fireworks-1544997_640
1: しじみ ★ 2019/03/27(水) 03:08:36.13 ID:CAP_USER
銀河の重力によって光がねじ曲げられ、同じ天体が複数に分裂して見える現象「重力レンズ」の新たな実例が発見されました。重力レンズが発生した際の見え方にはさまざまなパターンがありますが、今回発見されたものは上下左右の4つに分かれているパターンで「アインシュタインの十字架」と呼ばれるものです。
no title

A New Einstein Cross Gravitational Lens of a Lyman-break Galaxy - IOPscience
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/2041-8213/ab0aeb/meta

A new Einstein cross is discovered
https://phys.org/news/2019-03-einstein.html

一般相対性理論では、時空は重い物体から発生する重力によってゆがみ、そのゆがんだ時空に沿って光が曲がって進むと述べられています。従って、観測者と観測対象との間に別の天体があった場合には中央の天体が凸レンズの役割を果たし、見かけ上では観測対象が分裂して見えることとなります。これが「重力レンズ効果」です。下の画像では実際に光が通った経路が白い矢印で示されており、見かけ上の経路がオレンジの矢印で示されています。
no title

(中略)

イタリアの科学者チームはハッブル宇宙望遠鏡の高解像度画像で発見された4つの光のうち、3つの光をスペクトルに分解することに成功し、イオン化された水素による輝線が同じ波長で表れている事を確認しました。同じ波長に同じ輝線があることは光が同じ物体から来ていることを示しており、このことから重力レンズ効果が働いていることが分かります。
no title

重力レンズによって天体の像が分裂して十字架に見える「アインシュタインの十字架」は、これまでたった1例しか報告されていませんでした。今回で2例目となる新しい「アインシュタインの十字架」は、銀河座標に従って「J2211-0350」と命名されました。また、重力レンズの役割を果たす天体はおよそ70億光年先にある楕円銀河で、光源は少なくとも200億光年離れた別の銀河だったことが判明。

(以下略)

https://gigazine.net/news/20190326-new-einstein-cross/
11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 05:28:13.39 ID:6oQ7ieJX
200億光年は衝撃だな
元はどうなってるんだ

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 03:15:50.41 ID:JiUzLgXN
光の速さで200億年掛かる距離?←ちょっと遠いね

5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 03:47:56.59 ID:1DnrbHFn
ある日、ある場所で焦点があって
黒焦げにになる星があるんではなかろうか

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 06:57:04.76 ID:V9SFnIkE
アインシュタインは死後64年も経ってるのに
ずっと世界中で語り継がれてるのが凄い

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 08:21:29.24 ID:oP6ZmNpL
これだけ銀河があっても十字架は2例しかないんだ

79: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 04:52:39.45 ID:Fn+fC/tj
>>22
移動している者同士なのでこいつもいずれ見えなくなる

28: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 08:42:44.43 ID:kKwtd2R1
なんで輪にならずに4点になるの?

32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 09:03:37.05 ID:7WZfUJ+x
>>28
中央にある天体が楕円形の銀河だからだと思う

54: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 15:40:55.27 ID:uHAfouVq
>>32
それなら、楕円形の輪になってもらわないと解せぬ

80: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 07:23:36.14 ID:2J+5tvGF
>>54
現実に合わせて考えると
楕円というよりも薄い円盤として考えるべきなんだろうな

66: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 19:45:45.38 ID:YcCUyDG1
ドーナツ型にならないで4個出るのが面白い

69: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 22:53:11.43 ID:g/exgudx
>>66
ドーナツ型というか、アーチ型はある。探せば3つとか5つとかアーチ+星一つとかもありそうだな。

48: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 12:21:18.04 ID:qCS2xAWH
どうして4つにわかれちゃうの?

78: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 04:21:11.38 ID:PstCj8pN

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 03:20:56.18 ID:QZrdy+uz
宇宙誕生って百数十億年前じゃなかったっけ

29: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 08:58:13.07 ID:Aztxy8Bg
うーん 200億光年というのがどういう計算なのかわからないな
その銀河自体は何億年前のものなんだ

35: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 09:26:14.58 ID:pTog4OEm
>>29に赤方偏移量z=3.03とあるから「現在」200億光年彼方にある銀河の光が
地球に届くまでにかかった時間は117億年くらいじゃないかな?

no title

赤方偏移 - Wikipedia
赤方偏移(せきほうへんい、英: redshift)とは、主に天文学において、観測対象からの光(可視光だけでなく全ての波長の電磁波を含む)のスペクトルが長波長側(可視光で言うと赤に近い方)にずれる現象を指す。
46: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 11:48:36.48 ID:hLQRMFbO
>>35
ほほう

49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 12:41:11.58 ID:Aztxy8Bg
>>46
光が出たのは138億年以内じゃん
なんで200億光年って数字がでてるのかってこと
70億光年先の銀河ってのは現在の位置ではないよね
一方は過去で一方は現在
なぜ時系列の違いがでてるのか

51: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 13:28:57.91 ID:x8OI0BSY
>>49
例えば、今見つかってる銀河で最も遠いものは、133億光年だけど、
これは133億年前の位置で、今現在は推定316億光年の距離にある
つまり、133億年の間に、183億光年離れた、ってこと
http://www.lizard-tail.com/isana/lab/redshift/redshift-distance.php?h=67.15&m=0.317&l=0.683&scale=0.001&start_z=10.3&end_z=10.3

55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 15:41:05.46 ID:5KIn7SsJ
>>51
光速越えてる?

56: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 15:47:41.26 ID:x8OI0BSY
>>55
見かけ上はな
空間が広がってるだけだから、光速を超えて移動してるわけじゃない

104: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/29(金) 06:33:55.04 ID:IbZZoifp
え、遠くの宇宙って光よりも離れるの速いの??
光より速いものが存在してたんか
だとしたら、地球もビッグバンから見て光以上の速度で動いてるわけ?

光よりも速く動いてたら、タイムマシン的なものが色々解明出来そうだが

105: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/29(金) 07:16:25.52 ID:ojD90hnL
>>104
地球も含めどこでもビッグバン。
ビッグバンからみて、なんて概念がない。
ある程度離れたらみかけの後退速度は超光速、そこがいわゆる宇宙の果て。

65: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 19:23:10.38 ID:EbbMZDdt
調べたけど
138億年前の光(背景放射)というのは、実際は4100万光年から発せられたものの、
空間の膨張で地球に届くのに138億年かかった。
そして現在、その天体は計算上450億光年彼方にまで遠ざかっている。
これだけ離れてしまうとこの間の膨張スピードは光速を超えてしまっているので、
現在、発せられた光は地球に届くことは永遠にない。

102: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 13:26:03.85 ID:SiyAIUyp
>>65 なるほど。遠くの宇宙は光より早く膨張するんだね。

人類は永遠に宇宙の果てを見ることは出来ないんだね。

88: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 11:10:28.82 ID:PstCj8pN
no title

99: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 12:55:39.06 ID:b+hF3U7m
>>88
わかりやすいなこれ

71: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 00:32:54.59 ID:Lge3x5Ui
これがわかりやすかった。
数式では理解しきれないけど
http://www.asj.or.jp/geppou/archive_open/2003/pdf/200312art5.pdf

99: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/28(木) 12:55:39.06 ID:b+hF3U7m
>>71参照。対象の明るさでは1000億光年、大きさでは50億光年に見える。

赤方偏移からの推定はあくまで宇宙論を適応した結果で、いつの時点の距離かも答に影響するので、距離と言っても意味ないかも。
一般的に言われる距離は何年前の光だから何光年離れていると言ってるだけ。これは現在の推定距離というわけではないらしい。そのへんも>>71で解説されている。

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/27(水) 04:50:44.93 ID:4baCYxiu
なるほど・・・こうやって確かめるんだなw

肉眼でみて区別つかないのに、どうやって重力レンズ効果と見分けたのだろうと
常々不思議に思ってたw


転載元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1553623716/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット