NGC_7027HSTFull
1: みつを ★ 2019/04/19(金) 03:43:39.27 ID:3w5gQPy49
 138億年前のビッグバンによって宇宙が誕生した際、その後の化学反応で生じた最初の分子イオンが、このほど研究者らによって宇宙空間で検出された。17日刊行の科学誌ネイチャーに掲載された論文が詳細を伝えている。

ビッグバン後には水素化ヘリウムイオン(HeH+)が最初の分子イオンとして形成されたと長く考えられてきたものの、それを示す証拠は見つかっていなかった。
HeH+はヘリウム原子と陽子が結合したもので、時とともに崩壊し、水素分子とヘリウム原子に分かれたとみられる。水素とヘリウムは、宇宙空間でそれぞれ1番目と2番目に多く存在する元素。

HeH+の存在自体は1925年に実験室で実証されたが、宇宙空間で検出されたのは今回が初めてだ。地上の望遠鏡では大気の存在のために検出が難しいとして、研究者らは下層大気の上を飛行する遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)を使用。SOFIAに搭載された高分解能の分光計GREATで、惑星状星雲「NGC7027」の中にあるHeH+を検出した。

(以下略)

https://www.cnn.co.jp/fringe/35135957.html
2: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 03:47:08.37 ID:uSNCwRj90
マジかよ(´・ω・`)

26: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 04:16:48.19 ID:WR2r5ctC0
3000光年先にある星雲の中のヘリウムと陽電子の結合状態が地球から見えるとかちょっとなに言ってるのかわかんないww

217: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:20:40.83 ID:TzWscziz0
>>26
地球の近くでそんな反応が大規模に
起こってたら危険だろ。

15: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 04:02:43.19 ID:VQYJdCmB0
HeH+なんて通常の環境下じゃ生成されないもんなあ。。。

132: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:18:58.54 ID:UwEQ5FIH0
そんな遠くの星のイオンをどうやって検出したの?

151: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:33:35.85 ID:iQON6xnZ0
>>132
宇宙空間にある分子はその種類に応じて特定の波長の電磁波(電波や光)を
放出したり吸収したりする
だからその領域からくる電磁波を分析すればそこにどんな物質があるかが分かる

ちなみにヘリウムも150年ほど前にこの方法で太陽の大気中で発見された
実際に地球でヘリウムのガスが発見分離されたのはそれから30年ほど後の話

4: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 03:48:56.40 ID:v0QhRRBT0
そもそもビッグバンのエネルギーはどこからきた

40: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 05:06:44.56 ID:4AOrt+8R0
>>4
エネルギーに満ちた真空

偽の真空 - Wikipedia
偽の真空(ぎのしんくう、false vacuum)とは、場の量子論における準安定状態の一種である。 これに対し、最低エネルギー固有状態として定義された真空は真の真空(しんのしんくう、true vacuum)と呼ばれる。 偽の真空は最終的にトンネル効果による相転移を経て真の真空へ遷移する。
378: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 12:19:00.88 ID:LEBjWqdp0
>>4
空間の揺らぎ

量子ゆらぎ - Wikipedia
量子物理学において量子ゆらぎ(または量子真空ゆらぎ、真空ゆらぎ)は 空間のある点におけるエネルギーの一時的な変化で、ヴェルナー・ハイゼンベルクの不確定性原理で説明される。これにより仮想粒子の粒子-反粒子対が生成する。 これらの粒子の効果は測定可能であり、例えば電子の有効電荷は「裸の」電荷とは異なっている。量子ゆらぎは宇宙の構造の起源において非常に重要である。 インフレーションのモデルによれば、インフレーションが始まったときに存在した宇宙は増幅され、現在観測されるすべての構造の種を作った。 真空エネルギーは現在の宇宙の加速(宇宙定数)の原因である。
6: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 03:51:20.57 ID:0pWqiIzJ0
そもそも、ビッグバンは本当にあったのか?

237: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:40:19.74 ID:t8yshRNR0
>>6
有った…とすると
色んな事象が上手く説明出来るので

宇宙のインフレーション - Wikipedia
640px-Inflation_Universe
宇宙のインフレーション(うちゅうのインフレーション、cosmic inflation)とは、初期の宇宙が指数関数的な急膨張(インフレーション)を引き起こしたという、初期宇宙の進化モデルである。ビッグバン理論のいくつかの問題を一挙に解決するとされる。インフレーション理論・インフレーション宇宙論などとも呼ばれる。
7: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 03:54:41.46 ID:1HrvJM+v0
宇宙科学はあまりにも壮大すぎていつも話が全く分からない

523: 名無しさん@1周年 2019/04/21(日) 02:40:13.02 ID:U3DtwIhq0
>>7
素粒子以外の最初の物質が、元素番号の1か1付近だろうというのは勉強しなおせばわかることだよ

11: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 04:00:13.90 ID:wJ/YOomQ0
つまりヘリウムと水素だけですべての元素が作れるってこと?

538: 名無しさん@1周年 2019/04/21(日) 08:10:52.47 ID:/9tjo+nR0
>>11
作れるよ
ただし鉄より重い元素を作るのは普通の過程では無理だから中性子星が必要になる

539: 名無しさん@1周年 2019/04/21(日) 09:40:41.22 ID:w0xdGRQW0
>>538
ビスマス辺りまでの重元素は恒星内部でのゆっくりとした
中性子捕獲反応(s過程)で作られるみたいだよ

188: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:58:16.21 ID:lhmcJ0nn0
んじゃヘリウムから金もダイヤも作れるってこと?

192: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:00:33.45 ID:3AMngmn50
>>188
そら水素やヘリウムが出来るんなら条件によっては全ての元素が出来るやろ
材料はあるんやし

198: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:07:01.05 ID:LfTRvldM0
>>188
ダイヤは作れるから。今安くなってるよ(^^)

208: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:13:16.82 ID:lhmcJ0nn0
>>198
いや化学は無知なので、ヘリウムをどうこうしたら炭素ができちゃうのか知りたかった

例えば炭素原子もなんかのパーツの組み合わせって事なんだね

224: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:29:09.26 ID:J45Bk56x0
>>208
宇宙空間に存在するヘリウムはヘリウム4といって、その原子核は陽子2個と
中性子2個からできている
んでこのヘリウム4原子核が3つ融合すると陽子6個と中性子6個からなる
原子核、つまり炭素の原子核ができる

詳しくはWikipediaの「元素合成」辺りを読んでみるといいよ

212: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:17:07.80 ID:1Ov0Ek/z0
マジかよ!錬金術は可能なのかよ!

218: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 09:21:20.16 ID:Eelglj140
>>212
核融合でな

286: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:20:51.78 ID:FXZDzwG80
>>218
無知ですまんが地球内部で核融合が起こり金属が造られたということか?
そして最初期はヘリウムの塊だったってこと?

293: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:24:42.95 ID:J45Bk56x0
>>286
地球内部はせいぜい数千℃&数百万気圧程度しかないから
核融合反応が起こるほどの高温高圧には程遠いよ

今宇宙にある重い元素は恒星内部での核融合反応や中性子捕獲反応、
超新星爆発などで作られて星の死によって宇宙空間にバラ撒かれたもの

303: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:30:54.77 ID:FXZDzwG80
>>293
なるほど他の惑星や月にも同じ種類、同じ量の金属があるってことか

310: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:34:17.05 ID:J45Bk56x0
>>303
種類はともかくとして組成まで地球と同じとは限らないよ
たとえば地球はケイ素や酸素、鉄なんかを主成分とする岩石惑星だけど、
巨大ガス惑星の木星や土星は大半が水素とヘリウムからできていて
地球とは元素の組成が全く異なる

323: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:40:41.89 ID:b9ZDt7ri0
>>310
水素やヘリウムみたいな軽い元素は月みたいに重量が弱いと、宇宙空間に飛んで行って失われるし
宇宙空間に散らばってる元素を集めたり、星にとどめたりするのは重量=星の大きさとかで変わってくる

328: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:50:17.74 ID:FXZDzwG80
>>323
重い金属だとさほど変わらないのかな
金星や火星だと似てそうだね
ありがとう

335: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:55:30.47 ID:09PzG+MD0
>>328
想像だが太陽に近い惑星ほど重い元素の割合が大きいかも

342: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 11:02:49.68 ID:Ps8jXyDS0
>>335
基本的に他の恒星系も同じなので、重い物質が中心に集まり軽い物質が外に行くのだと思う。
惑星は恒星に成りきれなかった物質によって構成されるからね。

290: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:22:49.53 ID:3AMngmn50
>>286
地球はちょっと小さすぎるな
せいぜい核分裂が限界

299: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:26:48.00 ID:FXZDzwG80
>>290
なるほど核分裂でも可能なのか
太陽にはありとあらゆる元素があるんだろうな

306: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:31:37.32 ID:J45Bk56x0
>>299
核分裂は重い元素が分裂して軽い元素になる反応だよ

宇宙の最初には水素やヘリウムといった最も軽い部類の元素しかなかったから、
地球を構成する金属元素が核分裂で作られたってのには無理がある

313: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:36:35.43 ID:5It6ePTu0
>>299
太陽の成分のほとんどは水素。核融合で光り輝いてヘリウムを作っている。
すべての水素がヘリウムになったら次はリチウムを作り始める。
元素番号順に核融合を繰り返し、最終的には鉄になって終了と言われているが。

358: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 11:23:19.13 ID:bOVEYCOW0
>>313
ヘリウムの次はベリリウム、次は炭素

371: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 11:44:22.21 ID:J45Bk56x0
>>313
恒星内部での元素合成は必ずしも原子番号順じゃないよ
水素の核融合でヘリウム4、ヘリウム4の核融合でベリリウム8ができて
そのベリリウム8にもう一つヘリウム4が融合して炭素12って具合

間のリチウムやホウ素なんかはすっ飛ばしてるし、ベリリウム8は
極めて不安定なので恒星内部での核融合で少量できるだけ
地球に見られる安定なベリリウムはベリリウム9で、
こいつは恒星内部の核融合とは違う経路で生成されてるはず

67: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:24:19.00 ID:0P4TA4090
最初のヘリウムと水素は、どこから来たの?

70: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:28:12.67 ID:LfTRvldM0
>>67
核からできてしまう。発生要因まではわからない
でも爆発するとできてしまう

14: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 04:02:09.53 ID:Q2vK4Fjp0
ビッグバン前って何があったんだろ?無から有なんてほんとにありえるんだろうか?
次元すら存在していないわけでしょ?

71: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:28:28.52 ID:frJ7msXd0
>>14
無限の中に有限はあれど、有限の中に無限はない

仮にビッグバンがあったとして、少なからず宇宙の外は
存在している可能性があると見れば、宇宙の外が無なら
現在の我々が認識している宇宙などは有ということになる

個人的には宇宙が膨張しているなら、宇宙も生きていると
言えるから、生命の始まりと終わりで、いずれこの宇宙は
消えてなくなると思ってるけどね

89: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:48:24.94 ID:2cGQgOgc0
>>14
永遠に物は存在し続ける



無から有が生まれる

の二択だからな

131: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:18:43.83 ID:wAQ1x+4w0
>>89
無と有が意味わかんない
物が形を組みかえ永遠に存在してる方がしっくりくる
でもやっぱり始まりがあるかもしんない…

59: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:02:05.71 ID:iYPRlOWC0
多次元空間だから、ビッグバンで云々ってのは
我々が認識できている数次元での話であって‥

ビッグバンで無から有が生まれたというより、
多次元からの影響でこの次元に現れたという方が正しいのでは。
まっさらな紙の上に料理をぶちまけたように。

81: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:43:09.91 ID:oPx8nktN0
最近宇宙が膨張しているからと言って
ずっと膨張し続けてるという根拠は無い
よってビックバンは論理的な根拠が無い

87: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 07:46:22.78 ID:6b4/5C2K0
>>81
一般人との決定的な違いは
言葉でいうだけじゃなくて、論拠を方程式でちゃんと示してるってこと

275: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:08:31.40 ID:TqLa/bfm0
ビッグバンがあったからといってそらが最初の宇宙のはじまりじゃなくて

宇宙を地球に例えるのならビッグバンはただの一地域の火山活動みたいなもんだったりしてな

281: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 10:15:14.30 ID:LjQfu4Rb0
>>275
マルチバースだとそういう考え方だし
いくつものビッグバンがある訳だが
じゃあ最初のビッグバン(というか元の宇宙)はどこから出て来たかってことで同じ問題が残る

108: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:01:02.38 ID:TqLa/bfm0
そもそも宇宙は最初から在り
始まりも終わりもなく
一点から生まれるのではなく同時多発的に変化してるだけでは?

なんで1や0からの始まりを求めるのか?数学的概念のせいか?宗教観からか?

113: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:07:28.89 ID:LfTRvldM0
>>108
重力だよ。ビックバンってのは無にたいして重さを与えてしまって
起きたというのが基本なのよ。+のインフレーションがあるのなら
-のインフレーションもあるだろってのが説なの
宇宙は無の状態でなんもないけど質量だけ存在したのよ
この質量に重力によるマイナスのインフレーションが起きて
急激に力がかかり爆発した。これがビックバン説なの

121: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:10:23.49 ID:GJiqik+v0
>>108
所詮、現宇宙という結果論からの推論の域を出ないからね。

138: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:25:00.57 ID:I8/EYC3I0
エネルギーという水を沸騰させた鍋底に生まれる水蒸気の気泡みたいなのが宇宙なんだろう。
でもって遠い未来全ての恒星が死んで宇宙全体が冷えてきたら宇宙は消えて無くなるんだろう。

162: 名無しさん@1周年 2019/04/19(金) 08:38:05.07 ID:3ilD25eH0
へぇー(´・ω・`)


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555613019/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット