physics-362944_640
1: シャチ ★ 2019/06/08(土) 02:55:47.24 ID:zBW4NuRI9
 冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から、医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリウムの調達が難しくなっている。産業向けが優先され、後回しになりがちな研究機関は悲鳴を上げる。その中で大規模ユーザーの東京大学物性研究所は、使用分の9割以上を回収・再生する設備を持つ。ヘリウムを使用後に大気放出している企業に対し、研究所がリサイクルを手伝うことで“ヘリウム危機”を乗り越えられないか、検討に入った。

 ヘリウムは沸点がマイナス269度Cで全元素の中で最も低い。超電導材料などを液体ヘリウムに浸すと、蒸発熱などにより対象物は極低温に冷やされる。病院の磁気共鳴断層撮影装置(MRI)や量子コンピューターもこの特性を利用する。

 販売の半分程度を占める産業用は、不活性ガスとして光ファイバーや半導体製造に使われている。また水素の次に軽いガスとして気球にも使われる。

 ヘリウムの生産は地下の天然ガスから抽出する。世界生産の約6割を占める米国は戦略物資と位置付け、国外への販売を2021年に終了する。同じく生産の3割を占めるカタールは周辺国との国交断絶で船便の遅れが目立つ。18年秋の供給側の国際会合を機に、販売が絞られ値上げが進行。先行きが見えないという。

 ヘリウムの入手が困難になり、研究者の間では「実験ができなくなる」との悲痛な声が上がる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、観測気球用ヘリウムが十分に確保できず実験計画を変更したことを記者会見で明らかにした。

 日本では研究向けの販売シェアは低いが、使用量では3割とのデータもある。これは大学など全国30―40カ所にヘリウムの再生施設があり、再生使用しているためだ。このうち東大物性研は、他大学の研究も支援する「共同利用・共同研究拠点」で、加速器関連機関を除くと最大規模だ。ほぼ全研究室に張り巡らせた配管で使用済みガスを回収・精製・液化する大型設備を動かしている。

 これに対して産業用の多くは、ヘリウムガスを大気中に捨てている。再生設備などに数億円がかかり、高圧ガス保安法の対応もいるためだ。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00010002-newswitch-bus_all
68: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:26:45.71 ID:0EZRV/To0
声変えられるアレか!

5: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 02:57:57.58 ID:B3+oQGPM0
まじかよ年末の一発芸何すりゃいいんだ。

33: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:11:22.87 ID:sRZ27zaO0
そんな貴重な物なら、元から玩具なんかに使わせるなよw

2: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 02:57:21.28 ID:cI2lkuQy0
甲高い声出してるヤツの屁からヘリウムガス取れるだろ

216: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 07:55:47.20 ID:zhP7PCJR0
>>2
発想が斬新w

466: 名無しさん@1周年 2019/06/09(日) 11:53:40.05 ID:vYNiYxbq0
>>2
頭いい奴おるわ ホンマ

24: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:05:31.72 ID:zMtSDmje0
ヘリウム不足はもう数年前からの話

312: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 12:33:45.71 ID:KzC6NSYH0
実際産業用で買ってるが、納期解らんと言われるな
物がないから金で解決しにくい

28: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:06:48.41 ID:Es2UzbE/0
ヘリウムは宇宙で2番目に多い元素だからそこらじゅうにあるんじゃないの?

43: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:15:53.53 ID:ZPwKMA3M0
>>28
宇宙に行けば、な
とりあえず太陽につっこんでみるか?

9: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 02:59:37.00 ID:OqYjXA9D0
ヘリウムだったら木星まで取りに行けばいいだろ。

548: 名無しさん@1周年 2019/06/11(火) 08:39:05.53 ID:eG1uSm9K0
>>9
月にあるで

16: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:02:36.89 ID:y3MqtLCE0
これぞプラネテス
JAXAはヘリウム3を手に入れるのだ。
地球には既に浪漫がない。

21: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:03:02.05 ID:BH9qCF4h0
天然ガスから取り出してたんか。
知らんかったわ。

23: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:03:38.43 ID:zMtSDmje0
>>21
石油と一緒にも取れてた筈です

40: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:15:22.07 ID:umcQDgaJ0
水素から精製とか出来ないものなの?
自然界から産出したもの以外存在しないの?

77: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:32:26.82 ID:l8HDpcEz0
>>40
ヘリウム自体は、地中から大量に出てくる。
存在量としては膨大なのだが、軽すぎて宇宙法放出している状態。
地殻がガス漏れしずらい所だと比較的高濃度になるので精製コストが下がるから産業用として使える。アメリカの備蓄分放出はとりやめになったのかな?

93: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:40:50.26 ID:umcQDgaJ0
>>77
あれ?でもいくらなんでも重力には勝てないんじゃないの?
いくら空気(大気)よりは軽いとはいえども、。

104: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:52:48.27 ID:l8HDpcEz0
>>93
毎年約9万5000トンの水素と約1600トンのヘリウムが失われていくことです。
水素やヘリウムは、軽すぎて重力で引き留め続けられないのです。
大気上層部まで行った後に、太陽風とかに運ばれていくんじゃないでしょうかね?
細かいプロセスは知りませんが。

114: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:58:57.96 ID:sRZ27zaO0
>>104
水素はまだ良い方か、簡単に酸素と化合して水として残るからな
まあ、その水も水素が失われ続けると無くなるけど
地球も太陽さえ永遠に存続するなら、最後は火星と同じ運命だっけか

122: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 04:04:35.70 ID:sRZ27zaO0
特別な条件下でないと化合物が存在しないのが痛いよなあ
水の様に常温で簡単に保存できる化合物でもあればね

476: 名無しさん@1周年 2019/06/09(日) 13:31:37.95 ID:2tZxbc3v0
>>122
フラーレンの中に閉じ込めることは可能らしい。
太陽風に晒しておいて何かに吸着して採集できないもんかねえ…

フラーレン - Wikipedia
閉殻空洞状の多数の炭素原子のみで構成される、クラスターの総称である。共有結合結晶であるダイヤモンドおよびグラファイトと異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。(中略)最初に発見されたフラーレンは、炭素原子60個で構成されるサッカーボール状の構造を持ったC60フラーレンである。
10: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:00:06.78 ID:V1ztFRgP0
水素から核融合で生成すればいいじゃないか

15: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:02:28.92 ID:KdVtBJvb0
福島のトリチウムってそのうちヘリウムに変わるんじゃ?
海に棄てるなよ、資源だ

87: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:38:07.76 ID:Y62F83sp0
>>15
なるほど、12年くらいで入手できるな。

411: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 22:40:46.77 ID:pVMlfPpA0
>>15
重水素になるだけじゃね?
核融合すればヘリウムになるかもしれんが。

488: 名無しさん@1周年 2019/06/09(日) 17:31:36.80 ID:0dN9NhBm0
>>411
β崩壊

放射性崩壊 - Wikipedia
構成の不安定性を持つ原子核が、放射線(α線、β線、γ線)を出すことにより他の安定な原子核に変化する現象の事を言う。放射性物質が放射線を出す原因はこの放射性崩壊である。
200: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 07:20:46.50 ID:lWTWwc+60
トリチウムからできるヘリウム3って高いらしいな

205: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 07:48:45.31 ID:f8VVo/4eO
使用済み核燃料○トンを密閉保存するとアルファ崩壊で発生するヘリウムが単位時間辺りどれだけ採れるのか誰か計算して。

8: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 02:59:34.85 ID:Bu3L82MN0
浮上式リニアでは超電導実現のためにヘリウムを各車両に溜め込んで大量に使う。
今からでもリニモ式に変えよう。

44: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:16:12.61 ID:Lr2gm1P20
>>8
保温性能が凄いので、ヘリウムは極少量しか使いません。
また、高温超電導がそろそろ使えそうなので、冷媒不要になります。

369: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 19:57:14.96 ID:B3Qrn4WN0
>>44
高温って言っても液体窒素レベルやっちゅうに。

371: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 20:19:36.55 ID:90m29bdx0
>>369
窒素ならいくらでもありますやんw

374: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 20:31:17.19 ID:B3Qrn4WN0
>>371
冷媒不要、というのは、高温超電導ではなく、常温超電導。
高温超電導はセラミックスで研究されてるけど、線材化が未だに課題になってる。MRIとかの代替にはまだ使えないのではないかと。

30: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:09:04.04 ID:orbnBQFuO
JAXAの予算もNASAの1割程度しかないし価格高騰でJAXAオワタ

34: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:11:25.56 ID:2cEONv/k0
>>30
まぁJAXAなら、まだ援助名目で公的資金の可能性あるが
ほかの研究機関はそうはいかない。
国もすべての研究機関のヘリウムの面倒を見るとか、不可能だしな。

65: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:25:23.21 ID:TWHVoB/q0
番組でヘリウム吸って脳が麻痺したアイドルとか居なかったっけ?

85: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:37:41.88 ID:7PGO6Gxl0
>>65
調べたら痙攣しまくりだったみたいだな
怖えーわ

284: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 11:19:06.01 ID:qPVum6XR0
>>85
テクニカルダイビングとかでヘリウム混ぜて使うらしいけど、特定の条件下では血管内に気泡が生じやすいとあった

161: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 05:50:44.91 ID:zlKAW78D0
捨ててるってびっくりした
学生の頃液体ヘリウム使ってたけど回収してたから普通そうするんだと思いこんでたわ

70: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:28:07.34 ID:l8HDpcEz0
ヘリウムは岩谷だな。
液化事業は、大学の液化装置をフル回転させてデュワー供給させてやるのも一つの手。
MRIからの回収事業も本来、もっとやるべき。

264: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 09:56:56.14 ID:syjqR8I50
>>70
クエンチみたいな爆発的放出も回収するのか?

クエンチ
超伝導コイルの一部が超伝導状態から抜けて通常伝導状態に切り変わった時に発生する。(中略)これを放置すれば巨大な爆音を伴って急激に極低温冷却液が沸騰する。
超伝導電磁石 - Wikipedia
288: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 11:33:03.51 ID:l8HDpcEz0
>>264
MRIは年間、大量に置き換えするので、廃棄の際、その中の液体ヘリウムを回収すべき。
クエンチ前に回収する事業をしないといけない。
クエンチしたら回収は、ほぼ無理だね。

299: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 11:45:17.74 ID:1dva9M2l0
産業用の廃ヘリウムガスって殆どが放射性の希ガスを含んで事を大学側は知らないんだろうな
現場を知らないから平気で提言する連中は困る
ちなみに希ガスとヘリウムは分離できない

303: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 11:52:25.29 ID:l8HDpcEz0
>>299
分離できるよ。
深冷分離。

224: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 08:12:56.88 ID:5uoMoCRn0
全世界的に不足してるのに
買い占めた上でコストが掛かるからって捨ててる企業が糞なだけ
サクッと省令とか出して企業に全額再生費用を負担させるべき

106: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:54:12.15 ID:c0IYDslQ0
日本飛行船が潰れて、貴重なツェッペリンNTが解体されたのもこのせい。
10年くらい前は結構都内上空飛んでたのに…

342: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 16:32:00.32 ID:90m29bdx0
>>106
そうなのか
需要がなくなったのかと思ってたが
なら水素で飛ばせばいいんじゃないか?
人は乗らないんだし

26: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:05:58.19 ID:AzhREx9B0
そういやヒンデンブルク号の爆発事故も、米国がヘリウムガスに輸出制限かけてたんで、危険な水素ガスを使わざる得なかったのが間接的理由だったなぁ

ヒンデンブルク号爆発事故 - Wikipedia
1937年5月6日にアメリカ合衆国ニュージャージー州マンチェスター・タウンシップにあるレイクハースト海軍飛行場で発生した、ドイツの硬式飛行船・LZ129 ヒンデンブルク号の爆発・炎上事故を指す。(中略)大型硬式飛行船の安全性に疑問が持たれ、飛行船時代に幕が降ろされるきっかけとなった。
263: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 09:51:01.85 ID:u78HQZs70
ヒンデンブルグが炎上したのは水素のせいというより塗料がニトロセルロース系だったせいらしいぞ

255: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 09:09:43.67 ID:f8VVo/4eO
東大物性研は過去低温実験に液体水素を使っており、事故を起こしたことはないが液化室スタッフは常に危険と隣り合わせで全然気が休まらなかったとか。

119: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 04:03:50.06 ID:IQixC2iu0
ヘリウムないとさあ。
産業用でわかるでしょ。精度が落ちるんだよ。
でも産業用は窒素で代替が可能なんだが。
そんなに精度がいるのかと。

126: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 04:07:15.79 ID:y3MqtLCE0
>>119
ほんと微妙ですよね。純度の効果ってバカに出来ないですし

69: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 03:27:16.06 ID:5Xb9UdNq0
最高の不活性ガスだからなぁ…
代用は難しい


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559930147/
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット