adventure-1807524_640
1: しじみ ★ 2019/05/03(金) 18:48:48.31 ID:CAP_USER
 チベットの山岳地帯で見つかった初期人類デニソワ人(Denisovans)の顎骨の化石から、人類はこれまで考えていたよりもはるかに早い時期に高地での居住に適応していたことが分かったとする論文が1日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。デニソワ人の化石がロシア・シベリア(Siberia)南部以外で発見された例はこれ以外になく、見つかった顎骨は少なくとも16万年前のものと思われる。専門家らは、現生人類(ホモ・サピエンス)の一部が低酸素の条件に耐えられるよう進化した謎を解く鍵になるとみている。

 デニソワ人は、同時代に生きていたネアンデルタール人と同様に、解剖学的現代人である現生人類によって絶滅に追い込まれたとみられているが、デニソワ人の存在が初めて明らかになったのは10年前。シベリア南部のアルタイ山脈(Altai Mountains)にあるデニソワ洞穴(Denisova Cave)で発掘された指節骨の破片1個と臼歯2個によって特定され、約8万年前のものとされた。

 しかし、チベットの僧侶が30年近く前に地元でたまたま発見していた化石から、研究者らは今回、デニソワ人はこれまで考えられていたよりはるかに人数が多く、時代もはるか昔にさかのぼるとの結論を導き出した。

 論文の主著者で、独マックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)の古人類学者ジャンジャック・ユブラン(Jean-Jacques Hublin)氏は、「個人的な見解では、これは私が立てていた作業仮説を裏付けている。つまり、35万年前から5万年前の中国および東アジアの(ヒト族の)化石はおそらく、ほぼ全てデニソワ人のものではないかという仮説だ」と主張している。

(中略)

 研究者らは2015年、高地に住むチベット人と漢人には、血液に酸素を行き渡らせるヘモグロビンの生成量を調整する遺伝子「EPAS1」に変異がみられることを発見した。

 チベット人から見つかった変異は、ヘモグロビンと赤血球の生成量を大幅に抑制し、標高4000メートルを超える高地に行ったときに多くの人が経験する低酸素症の問題を防いでいる。この変異は、標高700メートル未満のシベリアで発見されたデニソワ人のDNAで見つかったものとほぼ同じだった。

(以下略)

https://www.afpbb.com/articles/-/3223362
25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 22:58:49.88 ID:x6GBniYl
同時代の原人は全部混血してると考えるべきだろう。そうした方が解釈が楽だ。現代の人種の違いもアフリカから一種類の種が移動しただけじゃ、どう考えても無理がある。
黒人がそのまま、白人にはならないし、黄色人種に移行するにしても骨格やらなんやら違いすぎる。

26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 23:01:57.79 ID:nLVbNRHK
ホモサピエンス=黒人
ネアンデルタール=白人
デニソワ=黄人
もうこれで確定だろ
絶滅なんかしてなくてそのままみんな続いてるんだよ

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 04:39:28.62 ID:Hfn4j80L
>>26
ヨーロッパ人よりも東アジア人のほうがネアンデルタール人の遺伝子の割合大きいんだぞ

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 21:24:21.08 ID:7lC1JjJi
ホモサピエンスと混血したのか
これがポイント

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 19:27:15.07 ID:Utq76ceb
>標高4000メートルを超える高地に行ったときに多くの人が経験する低酸素症の問題を防いでいる。この変異は、標高700メートル未満のシベリアで発見されたデニソワ人のDNAで見つかったものとほぼ同じだった

滅んだという主張されるデニソワ人と現代人類のチベット人とほぼ同じって、どういうことよ?普通に考えれば、継続性ありで引き継いでいるという見方が普通

デニソワ人→現生人類への変換時に隔絶的なものはない証明だろ
虚言くさいな

下手すりゃ、デニソワ人=チベット人と言えるかもしれない
デニソワ人のY染色体情報を公開しろよ

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 20:09:50.00 ID:UFr4vzxE
>>7
チベット人にはD型が比較的多く、その点で日本人に近いことは有名。

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 23:59:21.11 ID:KTK080sc
>>7
こう配があったとみるが?
チベット以外の高地は、違うタイプの低酸素症を防いでいる。

47: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 11:18:39.89 ID:XLSnfCzC
>>7
なんで変異起こしやすく、いまだに年代地域が定まらないY染色体を使うんだ?
まだ断裂化・変異のマシなmtDNAを持ち出してくるならまだしも‥‥

51: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 15:03:43.93 ID:fiNc9D3Y
>>47
ミトコンドリアDNAだと、混血の証拠が殆ど残らないから現在問題になっている「ホモ・サピエンスと旧人が混血した証拠」を論ずる上であまり参考になるものが無い

ただし、人類の移動を論ずるならミトコンドリアDNAが良い
これと核DNA上のネアンデルタール人やデニソワ人の混血の痕跡とを比べながらホモ・サピエンスがどのように拡散しながら、どこで旧人と混血したのか?を論ずる、というのが、核DNAとミトコンドリアDNAの、人類学研究における正しい使い分け方

43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 14:01:45.59 ID:b5b1KNsb
Y-DNA D型ってのはデニソワ由来かい?縄文人の祖先か

38: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 10:47:55.20 ID:/lhsrIzB
日本人や漢人の起源もこの研究でより納得しやすくなるな

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 20:10:57.10 ID:607TyIdf
モンゴロイドに少しだけ混血している
特に南の方のモンゴロイドはその傾向が強い
更に旧来の分類のモンゴロイドではないが、メラネシア人には最も強く混血している
(モンゴロイドとメラネシア人はもっとシームレスに変化するものと考えるべきだろう)

メラネシア人 - Wikipedia
西南太平洋のメラネシアに住む人々の総称。広義にはパプア人を含める場合もある。人種的にはモンゴロイドと混血したオーストラロイド系の民族であるが、島嶼間の交流の結果、様々な移住者が入ったことから体格・風貌も様々であり、人種的特徴を一概に挙げることは困難である。
14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 20:23:27.19 ID:Utq76ceb
簡単に言うと
今までは、絶滅したとされてたものが継続性の可能性がでてきたという証明でもある
今までの学説を見直さないとな

18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 20:44:11.43 ID:s3neQoDS
>>1
>古人類学者ジャンジャック・ユブラン(Jean-Jacques Hublin)氏は、「個人的な見解では、これは私が立てていた作業仮説を裏付けている。つまり、35万年前から5万年前の中国および東アジアの(ヒト族の)化石はおそらく、ほぼ全てデニソワ人のものではないかという仮説だ」と主張している。

これには同意できないな。
アジアには、デニソワ人やネアンデルタール人のような旧人が生活していた頃にも、ジャワ原人や北京原人、フローレス原人、澎湖原人、ルソン原人がまだ生息していた。
澎湖原人は19万年前から2万年前頃にも生きていた可能性があり、澎湖原人とよく似た、南京市と合肥市の間に位置する場所から発見された和県人は、42万年前の原人だ。
シャベル状の切歯とか、花粉症の遺伝子などは、おそらく澎湖原人などに由来する遺伝子であり、それが現代日本人に入っているはずだ。

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 23:59:21.11 ID:KTK080sc
>>18
澎湖原人と沖縄の港川人、石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡との繋がりもありそう。

21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 21:15:35.16 ID:607TyIdf
口が付き出しているのが原始的、て言うけどそもそも歯が大きい人達がいる
巨大歯 なんてのが一応は病的なものとして分類されているね
本来は歯が頑丈で硬いものでもよく食べられる良い歯なのだが現在のホモ・サピエンスの平均値より大きいから異常扱いになっている
巨大歯で画像検索したが、確かに綺麗な歯並びでは無いんだがこれ位だったら異常じゃないよなあとも思える
だが歯並びの綺麗なコーカソイド達から見ると、モンゴロイドの歯並びはガタガタで大きな歯があったりして目立つのだという
これもデニソワそれらの特徴で、それを引き継いでいるのかね?

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 19:04:15.98 ID:2N6Q+Zfe
ネアンデルタール人もこのデニソワ人も、最新の系統樹を見る限りにおいては初期人類と言うよりは新しさにおいては現生人類と変わらないんだよな。
本当の意味で「旧人」と呼べるのはこれらの共通の祖先であるところのハイデルベルク人ということになる。

30: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 00:15:26.27 ID:BASNTHLm
>>3
そうなんだよね。
サピエンス、ネアンデルタール、デニソワは互いにほぼ姉妹種の関係。

2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/03(金) 19:03:56.22 ID:mDql2s8S
デニソワ人=低酸素対応型ネアンデルタール人

45: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 07:22:46.11 ID:jLrc3+w6
>>2
現在の「シェルパ族」やグルカ兵の祖先では?

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 00:57:42.49 ID:+Q0Yyh1c
チベットって押し上げられて高地になったんだよね?

39: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 11:45:53.17 ID:sA00Gmtb
>>33
デニソワ人が来た頃には既に高地
っていうか、チベットが高地化し始めた頃って4千万年前ぐらい
人類の祖先はまだチンパンジーと分かれてない

56: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 23:08:56.17 ID:fiNc9D3Y
旧人同士の混血もあったのか


転載元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1556876928/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット