asteroids-2117790_640
1: 次郎丸 ★ 2019/02/07(木) 20:45:33.18 ID:6mSFLI2A9
 京都大学を中心とする共同研究グループは、宮古島に設置した超低コストな小型望遠鏡を用いた観測によって、太陽系の果てに、太陽系最古の始原天体「微惑星」の生き残りと推定される極めて小さなサイズの天体の発見に史上初めて成功した。

 地球を含む太陽系の惑星は、太陽系誕生時に大量に存在した半径1-10 km程度のサイズの小天体「微惑星」が、衝突・合体を繰り返して現在の大きさまで成長したと考えられている。こうした微惑星の一部は成長過程から取り残され、現在においても、海王星より遠方の太陽系の果て「エッジワース・カイパーベルト」(以下、カイパーベルト)という領域に生き残っていると予見されてきた。しかしながら、微小なカイパーベルト天体は見かけの明るさが暗すぎて、最先端の望遠鏡を用いても直接観測は不可能だったため、これまでに発見例はなかった。
 
 今回、同グループは、現代の観測天文学分野においては異例の小規模かつ超低予算なプロジェクトながら、研究者のアイデアの積み重ねによって、巨大望遠鏡でも全く歯が立たなかった、太陽系の果てにある小さな始原天体の発見に史上初めて成功した。

 本発見は、小さなサイズの始原天体が現在の太陽系の果てに大量に生き残っており、それらが彗星の起源になっていることを示唆する初の観測結果であり、今後、「太陽系はどこまで広がっており、その果てに何があるのか?」などの疑問が明らかになることが期待される。

論文情報:【Nature Astronomy】A kilometre-sized Kuiper belt object discovered by stellar occultation using amateur telescopes

大学ジャーナルオンライン
https://univ-journal.jp/24683/
2: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:48:43.83 ID:bfEBlMUN0
すげー!大発見だ!

44: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 23:16:49.79 ID:QK1QBrzO0
実物を見つけたなら惑星の作り方レシピができるかもな
作ってみるのもいい(笑)

9: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:51:39.28 ID:Z+9WA57G0
地球上のあらゆる生き物の宇宙船がようやく見つかったというわけかw
我々の故郷が、あそこにあるのか

8: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:51:29.47 ID:iEXJk2xA0
> 微惑星
小惑星と何がちがうん?

41: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 22:51:10.92 ID:GmM3scwY0
>>8
定義上の適切な説明は知らんけど、小惑星の多くは惑星由来
この微惑星は原始太陽系の塵から直接凝集して出来たみたいなこと書いてあるね

12: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:54:54.57 ID:pjLxXe9t0
そういや鉛直方向にはほとんど天体がないのは何故?

14: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:58:24.51 ID:WPjHB5we0
>>12
惑星がないだけで星は沢山あるけど

18: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 21:11:19.31 ID:dkuTmcPE0
>>12
惑星の場合でいうと、原始太陽が形成される時はガスが円盤状に集まる
垂直方向にはジェットが噴出して、極方向のガスはこれで吹き飛ばされる
この円盤の中で原始惑星が形成されるから、惑星軌道はほぼ水平になる

宇宙ジェット - Wikipedia
宇宙ジェット(うちゅうジェット、Relativistic jet)とは、重力天体を中心として細く絞られたプラズマガスなどが一方向又は双方向に噴出する現象をいう。重力天体周辺の激しい天体活動がジェットを高速に加速すると考えられる。 宇宙ジェットの中心となる重力天体には、原始星、コンパクト星、大質量ブラックホールなどの場合がある。
62: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 02:04:41.02 ID:dR+wanJa0
>>18
円盤状になるのは原始雲が自転を始めるから。
ピザ生地をくるくる回すと薄く延びていくのと同じ、と書いてあった。
ジェットは関係ないよ。

66: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 05:22:11.92 ID:uPzFizrM0
>>62
形成の段階を混同しているようなので
http://www.resceu.s.u-tokyo.ac.jp/~submm/sf/sf.html
が解りやすかった

68: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 07:02:44.85 ID:dR+wanJa0
>>66
読んできたよ。
ちょっと調べてきた。
ジェットが形成されるのは、加速された荷電粒子の強力な磁場によるものなんだって。

で、形成の順番は間違ってないよ。
1. 球状にガスが集まる。
2. 自転を始めて円盤状になる。
3. 中心の重力が大きくなりジェットが出る。

太陽系の惑星が何で円盤状にしかないの?って質問に、ジェットで吹き飛ばされるからじゃなくて、恒星もその周りの惑星も、最初に恒星を中心に円盤状に形成されたものから出来るから、って答えたつもり。

69: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 07:34:08.91 ID:STxso9130
>>66
自分もいくつかの文献を読んでみたけれど、
ジェットが観測されるのはあくまでも太陽の数倍の質量の原始恒星で確認されてる訳で
66番さんのリンク先の解説の様に太陽の様な小さな星でもジェットが発生したという確証はないと言えそう

72: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 07:59:56.92 ID:fAa4tAMH0
>>69
太陽よりもはるかに小さい褐色矮星でもジェットは観測されている

34: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 21:57:03.51 ID:SM9dX0rK0
鉄ってかつてのどこかの恒星の成れの果てらしいな。白金なんて超新星かそれ以上のものの成れの果てだってさ。

37: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 22:11:01.62 ID:Z5arizxN0
>>34
鉄とか金は太陽の数千倍大きさの星が寿命を終えて爆発する圧力でしか生成されなく
その残骸がまた集まってきて初めて多様な原子が含まれる太陽系の様な惑星群ができあがるんだとか

24: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 21:30:08.39 ID:lt90o9Tf0
半径1kmとかちっさ
って書いた直後に窓の外見てスケールの違いにハッとする

10: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 20:52:45.82 ID:KsZy41l50
宇宙は怖い

59: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 01:33:53.92 ID:1YICRFUq0
どんな小規模低予算観測なのか書かないと意味がないだろ・・・
ばかなのか?このジャーナルは

60: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 01:44:08.78 ID:JaaV8RiM0
>>59
確か複数の観測機材で別地点から同じ方向を観測して
同時に暗くなったら掩蔽と判断するとかじゃなかったか?
確か先月末くらいにこのネタ記事になってなかったっけ?

史上初、太陽系の果てに極めて小さな始原天体を発見 -宮古島の小さな望遠鏡が太陽系誕生の歴史と彗星の起源を明らかに-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/documents/190129_1/01.pdf

なんか鯖メンテ中なのか今は見れない

掩蔽 - Wikipedia
掩蔽(えんぺい、occultation)とは、ある天体が観測者と他の天体の間を通過するために、その天体が隠される現象である。
61: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 01:58:41.18 ID:VH0AES1s0
>>60
ああ・・なるほど。精度の方を手間でカバーしたのか
これから精度が上がってジーンズ長内にあるガスや
微惑星やそのカケラの分布がわかってくれば
恒星系形成のしくみにもつながるのか

しかし・・・こういうニュースに触れるたびに思うんだが
案外と宇宙空間ってのはガスやホコリやカケラであふれてるんだな

63: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 02:10:36.99 ID:SUvCRsgC0
>>60
掩蔽現象なら小口径の望遠鏡でも観測可能なわけでよく考えられてるな

47: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 23:38:02.60 ID:NjcsoG5d0
https://www.nature.com/articles/s41550-018-0685-8
論文の要旨によるとKBOを直接観測したわけじゃなく、移動する天体が背後の星を隠す現象(掩蔽)を観測してその時間から大きさを割り出したってことみたいだな

70: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 07:42:02.06 ID:LA7FHgX70
これは微惑星のことより、どういう望遠鏡なのかの方がはるかに気になるわ。

簡単な原理くらい記事にしてくれてもいいだろう?

ケチだな。

73: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 08:10:10.59 ID:STxso9130
>>70
太陽系内で公転している隕石が通過する度に影ができるのを確認しているんだと
地球に似た惑星探しの際に最も一般的に使われてる手法
天文学の研究は欧米が先陣を切ってるから日本のは二番煎じみたいな発表が多いね

75: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 13:29:24.74 ID:S7D7+Bdi0
>>70
望遠鏡に大した意味は無い
これは観測手法の話し

対象の星は小さくて、どんな望遠鏡でも観測できない
だから微惑星が移動することで、その背景の星が隠れる、その痕跡をつぶさに記録していく

一回の観測撮影で済む話ではなく、チームでずっと連日観測する話し
チーム編成とか観測態勢とか、ログの取り方なんかも工夫はあるだろうな

だから望遠鏡にあまり意味は無い
反射式、それも安価な赤道儀架台のドブソニアンとかでも出来る

71: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 07:48:05.40 ID:z4xqMRun0
小さすぎて良くみえないのか


転載元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549539933/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット