NewHorizonEncountersAsteroid-2014MU69
1: しじみ ★ 2018/12/30(日) 14:01:19.24 ID:CAP_USER
新年早々から宇宙の大きな話題で盛り上がりそうです。
NASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」は、2019年1月1日に太陽系外縁の天体に最接近します。

ニュー・ホライズンズは、冥王星を含む太陽系外縁天体(カイパーベルト天体)を調査する無人探査機として2006年に打ち上げられました。そして、2015年には冥王星に最接近し、衛星カロンを撮影。それから数ヶ月掛け冥王星と衛星を観測し、更に離れた新たな目標の「2014 MU69」へ飛行を続けていました。

ハッブル宇宙望遠鏡によって発見された「2014 MU69」は直径30km程の天体で、太陽から43.4AU程離れた場所に位置します。後に公募によって「ウルティマトゥーレ」という最果ての地を意味する名前が付けられています。

ニュー・ホライズンズが「2014 MU69」へ最接近するのは、日本時間1月1日午後。地球までの通信に時間がかかるため、最接近時の鮮明な画像が公開されるのは数日後になることでしょう。非常に待ち遠しいですね。

また、「2014 MU69」の観測を終えた後のニューホライズンズは、ボイジャー1号2号の様に太陽圏の脱出を目指し、120AU付近の太陽圏の境界線に向けて再び長い旅へと出発します。

https://sorae.info/wp-content/uploads/2018/12/nh_orex_image_nhonly.jpg
https://sorae.info/030201/2018_12_29_2004mu69.html
11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/30(日) 22:37:54.59 ID:0mvDf9jf
つーか冥王星からもう3年半って…いつの間にそんな時間過ぎた…

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 17:50:03.49 ID:cAZ1tW10
昔は土天海冥って覚えたもんだが
冥海になってのち
冥王星は惑星から格下げになったんだよな

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/30(日) 22:35:44.91 ID:0mvDf9jf
mu69_approach_opnavs
なんとなく自転が見える気がするがバイナリ星だったり
一つの塊とはまだ決まってないんだろ

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/31(月) 06:35:03.58 ID:fyHpDSFX
10年くらいで太陽系の端まで行けるならなんで人乗せて行かないの

14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/31(月) 08:55:37.56 ID:+RDzjQXC
>>13
殺す気かよ

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/31(月) 12:48:50.30 ID:Ggod9Z2X
>>13
ニューホライズンズが探査機の中でも超軽量だからできたことだぞ

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/30(日) 14:59:32.98 ID:59Q8VSK7
何気に人類最遠の拡大画像の記録だ
もう1個接近したらそれが次の記録
それでも冥王星の倍の距離もない近い所というしょぼいもんだ
もっと1000AUとか遠距離を生きてる間に見れないものか…ブレイクスルーさえあれば探査機の速度は10倍くらいいける

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/30(日) 20:08:48.01 ID:xUHiTulS
>>4
今の技術でできそうなものだとイオンエンジンで推進剤をたっぷり積んで
10年単位の時間をかけて加速とかそんな感じかな
これでも理論上は化学ロケットの10倍くらいのデルタVが得られるから
加速が終わった後はボイジャーの数倍の速度が出せると思う

イオンエンジン - Wikipedia
イオンエンジン (Ion engine) は、電気推進とよばれる方式を採用したロケットエンジンの一種で、マイクロ波を使って生成したプラズマ状イオンを静電場で加速・噴射することで推力を得る。イオン推進、イオンロケット、イオンスラスタなどともいう。
25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 18:23:31.70 ID:SITqb1cq
イオンエンジンは効率が良いのが利点だが
さらに加速する方法はある。
それは宇宙帆。
地球(または月)から高出力レーザーで帆に圧力を掛けて加速させる。
燃料も推進剤も搭載しなくていいので
桁違いの速度まで加速が可能。
太陽系はおろか隣の星系まで現実的な年数で到達が可能。

太陽帆 - Wikipedia
193px-Solar_sail_artist_conception
太陽帆(たいようほ・たいようはん)とは、ソーラー帆、ソーラーセイル、光帆(こうはん・ひかりほ)とも呼ばれ、薄膜鏡を巨大な帆として、太陽などの恒星から発せられる光やイオンなどを反射することで宇宙船の推力に変える器具のことである。これを主な推進装置として用いる宇宙機は太陽帆船、宇宙ヨットなどと呼ばれる。
26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 23:21:47.89 ID:iaOEOaTr
>>25
でもさ、宇宙帆を使った探査機には何らかの姿勢制御スラスターは搭載されるの?
宇宙帆だけだ方向修正が出来ないからヤバいよ。
レーザーで加速させる際、ほんの少しでも進行方向をズラしてしまうと目的の星へは行けない。

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 16:34:05.20 ID:2i4gEoSX
もう探査機は最接近を超えたけど、その時のデータを受信するまでに片道6時間以上。
ここまで遠いとロマンあるな。。

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 17:05:40.98 ID:8kJwFv+L
しかも通信速度が遅いから
最初は大雑把な観測データや画質の粗い画像を先に送っておいて
あとから何カ月も何年もかけて少しずつ詳細なデータを送ってきてるんだよな
飛んでる間は何もしてないと思ったけど
実はずっとデータを送り続けていたんだと知って驚いたよ


1: しじみ ★ 2019/01/01(火) 18:26:25.56 ID:CAP_USER
米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が1日未明(日本時間同日午後)、地球から60億キロ以上離れた太陽系外縁天体「ウルティマトゥーレ」に到達した。これまでに探査機が訪れた天体では最も遠い。

 探査機は上空3500キロを猛スピードで通過しながら集中観測し、データを地球に送信。順調なら日本時間3日にも接近時の画像が公開される。

 外縁天体は太陽系惑星で最も遠い海王星のさらに外側を回る天体。太陽系が形成された時の痕跡をとどめていると考えられている。探査機が遠くから撮影したウルティマトゥーレは全長30キロほどの細長い形。接近観測で、謎が多い外縁天体の詳しい姿が明らかになりそうだ。

 米メリーランド州の大学では到達を受けてNASAの運用チームが歓喜に包まれた。英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイさんも訪れて喜びを分かち合った。(共同)

https://www.sankei.com/images/news/190101/lif1901010020-p1.jpg
https://www.sankei.com/life/news/190101/lif1901010020-n1.html
19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 20:35:20.28 ID:4NA/CM1I
"猛スピードで通過し観測" で、、、どこえ行くの!?

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 21:03:32.25 ID:D7XjghUE
>>19
太陽系外。

5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 18:39:20.77 ID:qM0tY8rv
no title

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 20:41:52.99 ID:nF3KVu5X
まだ動く、原子力電池すげぇ
まだ届く、電波すげぇ

25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 21:42:56.12 ID:4NA/CM1I
>>20
ボイジャーから、まだ電波くるもんねぇ(スゲエ)

ボイジャー1号 - Wikipedia
ボイジャー1号(Voyager 1)は、1977年に打ち上げられた、太陽圏外を飛行中のNASAの無人宇宙探査機である。
28: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 22:25:56.33 ID:p9DU/EE9
なんで教科書がそんな遠くまで・・・・

32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 22:58:07.61 ID:AJdHhSMA
二つ目に買った英和辞典がこれだったな

38: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 23:31:45.80 ID:Nr6YBJ88
冥王星のそばを突っ切る軌道の先に、都合よく別の小惑星があったもんだな。

40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 23:55:55.39 ID:mR5ZDp5s
>>38
ハッブル宇宙望遠鏡で見つけたんだよ。2014年に。
当然、進行方向の微調整もしている。

ハッブル宇宙望遠鏡 - Wikipedia
218px-Hubble_01
ハッブル宇宙望遠鏡(ハッブルうちゅうぼうえんきょう、英: Hubble Space Telescope、略称:HST)は、地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡であり、グレートオブザバトリー計画の一環として打ち上げられた。
49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 04:26:55.45 ID:pFIiYtaj
2006年打ち上げでもう到達って異常に早いな

41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 00:09:58.48 ID:aheQJbbm
ボイジャーとどっちが速い?

43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 01:14:23.18 ID:Ad4DwwPY
速度早いから、そのうちパイオニアやボイジャーより遠くなるんだっけか

44: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 01:28:03.05 ID:GRUpETI5
地球出発時ではなく、現在の速度ならボイジャー1号が最速じゃないかな。

45: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 01:35:28.21 ID:/GgLZWhn
40年前の探査機なのにまだ1光日すら到達していない
1光年なんて夢のまた夢の距離だな

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 09:10:46.30 ID:Ad4DwwPY
>>45
誰もボイジャーに追いつけないとは‥

53: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 09:31:10.46 ID:PU4v6iBl
>>52
自力で加速なんてたかが知れている。
ボイジャーは巨大惑星で
4回もスイングバイしている。

スイングバイ - Wikipedia
Swingby_acc_anim
by Y tambe is licensed under CC 表示-継承 3.0
グラフは太陽を基準とした宇宙機の速さの時間による変化を示す。最終的には進入時よりも増速しているのが判る。
55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 11:08:56.46 ID:P7Y4rVbm
>>53
うち1回は方向変換目的でむしろ減速だったような

56: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 11:09:35.41 ID:P7Y4rVbm
>>53
まあ木星土星のダブルスイングバイだけでも強力だよな。

69: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 20:13:15.80 ID:qfQJ4UiA
科学的な意義はすごいのだろうが、全長30キロで細長いって、ただの岩とか小惑星みたいなもんじゃないのか
絵としてはつまらなそう

68: 【大凶】 【293円】 2019/01/02(水) 20:09:57.70 ID:CK5bb1eD
画像はよ


1: しじみ ★ 2019/01/03(木) 12:37:59.21 ID:CAP_USER
NASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」はカイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」をフライバイ飛行し、その撮影画像が地球へと届けられました。

2006年に打ち上げられたニュー・ホライズンズは、2015年に冥王星の観測を実施。今回の画像は、同探査機がフライバイの直前となる、2018年12月31日に撮影したものです。

ウルティマ・トゥーレは、海王星よりも外側にある「カイパーベルト」に位置する天体です。今回の撮影により、そのサイズは長さ32km、直径16kmほどだと判明。なお、これが1つのボウリングのピンのような天体なのか、あるいは2つの天体がお互いを周回しているのかは、まだはっきりしていません。

■Ultima Thule Looks Like a Bowling Pin in Space in New Horizons Flyby Photo
https://www.space.com/42873-ultima-thule-bowling-pin-shape-new-horizons-photo.html

no title


https://sorae.info/030201/2019_1_2_ul.html
14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 14:37:14.22 ID:YrHuTYIJ
いい角度から撮ったな
角度によってはただの丸い岩石にしか見えなかったw

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 13:46:37.96 ID:k3DCk9F4
俺の作った雪ダルマだよ。

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 16:09:05.68 ID:W8af5Oq9
雪だるまが1000年かけて太陽まわるなんて神話になりそう

58: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 13:18:20.01 ID:KAsxZCoh
探査機が拡大画像得る前まではこんなに合体連星が多いとは誰も想像してなかったな
全部丸い想像図ばっかだった
彗星も2個のが高確率であったしイトカワも連星だったし

イトカワ (小惑星) - Wikipedia
イトカワ(糸川、いとかわ、25143 Itokawa)は、太陽系の小惑星であり、地球に接近する地球近傍小惑星(地球に近接する軌道を持つ天体)のうちアポロ群に属する。
79: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/02(水) 23:44:46.07 ID:uo/JWbjp
>>58
でも本当に合体した形の多いみたいだね。
こんな距離でも。それともこんな距離だからなのか。

90: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 03:02:33.12 ID:CWYnx668
>>58
イトカワや彗星は数百メートルの物体だけど、
ツーレみたいに数十キロのオーダーで、
この形は力学的に安定なの?
という疑問点がわいてくる。

95: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 11:13:49.04 ID:5Ej2GRlu
>>90
数十キロ程度の小惑星の質量だとまだ自己重力で球形になるほどじゃない
Wikipediaによると太陽系内では海王星の衛星プロテウスが球形でない天体としては
最大(最大径400キロ以上)で、その次が土星のヒペリオン(最大径360キロ)だそうだ

96: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 11:24:07.70 ID:eo6udQZp
ほぼ球形になるには1000キロ近くいる
少なくとも倍の800キロ程度はないと厳しい、それ以下だと偶然でもなければジャガイモ程度が関の山

97: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 11:37:31.70 ID:5Ej2GRlu
>>96
>少なくとも倍の800キロ程度はないと厳しい、
>それ以下だと偶然でもなければジャガイモ程度が関の山

これはちょっと言いすぎじゃね?
ミマス、エンケラドゥス、ミランダみたいに直径400~500キロクラスでも
球形になってるのがあるから

98: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 11:45:38.63 ID:+m75YN0W
>>97
その辺は潮汐加熱か巨大衝突だな

99: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 11:49:29.00 ID:CWYnx668
>>97
岩石天体だと、800km、
氷天体だと、400kmが球状天体の下限と
言われている。

プロテウスは氷天体たが、プロテウスの場所だと、
水氷も流動性が全くなく、岩石なみの固さがあるから、
球状になれないと言われている。

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 12:30:39.55 ID:SAsJ98GG
no title

まさか2天体をくっつけただけなんて誰が想像できただろうか
○がそのまま形を保っていやがる…!

28: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 12:31:49.21 ID:yr3sOy/k
冥王星も下手したらカロンと合体してたかも知れませんし

カロン (衛星) - Wikipedia
カロン (Charon) は、太陽系の準惑星(冥王星型天体)である冥王星の第1衛星かつ冥王星最大の衛星。
29: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 15:45:57.46 ID:SAsJ98GG
no title

彗星は連星率が高いな
遠くからやって来るという事はカイパーベルト天体の半分くらいはこういう2連という可能性があるんじゃないのか
また新たな知見を人類は得た

エッジワース・カイパーベルト - Wikipedia
エッジワース・カイパーベルト(Edgeworth-Kuiper belt、EKB)、または単にカイパーベルト(Kuiper belt)は、太陽系の海王星軌道(太陽から約30 AU)より外側の黄道面付近にある、天体が密集した、穴の空いた円盤状の領域である。外側の境界はあいまいだが、連続的にオールトの雲につながっていると考えられる。
30: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 23:14:41.57 ID:jxyS9qBc
>>29
大きさの比較が見れていいね
つーかイトカワちっさw

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/05(土) 12:18:43.29 ID:YVTNvBB/
原始太陽系のチリが集まっていきなり岩石になるとは考え難いよね。重力も圧力も熱もない。
他の星系から捕らえられたか、惑星・衛星の破片とは違うのだろうか。

36: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/06(日) 03:29:53.33 ID:Pqwk9At8
>>34
ダストの集合する過程には色々ありうる
相対速度の差で単純接触も溶融結合もある
条件によっては、爆発分離もありうる

ダスト 衝突 発熱 溶融 岩石 って過程は可能
全てが大きな物の破片であるとは結論できない

17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/03(木) 15:54:53.40 ID:Nl53+i7x
太陽系の果てに雪だるまとは、結構感激!


転載元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546146079/ , https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546334785/ , https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546486679/
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    おすすめ記事(外部)

     

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット