2018年11月

    1: しじみ ★ 2018/11/02(金) 23:45:40.30 ID:CAP_USER 大腸の端に位置する「虫垂」は、現代のヒトが生きる上で特に必要不可欠な器官とは考えられておらず、虫垂内で何らかの理由で細菌が繁殖して虫垂炎を引き起こすと、重症化する前に切除されることもあります。そんな虫

    1: しじみ ★ 2018/11/02(金) 23:42:29.63 ID:CAP_USER ■25万年前の子育てから厳しい冬の過ごし方まで、歯の分析で  ターニャ・スミス氏は、まるで本を読むように歯を読む。  歯を構成する各層には、食べものから病気まで、さまざまな情報が刻まれている。オース

    1: しじみ ★ 2018/11/02(金) 23:14:37.14 ID:CAP_USER <WHOは「発癌性が疑われる」と警告し、細胞への影響を示す研究も......携帯電話の発する電磁波の危険性とは> ティファニー・フランツが折り畳み式の携帯電話を初めて手に入れたのは16歳のとき。外出時には毎朝、

    1: しじみ ★ 2018/11/01(木) 12:48:02.58 ID:CAP_USER 遺伝子編集技術である「CRISPR/Cas9」は、事前にプログラミングしておくことで特定のDNAを切断できるため、遺伝子疾患の治療などに役立てられると注目を浴びています。そんなCRISPR/Cas9に使用する酵素であるCas9に対

    1: しじみ ★ 2018/09/14(金) 22:55:05.23 ID:CAP_USER ■犬や猫もできないミラーテストに合格、自己認識できる可能性示す  鏡に映った自分の顔に汚れがついていたら、ほとんど無意識のうちにぬぐい取ろうとするだろう。簡単なことのようだが、これができるのは人間以

    1: しじみ ★ 2018/11/01(木) 12:35:45.51 ID:CAP_USER  水深3200メートルの深海底を遠隔操作の無人探査機で調べていた科学者たちが、これまで誰も見たことのない驚きの光景に出くわした。  米国カリフォルニア沖にあるダビッドソン海山のふもとに突き出た岩場に、数

    1: しじみ ★ 2018/10/06(土) 13:40:21.12 ID:CAP_USER 地球から約8000光年の彼方で、「ケプラー1625b」という巨大惑星が、年老いた主星の周りを1地球年の公転周期で回っている。この惑星には旅の仲間がいるようだ。  科学者たちは、ケプラー1625bから見上げる空には、

    1: しじみ ★ 2018/10/16(火) 14:45:55.34 ID:CAP_USER 新潟大学の榎本隆之教授らの研究グループは、日本人女性に対する調査で、子宮頸がんワクチン(2価ワクチン)のヒトパピローマウイルス(HPV)16/18型感染予防に対する有効率が90%以上と高い数字を示したことを明らか

    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 15:28:37.72 ID:CAP_USER 「FGFBP3」という天然タンパク質を使った治療を18日間行ったマウスが、体内の脂肪の3分の1を減らすことに成功したと、アメリカのジョージタウンにあるがんセンター「Georgetown Lombardi Comprehensive Cancer Center

    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 14:00:17.69 ID:CAP_USER ■半年間の宇宙滞在から戻って7カ月後も髄液減らず、脳の一部の組織が減少  人間の体は、重力の中でうまく働くように進化してきた。無重力下では、地上と同じようには機能しない。体液が頭のほうに上ることから、D

    1: しじみ ★ 2018/10/29(月) 13:35:08.45 ID:CAP_USER 人類は1969年に打ち上げられたアポロ11号によって初めての月面着陸を果たし、その後も数回の月面着陸を実現させてきました。予算などの問題もあり、1972年に打ち上げられたアポロ17号を最後に人類は月面への着陸を行

    1: しじみ ★ 2018/10/29(月) 13:31:47.05 ID:CAP_USER ■人口増加で食料の確保が心配される中、新しい食材に注目が集まる  世界の人口は2050年までに90億人を超える。そのとき、必要となる食料は、現在の1.5倍。森林を伐採したり、工業型農業の用地を拡大したりせずに

    1: しじみ ★ 2018/10/28(日) 13:31:59.13 ID:CAP_USER  名古屋大学大学院工学研究科の新津葵一准教授らの研究グループは、世界最小クラスのコンタクトレンズ方式の血糖モニタリング装置の試作に成功した。  糖尿病治療や予防においては、患者自身が血糖値を持続的に

    1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 23:13:25.78 ID:CAP_USER 重力の大小で時間の進み方が異なるという物理学者アインシュタインの一般相対性理論を証明する実験を、東京大の香取秀俊教授(量子エレクトロニクス)らの研究チームが東京スカイツリー(東京都墨田区)で行う。香取

    1: しじみ ★ 2018/10/19(金) 14:25:14.02 ID:CAP_USER 水道水の水源となる貯水池での「カビ臭」について、神戸市水道局は原因となる植物プランクトンを分解する微生物が水草に密集していることを発見した。水質汚染や温暖化を背景に国内外で水源の臭いが問題になる中、身

    1: しじみ ★ 2018/10/24(水) 21:01:50.85 ID:CAP_USER  避けられない事態が明るみに出た。マイクロプラスチックはすでに鳥、魚、クジラの体内から発見されており、それが人間の中からも見つかったというのは、決して意外なことではない。具体的にどこから見つかったのか

    1: しじみ ★ 2018/10/26(金) 19:12:12.26 ID:CAP_USER 江戸時代の1771年に起きた「八重山巨大津波」の原因は大規模な海底地滑りだった可能性が高い―。このような解析結果を、産業技術総合研究所(産総研)などの共同研究グループがこのほど発表した。八重山巨大津波は石

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 22:25:03.64 ID:CAP_USER スカパーJSATは10月24日、視覚障害「ロービジョン」の人向けに放送視聴サービスを提供するための取り組みを始めたと発表した。超小型レーザープロジェクターを使い、映像を網膜に直接投影する技術を活用。一般の人も

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 19:11:42.06 ID:CAP_USER 「人間が賢い理由は大脳皮質が大きいためだ」という説明がよく行われますが、マサチューセッツ工科大学(MIT)のMark Harnett氏らによる研究で、大脳皮質の大きさ以外に「そもそもニューロンの振る舞いが他の動物とは異

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 13:26:58.20 ID:CAP_USER 海外の掲示板「4chan」での議論が、数学者を25年以上悩ませてきた「The Minimal Superpermutation Problem(最小超置換問題)」という難問を解決するかもしれないと、世界中の数学者から大きな関心を集めています。解決

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 02:08:17.41 ID:CAP_USER 中国が独自に開発を行っている衛星測位システムが「BeiDou(北斗衛星導航系統、BeiDou Navigation Satellite System)」です。中国はアメリカの衛星測位システムである全地球測位システム(GPS)に対抗して、BeiDouを2020

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 04:52:02.18 ID:CAP_USER もしあなたに出生届がなく、自分自身で感じる年齢がすべてだったとしたら、今のあなたは何歳だろうか。 身長や靴のサイズのように、この世に生まれてから何年たったのかは、変えようのない事実だ。しかし、誰もが

    このページのトップヘ