2019年03月

    1: 水星虫 ★ 2019/03/10(日) 06:59:08.51 ID:4sPI+Os99 南海トラフ巨大地震で津波が押し寄せるおそれがある愛知県豊川市の海岸近くに、 ポールの先端から煙や光を出すことで津波避難を呼びかける装置が 全国で初めて設置されることになりました。 豊川市御津町の臨海

    1: 水星虫 ★ 2019/03/09(土) 14:36:13.23 ID:qFYG8+5C9 自然界には存在しない青い色をした菊の花の標本が9日から一般に公開されるのを前に、 つくば市の筑波実験植物園で、報道向けの内覧会が開かれました。 9日から公開されるのは、自然界には存在しない青い色をし

    1: 水星虫 ★ 2019/03/08(金) 16:59:15.93 ID:EJqr64IS9 書類の箱や硬貨が入った袋を持ち運ぶ際の負担を軽減しようと、奈良市に本店のある南都銀行とその関連会社は、少ない力で重い物を持ち上げられる「パワーアシストスーツ」を導入しました。 南都銀行とその関連会社

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/08(金) 16:49:42.34 ID:k+rEQnAN9 中国の湖北省武漢に住む会社員の女性、シャオさん(30)は、つい最近インフルエンザにかかってその後、激しい咳の症状に悩まされていた。 インフルエンザが治ったあとも咳は直らず、10分続く咳に苦しめられ

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/08(金) 11:31:41.26 ID:LtZMhsz19 いくつかの顔認証システムが肌の色が濃い人を正確に識別することに苦労していることは既に知られていますが、新たに自動運転カーに搭載されている人工知能(AI)システムも同様の問題を抱えていることが明

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/08(金) 11:03:28.34 ID:LtZMhsz19  中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。 3月に入っ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/04(月) 14:14:55.57 ID:SVhu52JJ9 (前略) 地盤ネットホールディングスでは、独自に算出した「地盤安心スコア」の集計により、東京都区市町村(島しょ部を除く)の「いい地盤」ランキングを公表した。 ベスト3を見ると、1位は国分寺

    1: 樽悶 ★ 2019/03/08(金) 01:34:11.34 ID:WrQRntGH9 全世界における死亡のうち実に1.4%が自殺による死亡だともいわれており、自殺は世界的に社会問題となっています。そんな自殺には精神疾患、特にうつ病との関連が指摘されているほか、親戚が自殺で死亡している人は自殺

    1: 樽悶 ★ 2019/03/07(木) 20:06:29.26 ID:LIj1ocMY9 河南省洛陽市欒川県の龍泉洞遺跡から出土した骨器(撮影日不明、洛陽市文物考古研究院提供) 中国の考古学者の長年の努力により、河南省洛陽市の欒川(Luanchuan)県龍泉洞(Longquandong)遺跡で、灰じん1カ所と

    1: 水星虫 ★ 2019/03/07(木) 20:36:51.96 ID:pDrli8oC9 吉野杉に代表される県産木材の需要拡大につなげようと、奈良県森林技術センターなどは、 防音効果を高めることでマンションなど集合住宅の床材としての利用が期待できる新たな建材を開発しました。 新たに開発さ

    1: ばーど ★ 2019/03/07(木) 17:34:05.42 ID:qfQMb7K19 次世代電池の本命とされる「全固体電池」の実用化がいよいよ始まる。ただし電気自動車(EV)向けではなく、電子基板に表面実装される部品としてのスタートだ。多くが数ミリメートル角と小さいが、そのインパクトは小

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/07(木) 14:41:38.94 ID:eF47Ondb9 ◆ 熱交換器・配管「廃熱」が電力に NEC、鉄系材料を開発 NECは廃熱を電力に換える鉄系材料(鉄パイプ)を開発した。 熱の流れを電流に変換する。10度Cの温度差で1平方センチメートル当たり

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 05:57:21.64 ID:CAP_USER 多動性や衝動性、不注意といった症状を特徴とする注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、学校の授業中にじっとしていられなかったり、仕事でうっかりミスが多かったりするといった行動を取りがちです。その一方でADHDの人は

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 05:43:25.07 ID:CAP_USER オーストラリアの複数の大学の研究者が、ディンゴは犬の仲間ではなく独自の種だとして、保全策についての見直しを求めた。  研究者ら20人は生物分類学の国際学術誌「Zootaxa」で5日に発表された論文で、ディンゴに

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 01:36:54.92 ID:CAP_USER うつ病や双極性障害といった精神疾患は、発症したほとんどの人に多大な負担を強いるのものであり、時には命を脅かすこともあります。「そんな精神疾患がなぜ進化の過程で人間から取り除かれなかったのか?」という疑

    1: みなみ ★ 2019/03/06(水) 19:18:29.54 ID:+yq8qR759 (前略)■用法・用量を守らないと、副作用の可能性も!「薬の効果や安全性は、臨床試験で用法や用量を検討したうえで承認されます。添付文書に記載された用法・用量は、有効性や安全性が確認されているものです。服

    1: 僕らなら ★ 2019/03/06(水) 21:08:48.70 ID:2qsWEN/99  子宮がなくても子どもを産みたい女性に、子宮を移植することをめざして、東京女子医科大の加藤容二郎助教(腎臓外科)らのグループが、サルでの子宮移植の動物実験を始めたことがわかった。将来的に人間で安全に

    1: ガーディス ★ 2019/03/06(水) 17:43:41.39 ID:HAr86jT59 地球から約50億キロ離れた太陽系の「果て」にある、半径約1キロの小さな天体を、国立天文台などのチームが発見した。  これらの天体は非常に小さく、巨大な望遠鏡を使っても暗すぎて直接観測できなかった

    1: ばーど ★ 2019/03/06(水) 16:05:44.66 ID:Dk1TkDfn9  金大医学系と子どものこころの発達研究センターの研究グループは5日、「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが血中から脳内へ移行して働くことを突き止めたと発表した。脳内でオキシトシンは母性や人間関係の形

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/12(火) 23:14:18.13 ID:00vEmSOF9  国立感染症研究所は12日、新しいインフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」に耐性を持つウイルスが、治療薬を服用していない患者から検出されたと発表した。 治療薬を使った患者の体内で増殖した耐性変

    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/05(火) 18:05:37.16 ID:YLDy9AQZ9 ◆ 一切眠らずに生きていける動物は存在するのか?ハエやクラゲも眠ることが明らかに (中略) ペルージャ大学の細胞生物学者であるGigliola Grassi-Zucconi氏の研究によると、近代医学の分野で睡眠に

    1: wisteria ★ 2019/03/05(火) 17:50:35.48 ID:r7ymmM109 小売りや宅配業界などの人手不足解消のためロボットを使った無人のコンビニが登場した。 流通や小売り業界向けの展示会でお披露目されたのは未来のコンビニ。巨大な自動販売機に見えるが、タッチパネルで欲しい

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 16:36:09.89 ID:eIj8T+1x9 iPS細胞から作った目の角膜の組織を、角膜が傷ついた患者に移植し、視力を回復させる大阪大学などの臨床研究が、国の部会で、条件付きで了承されました。iPS細胞を使った角膜の再生医療が国に了承されるのは初

    1: ばーど ★ 2019/03/05(火) 13:49:01.56 ID:yreRE//w9  英国やスペインなどの研究チームは5日、エイズウイルス(HIV)に感染した患者が「治った」と、英科学誌ネイチャーに報告した。2008年に報告されて以来、世界で2例目だという。いずれも別の病気の治療のた

    1: しじみ ★ 2019/03/05(火) 16:56:18.09 ID:CAP_USER ■動画 Giant Amazon Spider Preys on Opossum | Nat Geo Wild https://youtu.be/cuKfAFI19pg ■無脊椎動物が脊椎動物を襲う例を15件報告、最新研究 クモやムカデといった無脊椎動物は、思いのほか多く脊椎動物

    1: 次郎丸 ★ 2019/03/04(月) 21:20:13.01 ID:uqJjDGQT9  イギリスで、将来の髪への保険「ヘアバンク」が間もなく運用される。  ヘアバンクとは、 (1)頭皮から毛根を摘出し保管、 (2)必要な時に培養・増殖し、 (3)元気な髪の細胞を移植し再生する技術。 毛根

    1: 僕らなら ★ 2019/03/04(月) 17:34:29.94 ID:3xFtVNZe9 オーストリアとポルトガルの研究者らが子どもの誕生といった個人的な環境が寿命に及ぼす影響を調べたところ、親となった人たちの間では感染、ガン、心臓病による致死リスクや不幸な事態に巻き込まれたり、殺人、自

    このページのトップヘ