sunset-100367_640
1: しじみ ★ 2019/07/23(火) 06:31:03.91 ID:ZJM4dkte9
このほど新種として発表された小さな恐竜が、鳥が空を飛ぶようになった起源に一石を投じている。

 7月10日付けで学術誌「PeerJ」に発表された論文によると、この新種恐竜は「ヘスペロルニトイデス・ミエススレリ(Hesperornithoides miessleri)」。体長1メートルほどの羽毛恐竜。ヴェロキラプトルの仲間や鳥類を含む、原鳥類(Paraves)に属するという。

 この化石は、米国ワイオミング州とコロラド州を中心とする米国西部に広がるモリソン層という約1億5000万年前の地層から発掘された。ここはブラキオサウルス、ディプロドクス、ステゴサウルスなどの巨大恐竜の化石の産地として知られるが、そのなかで今回の恐竜は最も小さい。

(中略)

 今回の論文は、古生物学者たちをざわつかせている。というのも、論文の著者らはヘスペロルニトイデスについて、現生鳥類が、樹上から滑空する恐竜の直接の子孫でなく、地上で暮らす恐竜から進化したことを示す手がかりであると論じているからだ。
no title


■羽毛をまとった小さな殺し屋

 今回の化石が見つかったのは2001年、ワイオミング州で最大の竜脚類「スーパーサウルス」の化石を発掘している最中のことだった。全長約35メートルのスーパーサウルスの骨を掘り出そうとしていたシャベルが、偶然ヘスペロルニトイデスの化石の鼻の部分を貫いたのだ。

 当初、この化石は骨の小ささから翼竜(恐竜と同じ時代に生きていた空飛ぶ爬虫類)だと思われた。ところが、慎重に標本を作成すると、考えていた以上の発見だとわかった。

 標本は現在、ワイオミング恐竜センターに収蔵されていて、古生物学者の間では、2001年の発掘にボランティアとして参加したローリ・ホッケメイヤー氏にちなんで「ローリ」と呼ばれている。
no title

(以下略)

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071200408/
2: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:32:11.27 ID:rdegJK8G0
始祖鳥じゃないのか?

3: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:34:22.51 ID:Pe3ZGzaa0
>>2
始祖鳥とは、現生鳥類の祖先と思われた生物につけられた日本での俗称

14: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:42:15.05 ID:i5RiFIKz0
>>3
ドイツで見つかったあの有名な化石の種を指すのだと思ってた

17: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:47:38.47 ID:Pe3ZGzaa0
>>14
ベルリン標本と共に教科書に書かれてた事が多いから、普通はそうイメージするよね
あれはアーケオプテリクスで、アーケオプテリクス属を始祖鳥属と訳す事もあるくらい関連性は高い
でも俗称

5: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:38:02.40 ID:AzGtoPNQ0
モモンガのような滑空する翼竜からの進化じゃなくて、地上に羽毛生えたやつがいたってことか。

28: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:00:09.60 ID:YrpXWjdE0
>>5
羽毛だけならデフォでそこらの恐竜に生えまくってたってのが今時の定説ではなかったか

54: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:00:32.37 ID:xQqr5TEk0
>>5
体温調節のために発達したって説

343: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 14:53:04.87 ID:3kG+Nqr40
>>5
大きい恐竜だけじゃなく、小さな恐竜も居て 空を滑空するわけでもなく、地上で羽毛を生やしながら 小さな殺し屋をやってた小型恐竜も居たわけか

8: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:39:22.33 ID:Wy+eGp3O0
恐竜映画見るたびにフサフサになってる

31: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:02:46.82 ID:BQsxFfg00
>>8
おれたちとは大違いだな

306: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 13:55:19.60 ID:kv9X+zCu0
>>8
この10年で恐竜は爬虫類じゃなくて鳥類だとバレ始めたからね

362: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 18:23:14.64 ID:BMXUm2iu0
>>306
でも首長竜とか四つ足のやつは鳥とは全然違うように見える翼竜とかも
ほぼ鳥みたいで鳥として生き残ったってのは二足歩行してた種類に限るんじゃないの?

373: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 20:15:57.18 ID:lmU4hapm0
>>362
毛や羽で多かれ少なかれ覆われてたのが判明したのが親戚関係で鳥体系のティラノやラプター系のみ。色も今の鳥の様に様々だと考えられてる
トリケラ系やブロント系の表面は昔と同じくサイみたいな皮

399: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 11:40:59.34 ID:GV/tZ2S/0
>>306

鳥が爬虫類

13: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:41:54.83 ID:KqfXcHvE0
恐竜時代の最後には今の鳥みたいなのと今の爬虫類みたいのと両方いたんだろ

58: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:33:47.44 ID:v13mm08c0
なるほど
飛ばない鳥がダチョウなのではなくダチョウのくせに空飛んだ奴らが鳥なわけだな

164: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:46:00.54 ID:r//DMPv10
ダチョウは飛べないまま現在に至るトリなのか
それとも飛べてたんだが飛ぶのをやめたトリなのかどっちなんだ!?

168: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:47:17.29 ID:1l+Ba/rc0
>>164
飛ぶのをやめた

210: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:16:21.12 ID:3nX9L6hk0
>>164
ダチョウも飛べなくなった鳥というのが定説
平胸類が鳥類が飛べるようになる前に分岐したという主張は90年代ぐらいまで見かけたけど最近は見ない
平胸類より基部的な位置の飛べる鳥の化石がわんさか出てきてるからな

23: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:52:38.89 ID:WimSz9JI0
これティラノサウルスじゃん。
no title

39: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:09:55.52 ID:jqQDoYwv0
>>23
ティラノはもっとアゴがデカいし指2本

43: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:13:44.67 ID:tU1jxOPv0
>>39
手が腕が短かったとは言い切れない
大きな羽でそこだけ骨とは違う成分だから残ってないとも考えられる
あくまで残っている物を想像で組み立てただけであり、頭から尻尾が生えていない保証もない

44: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:18:41.20 ID:DAeFBm290
>>43
象の鼻みたいなのが付いていたかもしれないよな

29: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:00:27.22 ID:pfjv/HF+0
>>23
足幅25cmって小さいな
これに羽あったら普通の鳥だな

25: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:53:37.82 ID:WimSz9JI0
どうせティラノサウルスもこっちだったんだろ?
no title


ほとんどの恐竜は、単なる大きな鶏だったと

26: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:54:30.63 ID:Pt0zZvhw0
>>25
ティラノサウルス級にでかい鳥は脅威だよ

165: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:46:12.96 ID:YC3emz/80
>>25
鳥怖い

393: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 11:07:13.94 ID:fWLtArHa0
>>25
最近のティラノサウルス
no title


ちょっと前はこれ
no title

396: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 11:10:16.39 ID:40UUDjez0
>>393
どこかの肥満体のペットのインコ?

408: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 12:42:21.71 ID:fWLtArHa0
>>396
これ拾ったとこにペンギンの骨格もあったんだけど、
そりゃ恐竜もこうなるわなって思ったw

no title

410: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 12:49:27.79 ID:BLAWxsp+0
>>408
あのサイズでスズメのように羽毛で囲まれてると放熱に問題があるような気がする

412: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 13:04:32.10 ID:fWLtArHa0
>>410
あの時代って今より暑いんだっけ?寒いんだっけ?
寒いなら変温動物だし問題ない気がする

414: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 13:08:45.93 ID:1wd8IpLh0
>>412
平均気温は現代より10℃以上高かった
恐竜たちも温暖化で大騒ぎしていた

418: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 13:22:26.95 ID:2wscY4vt0
>>393
2016年のNHK「完全解剖ティラノサウルス」で作られた、
最新学説に基づくティラノサウルスがこれ。
no title

no title

この間のNHKスペシャルでも使い回されていたので、
今でもこれが最新なんだろう。

420: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 13:24:42.87 ID:zV5sVUxB0
>>418
何で色まで分かるんや

438: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 15:44:38.49 ID:N1Ot6Xt+0
>>420
羽根の化石を電子顕微鏡で見るとメラニン色素の形状が見れて、それを現在の鳥の羽根の色素と照らし合わせると色まで解読できる場合もあるらしい

439: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 15:53:36.20 ID:2wscY4vt0
>>438
まあ、それでも一部しかわからないから、大部分は想像だな。

19: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 06:49:20.79 ID:3l3xZqeh0
この先どんなに科学や分析技術が発達しても彼らがどんな求愛行動をとっていたかとかどんな鳴きかたをして敵を威嚇したかは永遠に解らないんだよなぁ
色だってイラストレーターの想像だし

447: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 19:29:03.23 ID:j3M83p7v0
>>19
色と模様は確認できる化石が見つかってる。
ストライプ柄とか頭部に赤い色素の痕跡があったり

449: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 19:41:37.63 ID:q0N5ps6e0
>>447
赤い色素の痕跡って、具体的にはどんな痕跡が化石に残るの?

