カテゴリ:社会科学 > 医療社会学

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/11(火) 04:12:17.16 ID:XhzB73an9  イギリスで31歳の男性が、耳かきが原因で意識不明となり、病院に搬送されたと報じられた。実は、日本でも耳かきに関する別のトラブルが数多く報告されている。耳かきに潜む危険とは一体どういうものなのだ

    1: すらいむ ★ 2019/06/10(月) 15:35:52.38 ID:kTCbsx4/9 便秘だと労働生産性が低下 年間の損失、推計122万円  便秘の人は、便秘でない人よりも欠勤が多く、経済的損失は年間約122万円に相当する――。そんな推計を兵庫医科大学などの研究チームがまとめた。5

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/08(土) 14:43:22.85 ID:thGqdOKO9 一日でもいいから自宅に帰りたい。ふるさとをもう一度訪れたい-。 終末期のがん患者の願いをかなえるため、兵庫県芦屋市朝日ケ丘町の市立芦屋病院の緩和ケア病棟で、仮想現実(VR)の装置が活用されている

    1: みつを ★ 2019/06/01(土) 22:26:36.89 ID:jAJXQ+Jd9 (前略)  この呼吸困難は自然に、あるいは治療により軽快、治癒しますが、まれに死に至ることもあります。慢性的な炎症によって、気道は過敏な状態となっています。そこへ発作をおこす刺激が加わると、気道の平

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/01(土) 06:08:50.96 ID:VRNlYapy9 (前略) それでも、デトックスプランの誘惑を無視すべき理由がある。幸いなことに、人間の体には毒素を除去するシステムが組み込まれている。肝臓と腎臓は、血液から毒素を自然にろ過して排出してくれるの

    1: すらいむ ★ 2019/05/30(木) 18:05:09.84 ID:Ec1YESAI9 エボラ出血熱など1類感染症の病原体輸入方針 国立感染症研究所  国立感染症研究所は30日、エボラ出血熱など危険性が特に高い感染症の発生に備えるため、海外の研究機関から5種類の病気の原因ウイルスを輸入し

    1: サーバル ★ 2019/05/31(金) 17:15:13.59 ID:9oQqclGo9 「反ワクチン」を掲げ、漂白剤を「特効薬」として宣伝する動画コンテンツがYouTube上に多数存在する。 漂白剤が自閉症の治療薬になるという考えを最初に推奨したのは、過激思想の宗教団体のリーダー、ジム・ハ

    1: ガーディス ★ 2019/05/23(木) 12:20:56.08 ID:Rqe2e4sQ9 製パン最大手の山崎製パンが、今年3月26日、自社のウェブサイト上に〈「イーストフード、乳化剤不使用」等の強調表示について〉と題したページを公開した。当初は大きな話題になることはなかったが、そのページ

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/05/19(日) 18:01:30.74 ID:EKh4yi9z9 「近視が劇的に回復する」とあっという間に市民権を得たレーシック手術だが、相次ぐ事故やトラブルにより手術件数は2008年から2014年で9割減となった。 たびたび賛否両論が巻き起こるが、「トラブル事例は報

    1: 水星虫 ★ 2019/05/06(月) 07:34:20.86 ID:9QvODOXm9 学校で心停止になった子どもにAEDが使われたかどうかを調べたところ、小学生と中学生では男女差がなかったのに対して、高校生では女子生徒に使われる割合が3割ほど低くなることが、京都大学などの研究グループの

    1: プティフランスパン ★ 2019/04/29(月) 08:57:28.83 ID:aYmAfsk29 全国の救急医療の現場で、画像診断を行ったのに病気が見落とされるなどして治療につながらなかったケースが相次ぎ、去年までの3年間で合わせて12人の患者が死亡していたことがわかりました。 医療事

    1: みつを ★ 2019/04/27(土) 03:32:25.92 ID:LTEpOg/W9 首都高速、鉛中毒リスク 労働者の2割検出 東京の診療所  首都高速道路の塗装工事などに携わり、健康診断を受けた労働者170人のうち、2割近くに当たる31人の血液から、鉛中毒の発症リスクが高まる濃度の鉛が検出さ

    1: みつを ★ 2019/04/23(火) 17:09:59.24 ID:0SiVt+2B9  偏った情報に偏りがちになるインスタの医療情報。問題打開に立ち上がった医療者たちの発見と医師と患者の新たな関係。私たちが偽医療情報を見分ける方法とは。 *  *  *  子育てをしている親たちは日々

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/04/06(土) 16:51:38.03 ID:ixaC3KL59 春の有毒植物に要注意 スイセンとニラ誤り食中毒、死亡例も  秋田市で今月、有毒のスイセンがニラと誤って販売され、購入して 口にした市内の60代女性が食中毒を発症した。有毒植物による

    1: 僕らなら ★ 2019/04/03(水) 23:20:48.06 ID:m4VdvXN99  大阪府寝屋川市の病院で2017年11月、男性患者の静脈からカテーテルのワイヤを抜き忘れ、転院先でワイヤが心臓を貫通して男性が死亡していたことが3日、関係者への取材で分かった。府警は業務上過失致死の疑いで

    1: シャチ ★ 2019/04/02(火) 15:37:09.85 ID:BbZpmCTg9   味の素<2802.T>が「うま味調味料」の誤解の解消に向け、手応えを感じている。きっかけは2018年9月に米国で開催したイベントで、同社がモニターしている食の分野における影響力のある人の認識に変化の兆し

    1: しじみ ★ 2019/04/01(月) 18:14:06.55 ID:CAP_USER 多くの手術で感染症を防ぐ第一選択として使われる抗菌薬「セファゾリン」が品薄になり、医療現場に影響が出始めている。国内シェア約6割を占める日医工(富山市)の供給が止まり、再開のめどがたっていないためだ。

    1: しじみ ★ 2019/03/24(日) 14:38:19.07 ID:CAP_USER 高齢化社会に伴って、失った歯の代わりに、人工の歯根を埋め込むインプラント治療が普及する一方、「高い治療費を支払ったのに、手術直後から1年たっても痛みが取れない」とか、「余計な骨まで割られて、出血が止まら

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/03/22(金) 17:25:32.45 ID:/I45d5u29 脳の血管が詰まることで起きる脳梗塞について、日本脳卒中学会は、初期の患者には高い効果があるとされる「t-PA」療法と呼ばれる血栓を溶かす治療をより多くの患者が受けられるよう、治療の指針を変更しまし

    1: みなみ ★ 2019/03/20(水) 18:58:58.81 ID:iAULI4ri9 《4剤以上飲まされている患者は、医学の知識が及ばない危険な状態にある》。これはアメリカの医師が新人ドクターに向けて医師が持つべき心得を書いた『ドクターズルール425 医師の心得集』という本からの抜粋だ。

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/19(火) 13:09:53.28 ID:LBxUezGW9 ◆ アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから 糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリ

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/19(火) 11:08:50.55 ID:LBxUezGW9 健康になろうとするがあまり、自らの血管にフルーツジュースを直接注入した女性が中国で話題になっている。 複数の現地メディアが報じた。 中国では、高齢化などを背景に健康に気を使う人も多くなっていて

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/03/18(月) 10:51:52.90 ID:f68IIKME9 (前略) ◆「混んでいて人気=良い歯医者」ではない 「いつも待合室が混んでいる歯科医院は、良い治療をしているはず」――多くの人が陥りやすい誤解だ。  これまでの取材経験では、誠実な歯科医ほど予約の患

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/03/18(月) 06:23:40.76 ID:f68IIKME9  大災害時に、膨大な傷病者の中から治療の優先順位を判断する「トリアージ」で、ミスがあったら――。東日本大震災で亡くなった被災者の遺族が病院を提訴した。トリアージに特別な免責規定はなく、法的整備を検

    1: しじみ ★ 2019/03/17(日) 15:38:18.76 ID:CAP_USER まだ生きている状態の人間の脳に化学処理を施し、何百年も保管できるようにするサービスを計画しているスタートアップ企業がある。将来の科学の進歩により保存した脳から情報を復元できるようになれば、コンピュータ

    このページのトップヘ