カテゴリ:物理学 > 電気工学

    1: 一般国民 ★ 2019/07/09(火) 02:04:45.74 ID:CAP_USER 「古代ギリシャの科学者であるアルキメデスが凹面鏡で太陽光を集めて敵艦を焼き払った」という伝説がある通り、光学の歴史の始まりは2000年以上前に遡ります。そんな光学の歴史上で人類が2000年以上も解決できなかっ

    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/02(火) 21:53:08.99 ID:ep7pdAJE9 鼓動も認証される時代が到来しつつあります。近年は顔認証や歩容認証(歩き方のクセで個人を特定する)による監視技術が開発されたことで、素性を隠して世を出歩くことがますます難しくなってきています。です

    1: みんと ★ 2019/06/25(火) 05:54:05.45 ID:V0izuYZK9 スーパーコンピューターの性能に関する最新の世界ランキングが発表され、単純な計算速度を競うランキングでアメリカが3期連続で1位となりました。日本は8位が最高でしたが、省エネ性能とビッグデータの処理性能の

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/23(日) 21:14:58.91 ID:uxbrcZz39 NECは21日、顔認証の新技術を開発したと発表した。マスクやサングラスなどを装着した場合でも、事前に登録した画像データと照合し、本人かどうかを高精度で識別できる。駅の自動改札や公共施設のセキュリティーゲート

    1: ガーディス ★ 2019/06/22(土) 10:22:51.18 ID:cq6s4wqG9  気象庁と防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、東日本沖や紀伊半島沖に設置した海底地震計の観測網を活用し、地震発生から緊急地震速報を発表するまでの時間を27日正午から短縮すると21日発表した。宮城県

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/18(火) 08:00:23.00 ID:jfL+hF7x9  強力な磁石は、科学や医療の分野で重宝します。 新たな論文によりますと、このたび科学者たちが、もっとも強い連続磁場の記録を破ることに成功したのだそうです。 ■前のモデルから超小型化に成功 実験

    1: Hikaru ★ 2019/06/17(月) 17:39:09.37 ID:cnCTlcLb9  東京大は、部屋中どこでもワイヤレス充電できるシステムを開発し、17日に実証用の部屋を公開した。スマートフォンの充電や照明の点灯などが部屋のどこにいても可能で、将来的には「電池が切れないIoT(モノの

    1: 一般国民 ★ 2019/06/14(金) 02:41:23.47 ID:CAP_USER  自然科学研究機構核融合科学研究所は核融合条件の1つであるイオン温度で1億2000万度を維持したまま、電子温度を従来の1.5倍となる6400万度に上昇させたプラズマの生成に成功したと、2019年6月10日に発表した。将

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/07(金) 18:08:34.51 ID:3CLiSWrK9  JR東日本は、水素をエネルギー源とする燃料電池車両=イメージ図=を新造し、二〇二一年度中に、川崎、横浜市内を走るJR鶴見線などで実証試験を始める。営業路線での試験は日本の鉄道では初

    1: シャチ ★ 2019/06/06(木) 16:43:35.72 ID:Sfbqg45x9 お金の神様として知られる岐阜県高山市堀端町の黄金(おうごん)神社は5日、電子マネーでさい銭やお守りの購入を受け付けるシステムを導入した。同神社によると、県内神社での電子マネー導入は初。 同神社は飛騨護

    1: ばーど ★ 2019/06/01(土) 12:49:06.70 ID:W0ffvNnc9  NECは31日、顔認証技術を用いた空港での搭乗手続きシステムを報道陣に公開した。パスポートと搭乗券を提示するチェックインの際、利用客の同意が得られれば、専用機械が顔写真を撮影・登録。その後の搭乗ゲー

    1: Hikaru ★ 2019/05/28(火) 18:37:48.92 ID:KrWLKOjN9 人の体を構成するたんぱく質や脂質などの種類や構造を詳しく分析する世界最小の分析装置を、京都市の島津製作所が開発したと発表しました。 ノーベル化学賞の受賞者で島津製作所の研究所の所長を務める田中耕一さ

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/24(金) 01:40:39.52 ID:Ik9pS1fo9  軽くて薄く、曲げられるフィルム状の次世代太陽電池を大型化させるための技術を開発したと、京都大などのグループが23日発表した。災害時の避難用テントに取り付けるなどどこでも使える電力源として応用が

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/17(金) 23:42:56.14 ID:/cc4/7kk9 ◆ 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材 東大が発見 東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ電極材料を発見した。X線

    1: すらいむ ★ 2019/05/16(木) 12:16:30.90 ID:n3XnK8F59  本物に見た目がよく似たハチミツの「偽物」が出回っているのをご存じだろうか。ミツバチ研究者の高橋純一・京都産業大准教授(44)は、人工的に作られた偽ハチミツを見破る方法を開発した。  天然由来で健

    1: みんと ★ 2019/05/14(火) 20:39:15.36 ID:yqTZBSpR9 かつて世界一の計算速度を誇った日本のスーパーコンピューター「京」を超える性能を持つ後継機の製造がことし3月から始まっていて、14日、主要な部品が公開されました。 「京」の後継機となる新しいスーパーコン

    1: レバニラ炒め ★ 2019/05/11(土) 10:49:21.23 ID:2e5daelX9 (前略)  セコム、AGC、ディー・エヌ・エー(DeNA)、NTTドコモは4月25日、バーチャルキャラクターを活用した警備システムの試作機を開発したと発表した。 各種センサーを搭載するミラーディスプレイに表示

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/05(日) 09:36:43.29 ID:r0+X21Ub9 ◆ 水素液化技術「磁気冷凍」実用化へ 日本の材料研究、底力に期待 水素を冷やして液化する。水素をエネルギーキャリアや燃料として使う水素社会では不可欠になる技術だ。だが30年近く、液化の原理

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/04(土) 18:35:12.86 ID:poGdK1sM9  50人から成るチームによって軍の要請を受けて3か月間でプロトタイプとして製造されたライフル取り付け型光線銃は、国産自動小銃MPT-76に取り付けての使用が可能である。 イスタンブール県で開催された国際

    1: しじみ ★ 2019/04/22(月) 19:10:39.43 ID:CAP_USER クラウドファンディングサイト「Makuake」で断線してもハサミ1本で復活するUSBケーブル「RenewCable」が注目を集めている。Lightning、Micro USB、USB Type-Cの3種類があり、支援はケーブル1本の2250円から(税、送料

    1: 水星虫 ★ 2019/04/14(日) 07:07:57.13 ID:RHN20tgh9 酪農が盛んな道東の別海町で発酵させた牧草から発生するメタンガスを燃やして発電する「バイオガス発電所」が今月から稼働を始めました。 このバイオガス発電所は地元の建設会社が中心となり設立した運営会社がお

    1: しじみ ★ 2019/04/13(土) 05:23:42.32 ID:CAP_USER 2019年4月2日(現地時間)、アメリカ上院で開かれた陸軍近代化に関するヒアリングで、陸軍の将来計画などを担当するG-8の責任者、ジェームス・F・パスカレット中将は、開発中の新しい双眼鏡型暗視ゴーグル「ENVG-B(E

    1: ばーど ★ 2019/04/10(水) 14:05:49.09 ID:KmN8ZOz19 (前略)カセットテープの規格がつくられたのは1962年です。その後、開発したフィリップス社が基本特許を無償公開したことから、爆発的に世に出回るようになりました。マクセルは1966年から製造を開始。日本でのカセ

    1: 水星虫 ★ 2019/04/09(火) 09:57:07.14 ID:mDPwVcOc9 東京オリンピックなどを控えテロを封じ込めるための新たな対策です。 海外で小型無人機=ドローンを使った事件が起きていることから警察庁は妨害電波を使って違法なドローンの動きを止めることができる最新の機材を

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/04/09(火) 14:45:04.96 ID:nsyVRuKE9 米軍は、AR機能を備えた暗視ゴーグルを開発しています。 (中略) 究極の歩兵間連携 プロトタイプ機は、ペンタゴンが統合型視覚増強システム(IVAS)と呼んでいるもので、これは彼らが互いに連携し合う

    1: しじみ ★ 2019/03/28(木) 06:11:08.39 ID:CAP_USER (前略) 自分や誰かの声を任意に変化させることを「音声モーフィング」と呼び、いまAI技術をこの分野に応用しようという取り組みが盛んになっている。 そしてModulateがこのサービスを実現するのに活用したのが

    1: しじみ ★ 2019/03/27(水) 19:55:33.32 ID:CAP_USER 中国航天科工集団第三研究院は、準宇宙空間を飛行するソーラードローンをベースに、空中ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)を構築する飛雲プロジェクトを打ち出した。これにより、地上と海上のユーザーに対する大

    このページのトップヘ