カテゴリ: 生物学

    1: しじみ ★ 2019/04/20(土) 20:48:57.32 ID:CAP_USER テッポウエビは想像を絶する生きものだ。体長わずか数センチメートル。片方のハサミは分相応の大きさだが、もう片方のハサミは巨大で、それをすさまじい力で閉じることによって衝撃波を発生させ、獲物を気絶させる。

    1: しじみ ★ 2019/04/14(日) 19:48:31.33 ID:CAP_USER 東京工業大学のアレキシー・ジルベルト(Alexis Gilbert)助教らの研究チームは、天然ガス田で微生物にプロパンが代謝されていたことを発見した。大気へのプロパン放出量の推定など地球環境の影響評価に適用できると

    1: つつじヶ丘の総理大臣 ★ 2019/04/14(日) 02:11:57.94 ID:Grr5v/aK9 日光を浴びると皮膚に異常があらわれる「光線過敏症」の新たな原因を世界で初めて解明したと富山大学の研究チームが発表しました。 「光線過敏症」は日光に当たると、皮膚がかゆくなったり、赤くなっ

    1: @くコ:彡 ★ 2019/04/13(土) 00:11:56.97 ID:3dgGccrD9 この研究は、スウェーデンのアリカンテ大学とウプサラ大学が行った2週間に渡るゼブラフィッシュを使った研究結果によるもので、近くにライバルの雄の存在がある事で、雄の精子はより速く泳ぎ、一層競争的になると

    1: しじみ ★ 2019/04/13(土) 01:50:32.05 ID:CAP_USER 中国の研究チームが、ヒトの脳の発達において重要な役割を持つとされるマイクロセファリン(MCPH)遺伝子をアカゲザルの脳に移植する実験を行った。ヒト特有の知能の進化を洞察するのが目的で、研究論文が先月、中国

    1: プラチナカムイ ★ 2019/04/10(水) 04:31:18.75 ID:kk5dQ0iW9 軟骨細胞が増殖して骨が長く伸びる仕組みの一端を解明したと、京都大の市村敦彦特定助教らのグループが発表した。論文が10日、米科学誌電子版に掲載される。  グループは、生まれる直前のマウスの大腿(

    1: プラチナカムイ ★ 2019/04/05(金) 05:05:38.43 ID:lLBus7na9 皮膚の若さが維持され、やがて老化する仕組みをマウスの実験で解明したと、東京医科歯科大の西村栄美教授らが3日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。  表皮の幹細胞が真皮との間にある基底膜で競

    1: ガーディス ★ 2019/04/03(水) 21:15:46.28 ID:a3jIn7b59 (前略) 日本は水溶性天然ガスが豊富で、これは「かん水」と呼ばれる塩水にメタンが溶解した状態で地下に存在する。このかん水には海水の約2,000倍のヨウ素がヨウ化物イオンとして溶解しており、ヨウ化物イオ

    1: 樽悶 ★ 2019/03/23(土) 19:35:11.69 ID:msQV3JAo9  朝早い時間に起きるのが得意、また午前中のほうが勉強や仕事に集中できるという「朝型人間」か、その逆の「夜型人間」か。そのどちらになるかに影響を及ぼす遺伝子は、過去の研究で示された数よりずっと多いようだと

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/03/22(金) 21:49:23.44 ID:Fs1BS9S29 「培養肉ステーキ」へ一歩 日清食品、世界初の立体組織作製  牛の筋肉細胞を培養しサイコロステーキ状の組織をつくることに世界で初めて成功したと、日清食品ホールディングスと東京大の研

    1: 僕らなら ★ 2019/03/19(火) 20:54:07.30 ID:SrEm2e7N9 スイスのベルン芸術大学の研究チームは14日、チーズに24時間音楽を聞かせると味が濃くなり、その効果はモーツァルトよりもヒップホップのほうが高い可能性があるとの報告を発表した。 研究は昨年9月、音楽

    1: しじみ ★ 2019/03/19(火) 14:20:23.64 ID:CAP_USER 地磁気とは地球内部のコアによって発生している磁場のことであり、南極側がN極、北極側がS極となっています。いくつかの動物は地磁気を感知して利用することが知られていましたが、これまでのところ人間が磁場を感知

    1: しじみ ★ 2019/03/13(水) 23:55:20.98 ID:CAP_USER  東北大学は3月13日、口から飲み込める錠剤サイズの体温計を開発し、犬を使った実証実験に成功したと発表した。胃の通過時に胃酸で発電し、30分に1回のペースで腸内温度を計測。24時間以内に体外へ排出される。より

    1: 樽悶 ★ 2019/03/08(金) 01:34:11.34 ID:WrQRntGH9 全世界における死亡のうち実に1.4%が自殺による死亡だともいわれており、自殺は世界的に社会問題となっています。そんな自殺には精神疾患、特にうつ病との関連が指摘されているほか、親戚が自殺で死亡している人は自殺

    1: ばーど ★ 2019/03/06(水) 16:05:44.66 ID:Dk1TkDfn9  金大医学系と子どものこころの発達研究センターの研究グループは5日、「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが血中から脳内へ移行して働くことを突き止めたと発表した。脳内でオキシトシンは母性や人間関係の形

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/05(火) 18:05:37.16 ID:YLDy9AQZ9 ◆ 一切眠らずに生きていける動物は存在するのか?ハエやクラゲも眠ることが明らかに (中略) ペルージャ大学の細胞生物学者であるGigliola Grassi-Zucconi氏の研究によると、近代医学の分野で睡眠に

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 16:36:09.89 ID:eIj8T+1x9 iPS細胞から作った目の角膜の組織を、角膜が傷ついた患者に移植し、視力を回復させる大阪大学などの臨床研究が、国の部会で、条件付きで了承されました。iPS細胞を使った角膜の再生医療が国に了承されるのは初

    1: 次郎丸 ★ 2019/03/04(月) 21:20:13.01 ID:uqJjDGQT9  イギリスで、将来の髪への保険「ヘアバンク」が間もなく運用される。  ヘアバンクとは、 (1)頭皮から毛根を摘出し保管、 (2)必要な時に培養・増殖し、 (3)元気な髪の細胞を移植し再生する技術。 毛根

    1: ごまカンパチ ★ 2019/03/02(土) 20:25:23.20 ID:a1WBA+l89 数種類の主要なカンナビノイド(大麻に含まれる化合物)が、遺伝的に改変された酵母によって作り出されたことを報告する論文が、今週掲載される。この研究によって、大麻の栽培と無関係にいろいろな種類のカン

    1: しじみ ★ 2019/03/04(月) 13:13:34.95 ID:CAP_USER 動物の受精卵が成長した胚(はい)に、ヒトの細胞を注入した「動物性集合胚」の取り扱いについて、文部科学省は1日、より幅広い研究ができるように指針を改定した。禁じられていた動物性集合胚の動物への移植や、こ

    1: シャチ ★ 2019/03/01(金) 01:21:08.94 ID:QkI5I3D+9  光の波長を変換する機能を持った微粒子をマウスの目に注入し、本来は見えないはずの赤外線を目の中で可視光に変えて見られるようにしたと、中国科学技術大などのチームが28日、米科学誌セルに発表した。  人間

    1: 日本人 ★ 2019/02/24(日) 04:07:09.72 ID:6Rkqefrg9 極小の「マイクロチップ」を埋め込んだ手をかざし、鍵の開け閉めをしたり、買い物の電子決済をしたり――。スマホすら不要な近未来の世界だが、決して架空の物語ではない。海外ではじわりと広がり、日本でも試す人が

    1: しじみ ★ 2019/02/24(日) 13:53:38.24 ID:CAP_USER 筑波大学などのグループは、スケトウダラのゼラチンを使って、手術用の接着剤を開発した。肺の切除手術を受けた傷跡に使うと、ヒトの血液から作った従来の接着剤よりも強度が強く、呼吸したときに空気が漏れないとい

    1: しじみ ★ 2019/02/24(日) 16:50:30.89 ID:CAP_USER ・中国の双子に行われたゲノム編集はHIV感染を防ぐだけでなく、超賢い人間を作る可能性。 ・マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ることで賢くなったり、脳卒中からの回復が早くなったりすることが報告。 ・遺伝子操作

    1: ごまカンパチ ★ 2019/02/22(金) 19:31:39.38 ID:Dbymhhnd9  老化によって増える特定のたんぱく質の働きを抑えることで、ショウジョウバエや線虫の寿命を延ばすことに成功したと、吉森保・大阪大教授(細胞生物学)らのチームが発表した。 このたんぱく質は人にもあり

    1: 次郎丸 ★ 2019/03/03(日) 14:32:26.05 ID:w8kOwHxJ9  鹿児島大学大学院の早坂央希大学院生(博士課程1年)らの研究チームが、メダカに緑色の光を当てながら飼育すると、メスからオスに換わるという実験結果を発表した。研究成果は、水産学部研究チームが論文としてまと

    1: しじみ ★ 2019/02/20(水) 17:27:51.22 ID:CAP_USER 野外で運動したり遊んだりしていると、ちょっとした不注意がきっかけで擦り傷や切り傷を作ってしまうことがあります。傷が浅い場合は洗浄してドレッシング材で覆うという応急処置で十分対応できますが、皮下組織以下

    1: しじみ ★ 2019/02/20(水) 16:17:47.94 ID:CAP_USER マウスの脳を使った実験で、脳の組織が切断されていても1つのニューロンから別のニューロンへ、ワイヤレスに接続できる可能性が示されました。これまでに確認されていない全く新しい方法で脳がコミュニケーションを取

    このページのトップヘ