1: しじみ ★ 2019/04/16(火) 22:48:35.11 ID:CAP_USER
太陽から最も近くにある「お隣の恒星」に、2つめの惑星が見つかったかもしれない。この恒星プロキシマ・ケンタウリは小型の赤色矮星で、太陽系からは4.24光年の距離にある。

「プロキシマの周囲を巡っている新たな惑星候補、プロキシマcを紹介します」。イタリア、トリノ天文台のマリオ・ダマッソ氏は、4月12日に開かれた宇宙に関する会議「2019 ブレークスルー・ディスカス」の場でそう発表した。

「これはまだ惑星が存在する可能性に過ぎないことは、とくに強調しておきます」と、ダマッソ氏は言う。

 もしこの惑星が本当に存在するなら、それは地球の少なくとも6倍の質量がある「スーパーアース」で、恒星プロキシマの周囲を1936日で一周している。表面の平均温度は、液体の水が流れるには低すぎるだろう。

(中略)

 今回、ダマッソ氏と共同研究者であるギリシャ、クレタ大学のファビオ・デル・ソルド氏は、プロキシマbの発見に用いられたデータを再検証することにした。

 彼らはこのデータを以前とは異なる処理にかけ、プロキシマbおよび恒星本来の活動による信号を取り除き、さらにチリ、ラ・シヤ天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)による549日分 61件の観測データを加えた。

 こうして得られたプロキシマのふらつきに関するデータは合計約17年分。その中から研究者らは、プロキシマ・ケンタウリの周囲を巡る別の惑星の存在を示す信号を発見した。

 第2の惑星「プロキシマc」がもし存在するのであれば、それは恒星であるプロキシマ・ケンタウリから、地球・太陽間の距離の1.5倍ほど離れたところを、地球の5年分を少し超える程度の時間をかけて一周している。

(以下略)

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041600230/
46: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 17:54:46.56 ID:NiXtzqRr
このプロキシマ・ケンタウリはケンタウルス座α星系で、親って感じのα星A、α星Bは比較的太陽に近い大きさ
惑星を期待したいけど、連星に惑星って影響が有って無理なのかね。

ケンタウルス座アルファ星 - Wikipedia
太陽系から約4.3光年しか離れておらず、最も近い恒星系である。ケンタウルス座α星系は三重連星である。ケンタウルス座α星Aケンタウルス座α星B、そして暗く小さな赤色矮星、プロキシマ・ケンタウリから成る。α星Aとα星Bは肉眼では一つの恒星に見える。
47: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 18:12:42.74 ID:B8aM/t26
>>46
連星系でも普通に見つかってると思うが
連星から惑星が十分離れていれば、連星重心を中心とした安定した軌道を持てる

49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 18:52:11.93 ID:NiXtzqRr
>>47
書き漏れだけど、ハビタブルゾーンの惑星を期待してるんだよね。
α星A、α星Bも楕円軌道で、2つの恒星間の距離は太陽-土星間(約10au)から
太陽-冥王星間(約40au)まで変動するそうだ。(wikiより)
これより外だと相当離れてないと厳しいし惑星に生物は出来そうにないよね。

連星のどちらの恒星にもハビタブルゾーンに惑星が有り
太陽が2つ有る世界ってのが妄想なんだけどね。
まあ、連星がそこそこ離れてば、有るかもしれないと期待してるけど

ハビタブルゾーン - Wikipedia
ハビタブルゾーン(HZ: habitable zone)とは、宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境と考えられている天文学上の領域。ゴルディロックスゾーン (GZ: Goldilocks zone) とも呼ばれる。日本語では「生命居住可能領域」と呼ばれる。
4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/16(火) 23:17:24.41 ID:ZTUNSBeZ
質量が地球の6倍なら基本海王星型のガス惑星と考えるべきでは。
そもそもプロキシマのような小さな恒星の周りに巨大なスーパーアースは不釣り合いだ。
なぜならそう言う恒星は誕生時周囲に小さなガス円盤しか形成しなかっただろうからだ。

18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 01:48:00.90 ID:Uetg0XPI
>>4
地球の六倍程度じゃ直径は倍程度しかないよ
普通に考えれば単に地球の大きい奴でしかない

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 14:51:29.64 ID:EpPP9g5n
>>4
体積は3乗の効果が効くので、直径は1.8倍程度。

38: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 15:14:01.41 ID:HkKA8yyN
>>34
それに加え、惑星になると重力が働くから大きいほど密度が増える傾向になる
同じ組成物質ならより中が詰まった状態になるからさらに小さくなる

21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 04:25:02.92 ID:4O/kWfVz
この惑星に降りたったとしたら
重力も地球の6倍になるの?

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 19:55:37.12 ID:xqiFvfKb
>>21
そうとは限らない
例えば土星は地球の100倍近く、海王星は地球の20倍近い質量があるけど、
その分サイズも大きいので表面付近の重力はどちらの惑星も地球と同程度しかない

24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 06:36:57.04 ID:W2Unokg8
>>21
重力は重心からの距離の二乗に反比例し、質量に比例する。
地球と同じ密度だとしたら、半径は地球の二倍弱になり、重力も二倍弱ということになる。
けど、たぶん主成分氷で地球よりも密度が低いだろうから、半径は地球の二倍半くらい、表面重力は地球並みだろう。

ガニメデは月の二倍の質量だけど、月よりも密度が低いせいで、表面重力は月より やや小さい。

56: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 22:36:35.94 ID:73r9q4oN
>>24
水星と火星もあれで表面重力だいたい同じなんだよな

57: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 22:56:13.41 ID:XX5TNU4+
>>56
何言ってんだ、
水星の質量は概ね月と同じだから1/6Gだろ
とか思ったら自転周期が月の倍もあって本当に火星と同じくらいだった。

つか、火星の自転周期25時間が早すぎるてのもあるな。

63: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/18(木) 02:08:29.65 ID:4xEDZQs8
>>57
自転は関係ないと思うしその書き方は誤解を招きそう

66: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/18(木) 08:08:20.02 ID:ObqOpA9B
>>63
ん?関係大アリだが?

67: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/18(木) 10:22:01.49 ID:iEVDVFeI
>>66
厳密にはあるけど大差ない
特に月や水星みたいに超遅い天体は。
月の自転遠心力による見かけの重力軽減は13μm/sec^2、水星で4μm/sec^2。
m/s^2単位の重力に対してあまりに小さい。

火星でも16mm/s^2(重力の0.4%)、地球で33mm/s^2(重力の0.3%)、これでやっと微妙に影響するレベル。火星の自転が速いから重力低いとは言えないレベル。
土星とかになると、結構な影響出るな。表面重力9m/s^2に対し、赤道での遠心力1.8/s^2に達する。

水星の重力が火星並みなのは、火星より平均密度が大きいから。

41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 16:18:01.64 ID:b/OfPuSi
>>24
話それるけど、
氷惑星って地熱がないの?

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 20:33:29.25 ID:JQt82MCf
>>41
自然放射能・地磁気効果・重力ポテンシャル等の影響があるので
氷の下に海がある(そして生命圏も存在する)可能性がすでに検討されています。

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 04:24:09.85 ID:iwcYIzOg
水があって太陽光(恒星光)が当たる環境なら知的生命体は無理でも微生物がいる可能性は高くなるわな

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 09:38:12.67 ID:8KgBNoGp
ブラックホール観測した手法で赤色矮星観測出来ないの?
惑星も興味あるけど主星も見たい
赤色矮星は穏やかに光ってるイメージだけど
実はプロミネンスが吹き荒れてる危ない星らしいじゃない


72: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/18(木) 22:06:41.57 ID:B1jVs07l
表面付近の重力のはなしだと、太陽系では太陽が圧倒的だけど、恒星でいえば太陽より軽い赤色矮星の方がずっと強いんだよな
資料によるけど主星のプロキシマは150Gくらいか

逆に同じ主系列星でもO型あたりの大質量星だと3G程度だし、赤色超巨星とかだと‥おおいぬ座VY星あたりはフォボス(0.0006G)と同じかそれ以下くらいぽいな

73: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/19(金) 00:08:04.08 ID:O8CkNOMW
結局のところ天体の表面重力は質量に比例すると同時に半径の二乗に反比例するからな
10キロそこそこのサイズで太陽クラスの質量がある中性子星の表面重力がどれだけヤバイか何となく想像できる

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/16(火) 23:16:24.25 ID:DobhK0sX
赤色矮星って、
太陽よりもよっぽど細く長い寿命の恒星だって聞いた。コズミックフロントで見た。

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 00:03:15.28 ID:KpwULOaP
ちょっと関係ないけど
電波望遠鏡での惑星の画像ってあまり見かけないよね
光学よりずっと解像度あげられそうなのにね
金星のはとりあえず一枚見つけたけど
もっとあっても良さそうな気がするんだけど

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 00:22:48.98 ID:XX5TNU4+
>>7
地球型惑星は電波を出さない。

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 00:47:29.42 ID:qBjW8xTS
>>7
金星のは探査機レーダーによるもの。
他、地球に接近する小惑星にはレーダー観測がなされることがある。
いづれにしても電波をぶち当てる必要あるので、近場か探査機が行ける場所だけ。

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 01:35:40.60 ID:KpwULOaP
>>12
探査機なの?
アレシボ電波望遠鏡からレーダー波出したとあったけど。
電波当てる方法は結局近場限定なわけね。

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 02:10:26.52 ID:qBjW8xTS
>>16
あーそれがあった
探査機(マゼラン)でもやってるけど
解像度は探査機が150m、地上からの観測で1.2km

土星衛星くらいまでは地球からのレーダー観測計画あるらしいね。

54: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 20:43:39.25 ID:u724Ys5F
まだ他にも惑星あって地球型の惑星もないとは言い切れないんだよな。
光の速さで4年。
地球から「おめぇきめぇんだよ。死ねバカヤロー」
とかふざけた悪口メッセージ送ったら8年後に光の速さの光線ビームが送られ地球危うしとか…。

29: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 11:39:55.50 ID:ZjW9Tb4F
せめて光速の1/10ぐらいの速さの探査機が作れれば、
40年で現地に到着して、ガンガン撮影して40年で帰ってこれるのだが・・・。

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 11:53:28.37 ID:iwcYIzOg
>>29
光速の20%のやつが計画されているよ

光速の20%の速さで飛ぶ小型探査機計画「ブレイクスルー・スターショット」が直面せざるを得ない危険とは?
https://gigazine.net/news/20160825-how-dangerous-breakthrough-starshot/

40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/17(水) 15:46:27.35 ID:/jcc5kjD
>>31
往復40年か…


転載元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1555422515/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット