rome-2614952_640
1: しじみ ★ 2019/07/06(土) 02:18:48.55 ID:erbaRQjf9
コンクリートというと近代技術だと思いがちですが、実は古代ローマにも「ローマン・コンクリート」という建築材料が存在し、パンテオンやトラヤヌスの市場といった建築物で使われていました。現代のコンクリートの寿命は100年程度だと言われているところ、海中から見つかったコンクリートの構造物は実に2000年の年月に耐えたということで、「なぜこんなにも耐久性が高いのか?」と研究が進められていたところ、海水の腐食によって強度を上げるという仕組みだったということが最新の研究で発表されました。

New studies of ancient concrete could teach us to do as the Romans did
https://phys.org/news/2017-07-ancient-concrete-romans.html

Phillipsite and Al-tobermorite mineral cements produced through low-temperature water-rock reactions in Roman marine concrete | American Mineralogist
http://ammin.geoscienceworld.org/content/102/7/1435

ユタ大学の地質学者マリー・ジャクソン氏が行った研究によると、ローマン・コンクリートの結合力はその構造と海水に含まれるミネラルによるもので、コンクリートの隙間を海水が通り抜けることで、ミネラルの結合を強めるという構造とのこと。実際に、紀元後79年ごろにガイウス・プリニウス・セクンドゥスが記した「Naturalis Historia」という書物の中には、海水にさらすことで耐久性を上げることができるコンクリートの構造物について記されています。

(中略)

ジャクソン氏が調査を行ったところ、なぜこんなにもローマン・コンクリートの耐久性が高いのかという理由の1つは、骨材とモルタルの間のミネラルの連晶がヒビを防ぐということにあるとのこと。現代のコンクリートの骨材の表面は化学反応を起こさないので構造物が長くなるほどヒビが入りやすいのですが、ローマン・コンクリートは構造物に長さがあってもミネラルの連晶によってヒビが入りにくいのです。

また、2002年から2009年までに行われた別のプロジェクトにジャクソン氏らが参加したところ、海水につかったローマン・コンクリートのモルタルからアルミナトバモライトという珍しいミネラルを発見したとのこと。アルミナトバモライトはポゾラン反応によって石灰の粒子の中で結晶化されているのですが、もしアルミナトバモライトを人工的に作り出そうとすれば非常に高温の研究室を必要とし、しかも生成される物質はごく少量になってしまうので、ジャクソン氏は「アルミナトバモライトを作り出すのは非常に難しい」と語っています。

新たな研究でジャクソン氏らがミクロ回折やマイクロ蛍光分析といったさまざまな方法で調べたところ、アルミナトバモライトやフィリップサイトといったミネラルがパミスの粒子や孔から発見されました。これまでの研究結果を見たジャクソン氏らは、ポゾラン反応だけではコンクリートの寿命は限られているため、別の何かがコンクリートが完成してから100年後にも温度の低い環境でミネラルを成長させているはずだと考えていました。そして、今回の調査で、海水がコンクリート製の防波堤や桟橋を通り抜けることで火山灰の成分が溶け、ミネラルが成長したことを結論づけたというわけです。

(以下略)

http://gigazine.net/news/20170705-ancient-concrete/
2: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:20:04.57 ID:Bfnmdswn0
頭が良すぎだよな

50: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 04:56:15.06 ID:2E7+rPoz0
ローマは素晴らしい

11: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:29:33.88 ID:aPJ3ftPk0
石造りかと思いきや多くがコンクリートだもんな、ローマにはぶったまげた。

3: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:21:58.54 ID:YFENZBFu0
海砂使うと駄目なのに海水はいいんだ

30: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 03:10:43.97 ID:R6HW7fI40
>>3
海砂はコンクリよりも鉄筋の問題じゃなかったっけ?

139: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 08:07:46.79 ID:vLtz2ebY0
>>30
砂も水も同じだと思うが、鉄筋(塩害)だな。
環境省も海砂まで調べてなかったと思うけど、アルカリ骨材反応はどうかはわからんが。

144: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 10:52:13.49 ID:dKDWbhuj0
>>139
砂利、砂の単価とセメントの単価比べたら砂利が一番安いはずだぞ
コンクリートは混ぜる費用と運搬する費用が上乗せされるから高くなる
それでもセメント単独よりは安いよ

92: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 11:21:18.91 ID:8bOByBK10
>>3
コンクリートはカルシウムバインダー、ローマンコンクリートはジオポリマーでアルミニウムバインダー
固くなるメカニズムが違う

17: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:34:04.99 ID:oucpVJdT0
塩分を避けて鉄筋を入れる現代のコンクリートがいいのか、鉄筋をやめて海水を使うローマン・コンクリートにするのがいいのか。
ローマン・コンクリートに鉄筋の代わりに炭素繊維とか使えばいいのかな。

76: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 10:51:47.68 ID:1a7IckAD0
>>17
地震が少ない国なら鉄筋なくても大丈夫だよ。
というか日本の鉄筋コンクリートが異常。

167: 名無しさん@1周年 2019/07/09(火) 07:38:27.43 ID:CXHq+QuX0
>>17
コスト半端ないだろうなF1のボディですら何十億もするのに建物になったら半端ない

177: 名無しさん@1周年 2019/07/09(火) 09:50:24.22 ID:dIHiIMqI0
鉄筋コンクリートは100%リサイクルできるので実はエコ
石膏ボードや新建材の大部分は使い終わったら廃棄するしかない

136: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 06:56:55.00 ID:1HWqIiY+0
第二次大戦中に作られた防爆の建物が頑丈すぎて壊すのにもコストがかかり各地に残ったままになってるそうな。

14: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:31:13.12 ID:Us+CdBsl0
塩を引き立てる隠し味はひとつまみの砂糖
コンクリ練ってる所に角砂糖一つ放り込んでやるだけで劇的に効く

66: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 06:50:43.39 ID:mbyjc+af0
>>14
それは流石にやめて差し上げろww

111: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 14:28:37.72 ID:LMbGuq0n0
>>66
どうなるの?

117: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:49:31.52 ID:mbyjc+af0
>>111
砂糖入れたら生コンが固まらないのだ

18: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:35:58.19 ID:htLYFDy00
枯渇したダマスカス鉱といい当日のがいいのも少なくない。
バイオリンも日本刀も当日の名器を今の技術でも再現できないと聞く

34: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 03:22:44.20 ID:MfAWWIdB0
>>18
当時以上のものは現代の技術で作成可能
刀は耐久性も切れ味も上のものは作れるし、刃こぼれしにくいものだって作れる
カメラなんかは一部の懐古厨がアタタカサガーとか引き合いに出してフィルムを推すが、フィルムとデジタルから選ばせるとデジタルの方を選ぶ人が多いらしいね

ただしバイオリンは音の善し悪しなんてのは普遍ではないし、個人でも感じ方が違う
当時作られたバイオリンが人にとって一番心地よい音が出せるのかどうか、それが万人に対してなのかも含めて答えは出ない
ただ現代の技術ではバイオリンも相当いいのは作れる

40: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 03:39:55.77 ID:2JwaUup/0
>>34
バイオリンについては現代の技術で作れないのではなくて、作りたてのモノは音があまり良くないのよ。
木材の強度は腐食さえなければ作った後にどんどん上がっていく。
もちろん限界はあるしある程度(少なくとも数100年以上)過ぎるとまた徐々に劣化していく。
作ってから200年とか300年の楽器を現代風に改良したモノが銘器とされているのは今が旬だから。
おそらく今の楽器の中にも200年後の銘器はあるはず。

52: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 05:12:29.98 ID:BBGn5iQE0
>>34
同等以上のものを今の技術で作ることは可能でも「同じもの」を作るのはとても難しいてのはありそう
パーツから工具からワンオフで用意しないといけなそうだし

45: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 04:08:37.71 ID:VkUm0Xn+0
たまたまだと思うけどな

48: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 04:17:43.61 ID:Bb8ArrvI0
>>45
たまたまだろうね。火山性地域だってのが結果的によかった的な
将来的な強度なんて計算も想像もしようがないしね
でもエジプトの技術が基にあって科学を以てそれを発展させたわけで偶然な部分は否めないけど必然だったとは思う

19: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:37:03.04 ID:hv5WMnrH0
海水の腐食によって強度を上げるという仕組みだったということが最新の研究で発表されました。

海水で強度が上がる仕組みじゃなく海水でなぜか強度が上がったんやろ
だれが海に沈む前提でコンクリ作るねんあほか

21: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:44:12.42 ID:7xjMJ1WX0
ローマコンクリートの耐水性は以前なにかの番組で見たな
最新の材料工学にもひけをとらない凄い技術だとか

>>19
>実際に、紀元後79年ごろにガイウス・プリニウス・セクンドゥスが記した「Naturalis Historia」という書物の中には、海水にさらすことで耐久性を上げることができるコンクリートの構造物について記されています。

二千年前の人に論破されるとはなかなかやるじゃない

36: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 03:26:02.58 ID:HPBc9eTQ0
二千年前の文献にしっかり記録が残ってるっていう

39: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 03:37:37.14 ID:KKS+XsDF0
>>36
日本じゃ雷は天のお怒りじゃー!とか言ってた時代に雷のメカニズムについて把握してた文明だからな
それを衰退させたキリスト教も凄い

122: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 02:36:08.12 ID:0qBv0fcI0
ローマ遺跡をぶっこわしまくったキリスト教徒

81: 雲黒斎 2019/07/06(土) 11:11:35.52 ID:31I4EhVW0
腐食じゃなくて浸食では?

97: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 11:45:59.20 ID:3k0kB7bK0
>>81
原文ではcorrosionだから、それ自体の意味は「腐食」で間違いない。ただし、正確にはcorrosion-like process、腐食類似の過程により、と書かれている。

https://m.phys.org/news/2017-07-ancient-concrete-romans.html

99: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 11:48:39.76 ID:3k0kB7bK0
>>97への追記:
「浸食 erosion」は物理作用で、「腐食」は物理的な浸食によって引き起こされる化学反応と考えるのが妥当かと。

本件は、海水がコンクリートに浸食することによって起きる化学的な変化のことを、腐食類似反応と言ってると思われる。

114: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 19:22:05.59 ID:d+OD71o60
>>99
erosionは、金属材料工学で使ったというか習った単語だな。金属が、水素化したり錆びたりするときに使ったような気がする。

106: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 13:09:33.96 ID:n5sBk5uz0
コンクリートとモルタルとセメントの違いが分からない

139: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 08:07:46.79 ID:vLtz2ebY0
>>106
コンクリート:セメント+砂利+砂(+水) :強い。この中では一番高い
モルタル:セメント+砂(+水) :まぁまぁ強い。コンクリよりは安い
セメントペースト:セメント(+水) :そんなに強くない。材料少ないから安い

13: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:31:02.61 ID:5w/5jul90
ロストテクノロジー

16: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:32:57.65 ID:kP0qUm240
>>13
ローマンコンクリートは今でも作れるよ
固まるのが遅いけど

83: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 11:13:45.43 ID:Qqgz1vJz0
現在は長大構造物作る時はマスコンクリートだもんな
化学反応で水和熱が発生しないようにするのが基本だけど逆に化学反応を促進させる考え方か
堤防や防波堤やケーソンには良さそうだな

139: 名無しさん@1周年 2019/07/07(日) 08:07:46.79 ID:vLtz2ebY0
>>83
水和熱対策は微細ひび割れ防止でない?
無筋構造物には適用できるかもしれんけど初期ひび割れ対策は検討しないとバッキバキのひび割れ構造になりかねんぜ

7: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 02:26:39.35 ID:Z1LHPthr0
鉄筋コンクリートじゃ海水つかえないな


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562347128/

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット