1: ごまカンパチ ★ 2019/06/18(火) 23:39:27.76 ID:sAR9776D9
 チュウゴクオオサンショウウオはケガをした際に、皮膚のリンパ腺から白い粘液を分泌します。ある最新の研究で、この粘液から傷口を塞いで治癒を促進する素晴らしい医療用接着剤を生み出せることが明らかになりました。

(中略)

無縫合な代替手法が必要とされていますが、それらは強く粘着性があり、バイオフレンドリーで低コストかつ生産しやすいものでなくてはなりません。今も医療用接着剤はありますが、完璧からは程遠く、有毒性や弾性の乏しさ、損傷部位での過度の熱といった限界があります。

(中略)

歴史的な説明と論文の記述によれば、中国の人は1600年以上も前からこういった皮膚の分泌物を火傷などのケガの手当に使ってきたとか。2015年の研究は、その粘液には組織再生と免疫防御反応を引き起こす化合物といった望ましい特性が多く含まれていたと発見しています。

■採取した粘液はほぼそのまま使える
研究者らは新たな医療用接着剤を、「skin secretion of Andrias davidianus(チュウゴクオオサンショウウオの皮膚分泌物)」 あるいは単にSSADと名付けました。この生体接着剤を作るため、彼らはオオサンショウウオの皮膚を刺激して、分泌物を直接収集。凍結乾燥させてパウダー状にしたら、生理食塩水を加えることでジェル状の物質が作られます。著者らによればサンショウウオの粘液に異物は何にも加えられなかったとのこと。

ブタやネズミを対象にした実験では、このジェルがよく効いてうまく適応したと示されました。接着力は他の医療用接着剤よりもわずかに劣っていましたが、全体的に見れば広く使われている医療用接着剤よりもパフォーマンスが優れていたのです。科学者らはこのジェルを使うことで、出血している皮膚切開を30秒以内に塞ぐことに成功。創傷治癒にも貢献し、ほとんど傷あとも残りませんでした。

(以下略)

https://www.gizmodo.jp/2019/06/goo-from-giant-salamanders.html
640px-Velemlok_čínský_zoo_praha_1
by Petr Hamerník is licensed under CC BY-SA 4.0
138: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 18:04:41.88 ID:tDN+Bfvx0
30秒は凄い

91: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:35:58.33 ID:LHV18EvT0
合成できれば製品化できるな

16: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:46:39.36 ID:e0b5pT2t0
すごいな
未来の傷薬はねばねばだ

70: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:12:16.38 ID:MVTg+vz10
ハンザキって別名があるくらいだしなあ

40: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:55:58.15 ID:cSvhlgjv0
サンショウウオはどうなるんですか!

136: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 11:31:10.49 ID:w+VFFV4t0
カブトガニの血液採集プラントみたくなる

32: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:53:29.44 ID:T6c0QzOu0
逃げてぇぇぇ

26: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:51:37.11 ID:EPbYAQJo0
ヌタウナギのぬるぬるとは成分違うの?

119: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 02:21:06.75 ID:z4SYkyTJ0
>>26
あれはムチンで
涙にもその成分は入ってる

73: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:12:39.75 ID:q+9xiITI0
ガマの油・・・

78: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:17:21.41 ID:tVNSp8r00
>>73
ガマの油は?ヒキガエルの耳腺や皮膚腺の分泌物で強心性ステロイドを含む
乾燥したものは漢方薬で蟾酥(せんそ)

94: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:38:41.43 ID:TPEeNeFJ0
次は、ヒルに血を吸わせる気だな

114: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 01:11:15.75 ID:9X9ZeFDf0
>>94
もうやってる
ヒルジン(hirudin)という抗凝固薬
血栓の薬

18: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:47:09.17 ID:ALP/42Xd0
キレイに切断し直した指が生えるように研究してちょ

83: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:21:28.48 ID:pg70WyTh0
>>18
イモリは体の一部が欠損しても完璧に再生するんだよ
何か粉ね繰り回してイモリ人間になれれば可能かもしれないね

60: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:07:33.64 ID:Pc5TF/qk0
人類の科学も発展途上だし生物から得られる事多そうだな
クラゲの再生とかトカゲの再生力とか視力とか暗視力とか聴力とか
みんなでXmenになろう

57: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:05:58.55 ID:j/+COP040
鼠径ヘルニアで切った傷口が一年経っても綺麗にならない
なんとかしてくれ

45: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:58:49.88 ID:PBXtkwQu0
>中国では現在2000万匹以上のチュウゴクオオサンショウウオが家畜として存在して、食用や医療用のために養殖されているとのこと。

やっぱり喰ってるんだ・・・

50: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:01:18.60 ID:iTa1Dv/w0
>>45
日本でも昔は食用にしてる地域がいっぱいあったんやで、個体数が減って天然記念物になった

66: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:09:56.82 ID:tVNSp8r00
>>45
北大路魯山人も美味いって書いてる
日本のオオサンショウウオはきれいな水のところに住んでいて
食べてるものも清流に住む魚だから
味は両生類だけにフグとスッポンの中間の味だそう

51: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:02:00.20 ID:KGxkJf7C0
アロンアルファはよく利用するな
切りきずとかに

62: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:08:21.37 ID:ZjdWz4640
>>51
そーいや接着剤も使うよな。医療用で体に害がないやつらしい

81: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:19:25.12 ID:p6lTmqxc0
厚生大臣の承認を受けた医療用アロンアルファってあるしな。
ちなみに薬機法での分類は「高度管理医療機器」。

129: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 09:17:31.65 ID:qH831Dwu0
体表が他に比べて圧倒的に脆い両生類が生きていられるわけはヌルヌルが瞬時に傷口を塞ぐからってことか。

97: 名無しさん@1周年 2019/06/19(水) 00:40:54.40 ID:xUewe2YV0
普通の小さいサンショウウオもしっぽの方からベタベタしたやつ出すけど
オオサンショウウオの方がいっぱいネバネバが取れるんだろうね

42: 名無しさん@1周年 2019/06/18(火) 23:56:56.18 ID:Zgg5tgAk0
養殖せな


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560868767/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット