カテゴリ: 地球科学

    1: しじみ ★ 2018/12/12(水) 19:10:22.34 ID:CAP_USER 【12月12日 AFP】海底をおよそ2500メートル掘り下げた地下に、数十万年から数百万年にもわたって存在してきた可能性のある微生物を含む、広大な「生命体の森」が存在するという発見が米ワシントンで開かれた米国地球

    1: 野良ハムスター ★ 2018/12/05(水) 15:31:29.71 ID:CAP_USER 11月11日の朝、世界時(UT)で9:30になる直前に、謎の地震が世界を駆け巡った。 その地震は、アフリカ大陸の東海岸とマダガスカルの北端とに挟まれる、仏領マヨット島の24キロメートルほど沖で発生した。

    1: しじみ ★ 2018/12/02(日) 01:06:51.20 ID:CAP_USER 一般的にウイルスといえば非常に小さいサイズのものであると考えられていますが、2003年には研究者たちが「細菌と同じほど巨大で1000を超えるほど多くの遺伝子を持っている巨大ウイルス」を発見したことで、従来のウ

    1: しじみ ★ 2018/10/19(金) 15:36:52.31 ID:CAP_USER  エルニーニョ・南方振動(ENSO)とは、太平洋赤道・熱帯域において、東風が弱まり東部赤道太平洋の水温が上昇するエルニーニョと、反対に東風が弱まり東部太平洋の水温が低下するラニーニャが、不規則に数年の間隔

    1: しじみ ★ 2018/11/15(木) 19:20:47.49 ID:CAP_USER  9月に関西地方などを襲った台風21号で、関西空港などがある大阪湾南部の沿岸で発生した記録的な高潮は、海水の移動で海面の高さ(潮位)が急に上下する「副振動」と呼ばれる現象によってもたらされたことを、気

    1: しじみ ★ 2018/11/15(木) 14:37:21.14 ID:CAP_USER 【11月15日 AFP】 デンマーク自然史博物館(Natural History Museum of Denmark)などの研究チームは14日、グリーンランドの氷河の下に直径約31キロのクレーターが見つかったと発表した。巨大な鉄隕石(いんせき)の

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 16:52:55.87 ID:CAP_USER 近い将来に発生する可能性が高い南海トラフ地震について、気象庁は7日、「先月から今月にかけて紀伊半島から四国で相次いでいる最大マグニチュード(M)5.4の地震は、フィリピン海プレートが沈み込む境界内で発生した

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 16:20:01.01 ID:CAP_USER  富士山西側で約2500年前に未知の噴火が2回あったとする研究結果を、秋田大と東京大、国立研究開発法人・産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究グループが発表した。本栖湖の地層を基に2000年以上前

    1: しじみ ★ 2018/10/15(月) 11:58:06.48 ID:CAP_USER 海洋研究開発機構(以下、JAMSTEC)は、国際深海科学掘削計画(IODP)の一環として、地球深部探査船「ちきゅう」によるIODP第358次研究航海「南海トラフ地震発生帯掘削計画:プレート境界断層に向けた超深度掘削」の実施を

    1: しじみ ★ 2018/11/02(金) 23:42:29.63 ID:CAP_USER ■25万年前の子育てから厳しい冬の過ごし方まで、歯の分析で  ターニャ・スミス氏は、まるで本を読むように歯を読む。  歯を構成する各層には、食べものから病気まで、さまざまな情報が刻まれている。オース

    1: しじみ ★ 2018/10/26(金) 19:12:12.26 ID:CAP_USER 江戸時代の1771年に起きた「八重山巨大津波」の原因は大規模な海底地滑りだった可能性が高い―。このような解析結果を、産業技術総合研究所(産総研)などの共同研究グループがこのほど発表した。八重山巨大津波は石

    1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 19:39:35.54 ID:CAP_USER (CNN) ポーランドで数年前に発見された同国最古の人骨は、巨大な鳥の餌にされたネアンデルタール人の子どもの骨だったことが、人類学研究チームの調査で明らかになった。ポーランド科学・高等教育省が発表した。

    1: しじみ ★ 2018/10/06(土) 13:35:38.68 ID:CAP_USER  サメの歯の痕がついた翼竜の骨の化石が発見された。8300万年前のもので、かまれた翼竜はプテラノドン。かんだのはスクアリコラックスという古代のサメのようだ。  化石は2014年、米国アラバマ州にある化石サイ

    1: しじみ ★ 2018/09/28(金) 10:57:51.83 ID:CAP_USER 【9月26日 AFP】 世界一大きな鳥をめぐって1世紀以上続いていた論争にようやく決着がついたようだ。科学者らが26日、研究論文を発表し、謎が解けたことを明らかにした。  巨大な飛べない鳥エピオルニス(象鳥)

    1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 14:01:14.34 ID:CAP_USER (CNN) 今から2億年前のジュラ紀初期に生息していた新種の恐竜の化石が、南アフリカで発見された。大型草食恐竜ブロントサウルスの仲間で、体重はおよそ11.8トンと、アフリカゾウの約2倍。南アフリカのウィ

    1: しじみ ★ 2018/09/24(月) 11:48:24.83 ID:CAP_USER ■5.7億年前の生物ディッキンソニアの化石から、なんとコレステロールが  エディアカラ生物群と呼ばれる、太古の奇妙な生物たちがいる。今から5億7000万年ほど前の浅い海に生息していたこのグニャグニャした生物

    1: しじみ ★ 2018/09/03(月) 13:57:15.41 ID:CAP_USER  地球のプレート運動は、すばらしい芸術作品を生み出している。地球に山と海があり、恐ろしい地震や激しい火山噴火があり、今この瞬間にも新しい陸地が誕生しているのは、プレート運動がずっと続いているからだ。

    1: しじみ ★ 2018/08/30(木) 03:37:40.95 ID:CAP_USER 今でこそ、地球上に存在しているヒト科の動物は我々しかいない(はず…ビッグフットなどの未確認生物を除けば)のだが、およそ20万年前まではいくつかのヒト属が競合していた。そして、生存競争に勝ったホモ・サピエ

    このページのトップヘ