原始的な生命の活動を可能にする」領域が存在するとの見解を示した。米国天文学会の会合で10日に発表

    1: しじみ ★ 2019/01/10(木) 18:20:19.74 ID:QIJRoZUE  カナダの天文学者チームが、太陽系がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)外部のはるか遠方から複数回にわたり連続的に放射された謎の電波を検出した。英科学誌ネイチャー(Nature)に9日、2件の研究論文が発表され

    1: しじみ ★ 2018/12/20(木) 17:13:39.59 ID:CAP_USER 地球への隕石衝突は恐竜の大量絶滅を引き起こしたと考えられており、その証拠となる「恐竜の大量絶滅を引き起こした巨大隕石の痕跡」がメキシコのユカタン半島に残っています。隕石の衝突は当時隆盛を極めていた恐竜

    1: しじみ ★ 2018/12/20(木) 16:51:49.55 ID:CAP_USER (CNN) 土星を取り巻く大きな環は、あと1億年もたたないうちに消滅してしまうかもしれない――。米航空宇宙局(NASA)の研究チームがこのほど、探査機「カッシーニ」の観測などをもとに、そんな説を発表した

    1: しじみ ★ 2018/12/07(金) 16:54:54.13 ID:CAP_USER これまでの宇宙理論では、宇宙に存在する5%のものしか説明することができず、残りの95%は目に見えず正体不明の「ダークマター(暗黒物質)」「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」であるとされています。新たな研究で

    1: しじみ ★ 2018/11/15(木) 14:22:42.35 ID:CAP_USER バーナード星は地球から約6光年の距離に位置し、ケンタウルス座アルファ星に次いで2番目に太陽系からの距離が近い恒星であることが知られています。そんなバーナード星には「周囲を公転する惑星が存在するのではない

    1: 野良ハムスター ★ 2018/11/21(水) 11:06:06.84 ID:CAP_USER (CNN) このほど発表された論文によると、地球は宇宙ハリケーンの直撃を受ける見通しだ。およそ100個の恒星が、大量の暗黒物質を伴って太陽系に接近している。それを食い止める術はない。 ただし、

    このページのトップヘ