452: 名無しさん@1周年 2019/07/24(水) 20:08:37.30 ID:cMwmlMqo0
>>449
シノサウロプテリクスの化石にフェオメラノソームが積層していると思われる化石が発見されたってやつだろう
でも、あれは赤褐色を含む色である可能性の指摘に過ぎない
色というものは混じると他の色になる
赤い色素か発見されたからといって赤とは限らない
現実に現在と鳥だってフェオメラノソームを持っていても様々な色の鳥がいる
カラスもウグイスもフェオメラノソームを持ってる

それにシノサウロプテリクスの色とTレックスの色は関連がない

30: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:00:41.13 ID:+kPspb+z0
進化って不思議
例えば俺が空を飛べるようになりたいと思っても子孫には何の変化もないはずだよね
何千・何万世代も飛びたいと思い続けないといけないわけよね
でも途中の連中って全く飛べないわけだから、途中で、あー、この進化の方向性無理だわーってDNAがならんもんなのかな

32: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:03:33.03 ID:nZ0qY2020
>>30
自然淘汰に関してはまだ納得できるんだけど、新しい形質が現れる事についてはねえ
ましてや新しい種の出現とか

183: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:55:48.21 ID:0glZur5N0
>>32
逆だよ
設計図を親から子にコピーする際、100%の完全さが保証されてない限り、新しい形質が
生まれるのはむしろ必然。そして自然界に100%完全なんて有り得ない

33: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:06:13.88 ID:YrpXWjdE0
>>32
突然変異は理解出来るが後世に形質が遺伝するメカニズムはホント不思議

36: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:08:33.20 ID:bxYNIeCb0
>>32
ランダムに変化して生き残ったやつが繋がるってだけでは?

110: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 09:50:03.47 ID:+kPspb+z0
>>36
でもそれだと性能の低い翼だとキウイみたいに翼なくす方向に戻ったりしそうだし飛べるまで進化し続けたのが不思議や
元々飛ぶためじゃなくて派手に広げてメスの気を引くための飾りだったのがたまたま飛行能力持ってしまったのかな

67: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:51:39.32 ID:goHrBSn00
小型恐竜は基本的に二足歩行で羽毛が生えていた
というのが今の定説だから、嘴以外は鳥と区別できない。
そういう鳥っぽい地上性動物は、走りながら跳躍し、羽毛の生えた前肢を補助に使って跳躍距離を延ばしたんだろう。
トビウオの地上版みたいなイメージ。
その中から滑空動物が生まれ、滑空動物が飛行動物に進化する
……というのは自然な流れに思える。

76: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:55:57.87 ID:wKn9LW6Y0
>>67
木登りしたり走ったりを繰り返してるうちに、
あれ、飛べるんじゃね?的な感じか

85: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 09:12:33.26 ID:D54plt1R0
>>76
まぁ、1mしか飛べない奴よりも2m飛べる奴のが生存に有利になるだろうしそれを繰り返すうちに何十kmまで距離が伸びたんだろうな

250: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 12:15:48.52 ID:MwBGXFO00
>>85
そういうのは、まだわかるんだけどね
「少しずつ能力が増進していった」って

他の生物に似てる生物とか、中間の生物が得するとは全く思えない

40: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 07:10:18.58 ID:vfn1Epp/0
いろんなテストケースがあって
より生存に有利な種が生き残っただけだろw

64: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:43:20.70 ID:QTRNdEK90
お前らかしこなんやろ?
なんで恐竜の中で鳥だけ生き残ったか教えろや

66: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:49:56.70 ID:lmU4hapm0
>>64
隕石による爆心災害地から一番遠くまで逃げられたのが飛べる恐竜だったから
歩くことしかできない図体でかい奴らは避難できずに全滅

68: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:52:10.57 ID:XC0QJKXW0
>>66
どこかへ逃げて生存出来た規模の災害か?

71: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:53:42.06 ID:lmU4hapm0
>>68
地球規模の災害だが遠くに逃げらるれるほど被害は少ない

296: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 13:36:27.77 ID:/8s/Fx7C0
>>68
厳しい環境だからこそ渡り能力が重要になった
飛翔能力の低い種はここで淘汰された

182: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:55:16.04 ID:jlsdAOnH0
ワニとかカメとかヘビとかトカゲが生き延びたのに鳥になった以外の小型恐竜や首長竜や翼竜もみな絶滅した
なぜだろう

no title

73: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:54:28.52 ID:i/zcYtMR0
>翼竜(恐竜と同じ時代に生きていた空飛ぶ爬虫類)

ええ。翼竜って恐竜じゃないの

75: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:55:44.25 ID:JZ9fvqVu0
>>73
海の方も恐竜じゃありません

79: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 08:59:18.16 ID:WNEdzm970
>>75
恐竜とひと括りにされがちだけど恐竜に爬虫類に両生類に魚類もいたというややこしさ

196: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:00:57.71 ID:nkYmwtEV0
ちょっとよくわからないのですが翼竜系と始祖鳥系は別系統???

199: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:04:22.71 ID:QjNH3QqR0
>>196
別です 翼竜はコウモリやモモンガみたく皮膜が成長して飛べるけど 鳥系はウロコ→羽毛が伸びて羽根になりました

128: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:15:05.01 ID:6SKXWN+20
空飛ぶ爬虫類って本当にいたのか?
体重すぎるだろ

139: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:24:18.27 ID:1l+Ba/rc0
>>128
翼竜は、空を飛んでいたには違いないという姿をしているが、翼の差し渡しが10mを越えるようなのの化石が出たりするのを見ると、昔は風の吹き方とかが違っていて、巨大なものを浮かせることができたのかと不思議には思う

204: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:10:46.46 ID:Yvcyohso0
翼竜って現代の生き物と何にも繋がってないんやね。

220: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:27:42.21 ID:jlsdAOnH0
no title

巨大翼竜は骨格が弱く筋肉も弱いので鳥のように羽ばたくことができない

海沿いの断崖からグライダーのように飛び出して上昇気流で高度上げて遠くまで行って海面すれすれを滑空しながらクチバシで魚を掬い上げて食う

もし海面に落ちたり、平地に着陸してしまうと二度と飛び上がれず餓死
本当に飛んでたのか、地上性だったのか、重力が今と違ったのか

239: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:57:28.21 ID:lmU4hapm0
>>220
基本的な生態はでかいカモメのペラゴルニスと同じだろうから気流に乗るまでの短時間であれば海からも地上からも飛び上がれたと考えるのが妥当

249: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 12:11:43.75 ID:jlsdAOnH0
>>239
no title

地上生活だったのではないか
翼膜は威嚇や交尾期のパフォーマンス用のほうが納得できる

253: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 12:17:46.87 ID:NxwtMRqu0
>>249
翼竜が飛ばないとすると、骨が中空構造になっていて軽量化されている理由がわからない
陸上で生活するなら、あんなスカスカの骨だと骨折リクスが大きい

116: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 09:56:38.88 ID:3nX9L6hk0
なんでこんな議論になっているかというと、地上走行から飛翔に進化したとするニューヨークの一派と、滑空から飛翔に進化したとする中国の一派が熾烈な論争を繰り広げているという背景がある
ただし、この標本は新しい時代にしか見られない特徴を持つわりに時代があまりに古すぎるので、産出層凖が本当にモリソン累層か、ってところから疑われてる
本当にジュラ紀後期のものならネイチャー、サイエンス級の発見だけど無名誌にしか載らなかったというのはそういうこと

125: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:09:52.64 ID:lmU4hapm0
>>116
基本的に鳥は走らずとも地面から直接ジャンプしてから飛ぶから
わざわざ木に登ってからの滑空しだしたはありえんと思う

130: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:16:01.44 ID:1l+Ba/rc0
>>125
地面から直接、上の方へ飛び立つよりは樹上から飛び降りるように滑空する方が容易
鳥でもないムササビでもできる

120: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:00:00.04 ID:MhAoMq2e0
走行から飛翔はあり得ない
理由はその利点がまったくないから
走れる場所があるなら走ったほうが早い

122: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:05:07.85 ID:qD/6HD4n0
>>120
水に浮かぶ同じカモ類でも淡水カモはそのまま飛び立てるけど海水カモは水面を滑走しないと飛び立てないんやで

145: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:32:51.86 ID:1l+Ba/rc0
滑空に比べて羽ばたき飛行は比較にならないくらい胸筋の力が要る
進化初期ではなかなか難しい

241: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 11:58:27.86 ID:FUy5q4mT0
結局は発見された化石を基に推測するしかないから通説はどんどん変わるんだよな
正解なところは全種類に近いくらい発見されないとわからないってことだ

127: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:12:15.34 ID:1QYMiigz0
最近は恐竜番組のCGに羽毛つけなくなってきたから良かったんだが
またトレンドに合わせてフサフサにするのやめろよな カッコ悪い

90: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 09:25:27.59 ID:nGru1p6S0
飛べない鳥はただの恐竜だ

102: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 09:42:45.49 ID:nScQoeZ60
ニワトリと恐竜って何処となく似てるよな

167: 名無しさん@1周年 2019/07/23(火) 10:46:34.92 ID:9xEyuLbs0
進化って面白いねえ。


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563831063/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    1. 1 名無しの賢者さん 2019年08月07日 23:03 id:InT19rdt0
      海だけど… 首長竜ってクジラみたいなモンだと思う
      あんな長ったらしい首なんて持ち上げる筋肉が大変だろうと
    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット