intelligence-4234828_640
1: ごまカンパチ ★ 2019/05/28(火) 03:02:46.79 ID:PomUBKTd9
 脳梗塞の治療に朗報だ。脳梗塞は発症後の処置が生死を左右する病気。既存薬といかに差別化するか。新薬開発のきっかけは恩師が授けた「逆転の発想」だったという。

 脳梗塞は年間6万2千人の死因となっており、介護が必要になる要因のトップにも数えられる。脳の血管が詰まると、ブドウ糖や酸素が行き渡らなくなり脳の神経細胞が死んでしまう。詰まった血管をいかに早く再開通させるかが治療の鍵を握る。

 現在、主に使われているのは血栓溶解剤t-PAという薬だが、時間経過と共に出血リスクが高まるため、原則発症後4時間半までしか使えない。脳梗塞は寝ている間に発症し、時間が経過してから気づくケースも多く、実際にt-PAを投与されるのは患者全体の7、8%程度だと言われる。

 t-PAを投与できない患者にも使えると期待される新薬の主成分がSMTP。東京農工大学大学院の蓮見惠司教授(61)が、沖縄・西表島で見つかった黒カビから取り出した化合物だ。画期的なのは、血栓を除去する作用だけでなく、炎症を抑制し出血を抑える作用を併せ持つこと。

(中略)

 7年近くかけて調べ上げた微生物は延べ1万株以上。SMTPを含む多くの活性物質を見つけ出した。しかしそのことを記した論文は見向きもされず、国立大学の独立行政法人化に伴い研究費は減少する一方。複数の製薬企業に掛け合ったが、全く相手にされなかった。

(中略)

 政府系機関からの助成金も得たが、何度も資金枯渇の危機にさらされた。もがき苦しむ中で、既存薬にはない「抗炎症作用」を突き止めた。その実証データを携え50を超える製薬企業を回った。しかし、リスクを嫌う国内メーカーからは「うちは脳梗塞薬はやっていない」「いい治験データが取れたら連絡して」とまたもや突き放された。

 そんな中、唯一協議を続けてくれたのが米製薬大手のバイオジェンだった。「誰も評価しないものを評価して初めて新しいものは作り出せると言ってくれた。遠藤先生の教えと重なりました」(同)

 昨年6月、同社から一時金400万ドル(約4億4千万円)と、開発段階に応じて最大3億3500万ドル(約368億円)、売り上げに連動するロイヤルティーの提供を受ける契約にこぎつけた。

(以下略)

1973年に沖縄・西表島の落ち葉から見つかった黒カビの一種「スタキボトリスミクロスポラ」。世界初の抗生物質「ペニシリン」も、遠藤博士が発見した「スタチン」も、アオカビの仲間から見つかった(写真:本人提供)
2019052300053_2

https://dot.asahi.com/aera/2019052300053.html?page=1
77: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 05:44:08.25 ID:dgkZACnf0
カビて害じゃなかったんだな

74: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 05:37:56.92 ID:0+DxhlT+0
ブルーチーズの青カビも血管にいいんじゃなかったっけ

4: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:06:23.72 ID:ey979UyO0
ペニシリンの青カビといい、やはりカビはいいこともあるんだな。

11: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:14:58.18 ID:hNmvV9yq0
>>4
スタチンもカビだもんな

185: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 12:22:54.26 ID:6jPCdIpb0
スタチンは副作用も強いやろ?

44: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:57:42.61 ID:QYejXTBM0
食い物がカビてたら、まず食わないけど、
醤油に味噌に酒、かつお節、チーズ
それからペニシリンなどの薬と、基本的に有益だよな

2: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:04:20.73 ID:jpVCE6tL0
俺はナチュラルに脳梗塞予防してたのか
これからも部屋は掃除しません

99: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 06:57:03.04 ID:4MADYJJE0
>>2
うちの弟が大学時代ろくに掃除もせず万年床で
敷布団にカビ生えても放置してたらしいけど頭と全身が痒くなって
8年くらい経った今も皮膚科に通ってるから止めた方がいい

109: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 07:39:38.14 ID:SCYjoQrU0
>>99
多分肺に黴が入っているな
皮膚科より内科を受診した方が良くないか

203: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 15:19:36.73 ID:r8Lu6ZGc0
マジかよ黒カビ効果あるのか
それって胞子を吸い込んでも効果あるのかな?
うちの住まいは黒カビ目視できるほど凄いんだけど脳梗塞抑止なら有難く吸い込み続けるわ

56: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 04:52:04.20 ID:6wM4C1l80
白カビや緑カビ入りのナチュラルチーズじゃダメ?

60: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 05:05:41.62 ID:P/lA8/SXO
>>56
白カビや緑のものまでは発酵食品として有りすぎるくらい人間に有益なのあるけど

黒カビってのが逆転の発想で黒カビは有害で猛毒で危険だから黒カビは捨てるかこの生えた黒カビどうやって消毒するかって対象でしかなかったからなあ
そんな黒カビが人間に効くかって言われても謎過ぎるんだよね

178: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 12:04:00.63 ID:miWMVw1M0
カビから取り出した化合物が薬に使われてるだけで
カビを放置していいって意味じゃないからな!
ちゃんと掃除しろよ、お前ら。

188: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 12:32:39.00 ID:sicz2Eem0
結局外資かぁ

165: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 11:08:55.63 ID:mbPlzIWx0
だいたいこの手の話は日本の製薬会社はけんもほろろの扱いで
アメリカの会社に拾われるっていう話だな

20: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:21:16.95 ID:WNFiFOcA0
>>1
>複数の製薬企業に掛け合ったが、全く相手にされなかった。
>
>「企業側は『既存薬があるじゃないか』『副作用もあるでしょ』と。

老害社長はイノベーションや変革なんて求めてない
現状維持してぬるま湯に浸かっていたいだけ
こういう老害社長は発明家より薄給の奴隷を求める
もちろん自民党は発明家より奴隷を増やす政治をしている

老害は自分の死後の日本なんてどうでもいいからな

24: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:24:30.37 ID:Uos9eO2k0
>>20
何百億も投資して既存薬以下のものしか出来ない可能性もあるのに
そんなものに投資する=有能ってわけじゃないだろ

29: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:30:53.06 ID:gUJTMGiN0
>>24
新薬開発で儲けた金で次の新薬を開発する自転車操業なので、成功するかどうか不確かなのには投資できないんだよね

8: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:08:28.67 ID:+g0LAIzq0
ああ、こりゃ外国に引き抜かれるわけだ

21: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:22:57.91 ID:Uos9eO2k0
>>8
新しい特効薬とかじゃなくて、既存薬と同じ効果だが、未知の副作用があるかも知れない薬だからな
この記事には既存薬より優れた副作用(抗炎症作用)があると書いてるが、ほんとに不利な副作用がまったくないのかわからんし既存薬より広い範囲(長時間経った患者)に効く「可能性」があると言ってるだけで、ほんとに既存薬より優れてるのかも全然わからん

何百億も投資して、結局、既存薬やその改良品以下の物しか出来ませんでしたーってなったらアホらしい

47: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 04:05:23.12 ID:5h/dsb020
>>21
結果、リスクに怯えて成果をかっ浚われたアホだけどな今回の場合は
戦後、日本企業が急成長して世界と渡り合えるようになったのはそういうリスクも込みでトライ&エラーを積み重ねた結果なのにそういう挑戦的な姿勢は昭和に置いてきてしまったようだね

83: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 05:58:43.54 ID:YdBaY25z0
蓮見惠司教授がアメリカの大学からの請願、招聘によって日本を去り、いつものように、これまで散々だから日本はだめなんだの、頭脳流出のパターンとなるような気がする。

101: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 07:09:27.58 ID:C0q4Bxg80
遠藤章先生も母体の三共でなく米国のメルク社が製品化したんだよな。
医学部出身でない大村智先生のノーベル賞も海外勢からの評価だった。

37: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:40:48.89 ID:B3Tvw28h0
本庶教授だって国内大手全社に断られたからな

50: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 04:22:09.55 ID:P/lA8/SXO
なぜこの先生が製薬に相手にされないのかって
農工大で、経歴がそもそも園芸系の先生だったからなんだなあ
東大京大慶應の医学部でも生研でも理研でもない先生がこんなのあるけどどうっても
自然科学は絶対学閥の日本社会で農工大ってのが
まあそれだけで相手にされないとか見下されてるんだね

202: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 15:10:31.12 ID:mbzi8imt0
他の国はどうかは知らんが日本の医学部だと
・何を言うかより誰が言うかが重要
・誰が言うかよりどの派閥学閥の人間が言うかが重要
・何も言わない人たちは優勢な方にのっかかる

こういう風土だから革新的なものは期待できない
その刷り込みに染まった人が部下を同じ色に染めに行く

by 内部の人

193: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 12:37:23.03 ID:UwfWxpIi0
日本は権威主義のくせに科学や学術的な事には、権威が存在しない
英国なら、ネイチャーなんかが権威として存在するけど

22: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:23:26.73 ID:iRiAU66N0
こういう基礎科学にもっと補助しないと、今後日本がノーベル賞を取るのは難しいよなぁ

134: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 09:19:03.43 ID:0IQk4cco0
こんな事だから国内メーカーは遅れをとるし、いい薬は海外に取られるんだよ
馬鹿としか言いようがない

66: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 05:24:18.69 ID:/SqHbQNr0
まあ日本の製薬が渋いのは、日本の法規制があるからさ
アメリカで治験やったほうが速いから、見通しつけやすい先行薬がある以上、日本で治験やって認可までこぎつけるのは相当しんどい

33: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:32:47.66 ID:B3Tvw28h0
沖縄の自然界に凄いものがアーカイブされてたんだな

18: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:20:08.31 ID:GSrzFR1o0
炎症の抑制か…自己免疫疾患には応用出来ないかな

157: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 10:49:41.65 ID:Jgb0MbY+0
日本の製薬会社が相手にしないってことは、実用化までかなり長いハードルが残ってるってこと
ここから実用化に至らなかった例なんぞ掃いて捨てるほどある
失敗したら訴訟ものだから踏み切るのが難しいのよ
責めるべきは製薬会社じゃなくて日本国内の法整備の方なんだけどね

127: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 08:31:06.52 ID:hSdsIG6a0
> 目指すのは、20年代半ばまでの実用化だ。

まだ治療に使うには、問題が多いのか

9: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 03:09:08.81 ID:ALV98pQp0
10年越しの仕事になるのは確実なのか
気の長い話だ

86: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 06:03:21.13 ID:7cYHspsX0
こういうとこすげえよなあ米の投資会社は

129: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 08:59:16.47 ID:mNhmDzP70
脳梗塞はこの時期熱中症と区別がつかないから
こういう薬ができるのはありがたい
室内で倒れる年寄りなんてほんとにわからんよ

115: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 08:00:56.52 ID:5jjPQ0hC0
半身マヒした脳梗塞患者に、ボツリヌス菌を打ってリハビリさせると、劇的な早さで機能が回復する研究結果が出たってNHKで紹介されてた

181: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 12:14:01.06 ID:YBai0uQI0
なんでも薬になるな。

151: 名無しさん@1周年 2019/05/28(火) 10:38:24.46 ID:fqhk28Gk0
カビって色々と凄い可能性がある生物なんだなー


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558980166/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット