the-asteroid-1430009_640
1: ガーディス ★ 2019/03/06(水) 17:43:41.39 ID:HAr86jT59
地球から約50億キロ離れた太陽系の「果て」にある、半径約1キロの小さな天体を、国立天文台などのチームが発見した。

 これらの天体は非常に小さく、巨大な望遠鏡を使っても暗すぎて直接観測できなかったが、低コストな市販の望遠鏡を用いて成功した。

 海王星のさらに外側には、小さな天体が大量に集まる「カイパーベルト」と呼ばれる領域がある。だが、太陽系誕生時の姿をとどめた「生き残り」とも言える、半径10キロ以下の小さな天体は観測例がなかった。地球などの惑星は、太陽系の誕生時にこうした小天体が衝突と合体を繰り返して成長したとされる。

 チームは、市販の小型光学望遠鏡(口径28センチ)を使ったビデオカメラ2台を開発。2016、17両年の夏、沖縄県の宮古島の施設に設置し、約2千の恒星を断続的に60時間観測し、データを解析した。その結果、16年6月に、12等の明るさの恒星が0・2秒間、最大80%減光していることを発見した。小天体が遠方の恒星の手前を通過した際に、恒星の光を遮る現象を捉えたものだという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16117726/
50: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 21:23:08.79 ID:Z3lEqjbw0
太陽系の前の惑星系の残骸とかもあるのかな

2: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:45:33.29 ID:TWRUMm/90
いやこれ趣味ならともかくコスト掛けてやる意味が無い発見では…

3: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:45:33.36 ID:gsPfhDMl0
その市販の望遠鏡で新天体を見つけるノウハウを教材化して望遠鏡につけて売れよ
ガキの頃買った望遠鏡で結局月とか金星しか見なかったわ

13: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:51:41.53 ID:16uw4MAl0
>>3
こういうのは、天文関連の雑誌で特集とかされるんじゃね

5: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:47:03.30 ID:yYv+kqvk0
28cmってかなりでかいだろ

11: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:48:04.96 ID:HAr86jT50
>>5
研究者が使うような大型望遠鏡に比べてって意味だぞ

41: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 19:03:04.07 ID:01ysd+gL0
市販の28cm望遠鏡って新品で60万円くらい?

71: 名無しさん@1周年 2019/03/08(金) 00:48:52.43 ID:4O/oNqL20
市販いうてもお高いやつか!

57: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 23:29:28.62 ID:tbELEAX40
凹レンズの太くて短い望遠鏡には憧れたな
星雲は双眼鏡の方がよく見えて笑えたな

6: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:47:05.76 ID:16uw4MAl0
反射望遠鏡って暗いの?

38: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:42:54.19 ID:ZtoWx9wF0
>>6
一眼レフ用だって、ミラーレンズは暗いからなぁ。
F8が普通で、明るいヤツでもF6.3。

18: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:56:16.97 ID:VClsC/D/0
しろーとの疑問:鳥や飛行機が通っても減光するんじゃないの?

20: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:00:17.90 ID:FdDzKyWW0
>>18
二台、がミソなんじゃない?
減光のタイミングが大気圏内では説明つかないヤツ、とか。

29: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:15:41.12 ID:Z9JwPBVV0
>>18
鳥や飛行機なら、複数の天体が同時に隠されるし、
それが高速で移動する様も捉えられるだろ

16: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:53:34.09 ID:mudtykjm0
この減光がカイパーベルトの1mの小天体によるものだという根拠がさっぱりわからん

21: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:01:42.90 ID:V+KkIBrJ0
>>16
それ小さすぎ

31: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:17:19.17 ID:Si2TjxlD0
>>16
半径1kmだってばよ

28: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:14:50.05 ID:vAkI5nUV0
>>16 観測点からその減光した恒星までの間には何もないはず
で、あるとしたら それ
って根拠なんじゃないかな

12: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:49:55.15 ID:vAkI5nUV0
0・2秒間、最大80%減光
それだけ

安もの機材でこのデータに信憑性はあるのか

54: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 22:07:37.00 ID:h1DMX7V40
>>12
だからカメラ2台使ってんの

トランジット法
トランジット法(英語: Transit photometry)、または食検出法は、ドップラー分光法では得られない、惑星の半径を求めるのに有効な手法である。惑星が主星の手前を通過(恒星面通過、トランジット)すると、地球から見た恒星の光度はごくわずかに減少する。その減光から惑星を発見する方法である。
太陽系外惑星の発見方法 - Wikipedia
26: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:10:11.58 ID:QmwAkwRB0
これって再び観測するとかできるの?w
軌道すら割り出せないんじゃ?

32: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 18:19:24.27 ID:GtsRjLMv0
発見した。その喜びだけだろう。

69: 名無しさん@1周年 2019/03/07(木) 23:55:12.38 ID:qIgSTkvy0
使用順番や時間が決まっていてなかなか使えない大型望遠鏡じゃなくても小天体の発見ができますよ
システムも簡単だからアマチュアでもやれるし観測者が増えれば発見数も増やせる
という話なんで

77: 名無しさん@1周年 2019/03/08(金) 01:47:00.27 ID:Vg/NvlP80
>>69
後はね視野が違いすぎるんだよ

小さい望遠鏡の方がワンショットで広い領域を調べられる
従って、光量が足りてるなら小さい望遠鏡の方が有利
大望遠鏡は狭い領域をくらい天体まで個別に調べるのに有利

14: 名無しさん@1周年 2019/03/06(水) 17:51:59.50 ID:J0Xb1AyC0
コスパ最高(´・ω・`)


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551861821/

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット