horseshoe-crab-347245_640
1: しじみ ★ 2019/03/01(金) 21:54:16.87 ID:CAP_USER
■膨大な遺伝子解析による研究結果、書き換えられるか進化のストーリー

「生きた化石」として知られるカブトガニは、実はクモと同じ仲間であることが、新たな研究で示唆された。

 2019年2月14日付けで学術誌「Systematic Biology」に発表された論文によると、カブトガニはクモやサソリ、ダニなどと同じクモ綱(クモガタ綱とも)に属するという。この研究では、カブトガニ類とクモ綱の生物について膨大な遺伝子解析を行い、その結果をもとに最も妥当と思われる系統樹を作り上げた。

(中略)

■これまで考えられてきた道筋

 カブトガニ類もクモ綱も、さらに上位の大きな分類である「鋏角(きょうかく)亜門」に属していることは、以前から分かっていた。しかし、厳密な意味でどれほど近い関係なのかは謎だった。

 カブトガニ類は、血液が青く、穴を掘る習性がある。最古の化石は4億5000万年前のものだ。ちょうどその頃、クモ綱の動物も出現し始める。

 これまでカブトガニの出現は、次のように考えられてきた。まず、クモ綱の動物とカブトガニは、ある種の水生鋏角類と思われる共通祖先から枝分かれした。片方の系統はすぐに陸に上がり、10万種にも多様化し、今日のクモ綱になった。

 もう片方の系統であるカブトガニ類は、海にとどまり、いくつもの大量絶滅期をほとんど姿を変えずに生き残った。今日まで生き延びたカブトガニは、わずかに4種。体長30センチを超えるものもある。これが従来の説だった。

(以下略)

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030100134/
5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 21:59:19.46 ID:NuhuYQea
昔から言われてなかったか。

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:04:34.42 ID:AWd47hNj
エビ類が陸に上がって昆虫になったなんて
考古学少しでもかじった事ある人なら誰でも知ってるんじゃね?

96: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 09:30:26.97 ID:4BfCbV+Q
>>9
つまり、エビが美味いって食ってる人は、昆虫食と同じか

40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:10:56.87 ID:88hJ3mmP
ってことは、カブトガニの味はサソリに似てるのかな??
サソリもクモ系列なんだぜ

2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 21:55:22.76 ID:z2ElqfrF
サソリってクモの仲間なんだ

86: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 10:18:56.36 ID:FrP1R33Y
タラバガニも蜘蛛が先祖だし驚かない

87: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 11:07:10.91 ID:/fsuuHMa
>>1にも書いてあるけど鋏角類てのは昔からわかってて、その中でどういう位置になるかってのが今イチはっきりしなかった。
カブトガニはクモ類の外にある分類群とする考え方が一般的だったけど、完全に内部の種だというのが今回の論文。

節足動物
 鋏角類
  クモ・ダニ・サソリ・カブトガニ
 甲殻類
  カニ・エビ・ダンゴムシ・ミジンコ
 昆虫類

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:11:06.90 ID:Hu7MmNrY
カニとは味が全然違うもんね。
あんまり美味いものではない。

49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:28:09.91 ID:ZR3dlRco
カブトガニって、卵びっしりなんだよな。
no title

74: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 03:23:03.85 ID:6NWwocQA
卵を食べる国もある

なおマルオカブトガニは卵にテトロドトキシンを含み有毒で食べると危険

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:27:24.56 ID:ZUXYitPR
タラバガニはカニの仲間ではなく
ヤシガニの仲間

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:20:02.63 ID:ZUXYitPR
まぁ今までは足の数とかの形態で
そう推測していたが、遺伝子の研究からも
裏付けられた、ってコトか

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:57:42.56 ID:pjvDpbcm
形態的今まで鋏角類の中でクモ類の兄弟群だと思われていたのが、
遺伝子を調べてみたらクモ類の内群でクツコムシの兄弟群だった、という話。

しかも、いったん陸上に上がった系統から海中に逆戻りしていたらしい。

それにしても、そうするとカブトガニが体外受精なのはどう説明するのだろう。

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:02:16.73 ID:AWd47hNj
>>33
あのひ弱な脚とでかい甲羅で完全に陸には上がれないんじゃないかな
いったん陸上に上がったってのは眉唾な気がしないでもない

43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:14:15.42 ID:pjvDpbcm
>>34
この研究でカブトガニの姉妹群であることが示唆されているらしい「クツコムシ」って、
かなり微小な土壌動物なのよ。

小型の土壌動物から汽水域の干潟なんかで海に戻ったってのならありうると思う。

45: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:18:24.13 ID:AWd47hNj
>>43
なーるほどあのキモチ悪いフナ虫みたいのだなw

48: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:23:08.59 ID:pjvDpbcm
>>45
確か、クツコムシ類って、摂食生態も生殖行動も、研究の空白でほとんどわかってないはず。

今後、カブトガニの進化の謎を解くためにクツコムシの研究に脚光が浴びるんじゃないか?

35: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:05:41.14 ID:ZUXYitPR
クジラが陸生生物だった時、どんな
姿だったのだろう…何で海に帰った?

36: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:07:22.96 ID:AWd47hNj
>>35
海の方が食い物が多かった
姿はカバ

パキケトゥス - Wikipedia
220px-Pakicetus_BW
by Nobu Tamura is licensed under CC 表示-継承 3.0
パキケトゥス(パキケタス、学名:genus Pakicetus)は、約5,300万年前(新生代古第三紀始新世初期ヤプレシアン)の水陸両域に生息していた、四つ足の哺乳動物。現在知られる限りで最古の原始的クジラ類である。
37: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:07:51.01 ID:9v0T1S73
クジラはラクダに近いって聞いた
そういえば顔が何となく似てる

44: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:14:45.80 ID:AWd47hNj
>>37
陸に上がった後居残ったのがカバになり海に戻ったのがクジラ

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:29:23.61 ID:+XIC+OFV
従来は形質から見た目で分類していたのを遺伝子的に再検証しまくっている最中だからな

32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:56:13.18 ID:O88N9kJA
>>22
遺伝子解析で生物の分類を決める方法ってどこまで進んでるの?

ヒトの遺伝子がすべて解読されて久しいと思うんだけど、まだそんなレベルなの?

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:36:32.19 ID:hSygn2NY
>>32
ヒトの遺伝子を全部解読した気になってたけど、
最近になってよくよく調べたら、解読対象がヨーロッパ人で、
アジア系とかアフリカ系とかで遺伝子的に違ってる部分の比較対象としては
参考にならないことが判明しちゃって、ちゃんと調べ直そうぜ、っていう段階

53: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:42:38.09 ID:pjvDpbcm
>>52
まぁ、次世代シーケンサーなんて出てきて、解読速度は当時と比べて信じられないほど早くなっているからなぁ。

縄文人とか弥生人の古人骨の遺伝子解析でも、昔はコピー数の多いミトコンドリアゲノムを読むのがやっとだったのが、
今では全残存ゲノムを丸ごと読んでるもんな。

59: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 00:17:35.83 ID:QfNS01Jj
生きてるの見たこと無いな
日本にも居るんだよね?

60: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 00:21:27.31 ID:S2QRa7s3
>>59
日本にもいるし日本以外なら飼えるので熱帯魚屋で売ってる

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 23:30:36.15 ID:6PGVJNxK
青い血液ってのが神秘的だよな
しかも、細菌汚染試験で医療に必須

90: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/02(土) 13:22:19.22 ID:RxvwuhKa
AIDSの為に血を搾り取られる存在

152: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/04(月) 14:53:05.73 ID:PsPFCs65
人間様の為に青い血散々抜かれて海に返される。なんとも切ない生き物だな。

95: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 06:59:34.20 ID:s7zm64VS
昔は三葉虫の親戚みたいに言われてたんだよね

106: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 11:45:54.99 ID:sqnEJkwo
結局、三葉虫との関連性は薄いって事になってるよな。
カブトガニの幼生が似てるってだけで。

122: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 15:42:55.31 ID:CVaLm3Wf
カブトエビはどうなのよ。

99: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 10:54:53.59 ID:4mLNnci0
カブトエビは原始的なミジンコの仲間。
カブトガニとはほとんど無縁。

108: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 12:14:54.44 ID:m7ucPxEf
ところで
なんで蜘蛛だけが糸はくの?
分泌物の突然変異?

117: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 14:14:27.87 ID:4mLNnci0
>>108
同じ蜘蛛型類のダニの一部、ハダニなんかも糸を吐いて巣を作る。

ストイキオメトリーで考えると、体内の元素バランスを適切に保つうえで過剰になった窒素の一部を
窒素排泄物(蜘蛛型類では尿素や尿酸ではなくグアニンで排泄)にするんではなく、タンパク質にして
生活資材に役に立ててるんだな。

119: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 14:35:00.50 ID:m7ucPxEf
>>117
おお
なるほどわからんけど
進化ってすごいな

120: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 15:12:21.79 ID:4BfCbV+Q
>>108
シルクは蚕の糸

121: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 15:20:05.02 ID:4mLNnci0
>>120
カイコのような蛾の仲間でも、糸を吐くのは余剰窒素を排泄物にせずに有効利用することから進化してきた
形質であることが示唆されているね。

ちなみに、昆虫ではほかにウスバカゲロウやクサカゲロウの仲間(脈翅目)の幼虫が糸を出して繭を作ることが
知られているが、こいつらなんてもろに窒素排泄物排出器官であるマルピーギ管から絹糸タンパク質を分泌し、
肛門から糸を吐いてる。

127: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 16:01:21.68 ID:SOrLxnw5
>>121
余剰窒素を排泄というならアンモニアや尿素の形が効率的なんだがなぜわざわざタンパク質の形で排泄するのか不思議
むしろ排泄器官を有効利用した形といったほうがいいのかなと

129: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 16:14:23.38 ID:4mLNnci0
>>127
単なる排泄効率なら尿素、尿酸、グアニンで出しちゃうのが効率はいいんだけど、
それをリサイクル利用しちゃおうとタンパク質にしているんだな。

特にカイコのような植物食者の場合は生体有機物を構成する炭素、窒素、リンのうちリンの含有量が
極端に低いので、このリンを濃縮するために大量の炭素と多少の窒素を捨てざるを得ない。

136: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 17:19:29.63 ID:SOrLxnw5
>>129
排泄物からタンパク合成してるわけじゃないから語弊があるかと
糸となるタンパク質は有用な資源であるアミノ酸から合成されてる
リンは極力リサイクルされるから濃縮はあまり考える必要ないかと

137: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 17:53:18.08 ID:4mLNnci0
>>136
「極力リサイクルされる」ってのは絶対量が足りていないから
生物が進化の過程で身に着けてきた形質なんで、
ここら辺は東北大学の占部丈太郎さんなんかが淡水中の動物プランクトンと
植物プランクトンの被食関係の研究で明らかにしている。

例えば、窒素同化能力のあるシアノバクテリア(藍藻)をミジンコに与えると、
古い生態系観ではC/N比、つまり有機物の構成元素で不足しがちな窒素をどれだけ
濃縮できるかが重要と思われていたのが、
虎の子の窒素をどんどん排泄してもっと足りないリンを濃縮していることが多いらしいんだ。

陸上生態系では水中よりさらにリン不足が深刻で、陸上植物のほとんどが、
土壌粒子に強固に結合しているリンを引きはがしてきてくれるアーバスキュラー菌根菌との
共生なしには陸上生態系の中で生存していくのがほぼ不可能だと言われている。

105: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/03(日) 11:45:32.13 ID:yG7z/6Ub
何十億年もときが流れりゃ海陸海陸海とか複雑になるよ

29: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/01(金) 22:47:01.92 ID:d6HNSA/V
親戚のおじさんポジションだと思ってたら実は兄弟でした


転載元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1551444856/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット